キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

ご来訪ありがとうございます。
ブログ管理人の「あまあま」と申します。

プロフィール【2020.4時点】
◆中国地方の某県庁勤務
◆関東の私立大学に進学後、出身地にUターン
◆これまでの配属部署 防災、観光、総務
◆隠れオタク歴20年弱 妹と一緒にCCさくらをリアタイ視聴したのが全ての始まり 
詳しいプロフィールはこちら。
参考:キモオタク地方公務員さんのプロフィールは?調べてみました!

ブログの目的

本ブログの読者層は、「公務員になろうか検討している若者」と「現役公務員」を想定しています。

前者に対しては、自分近辺の一事例を紹介することで地方公務員のリアルな姿を知ってもらい、就職後のミスマッチを少しでも減らせたらいいなと思っています。
ポジティブ・ネガティブどちらにも偏らないように気をつけていますが、僕は現状の待遇にそこそこ満足しているので、ややポジティブ寄りになっているかもしれません。

僕を含めた「若手県庁職員の考え方」も紹介していくつもりです。
「共感できるかどうか」という観点からも、読んでもらえたら嬉しいです。

あわよくば、首都圏の大手企業に就職するような優秀な若者が「県庁って面白そう!」と感じて、Uターン就職のきっかけになってほしいですね。
優秀な若手が増えれば増えるほど、僕の負担が軽くなっていくので。


後者に対しては、議会待機中のような空虚な時間にぼんやり眺めていられる、暇つぶしページになれたらいいなと思っています。
あとはオタクへの意識改革ですね。クールジャパンどうこうという国家的な動きがある中、大半の地方公務員は「アニメ=オタク=きもい」という図式から抜け切れていません。
地方公務員の視点からオタクコンテンツについて言及することで、オタクへの新たな知見が少しでも提供できればいいなと思います。


ブログの運営方針

記事の更新

だいたい5の倍数日、午前1時頃に更新しています。
記事自体は暇な土日に一気に書き溜めていて、予約投稿しています。

かつて「ゆっくりSS」を書いていて、いまだに当時の文体が抜けていません。
文章に起伏が無く、読みにくいかもしれませんが、現在ブログ向けのライティングを勉強している最中なので、お付き合いいただければ幸いです。

ナローバンド推奨ブログ

もはや死語かもしれませんが、当ブログはナローバンド環境でも見られるよう、画像利用は極力控えています。

リンクについて

当ブログはリンクフリーです。
特定の記事へのリンクでも、サイトトップページへのリンクでも、どちらでもOKです。
リンクを貼った際の事後連絡も不要です。

プライバシーポリシー

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、よりよいサイト構築のため、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。


広告について

現役の公務員という立場上、広告収入を貰うのは限りなく黒に近いグレーなので、僕自身は一切広告を貼っていません。
何らかの広告が表示されていたら、ライブドアブログの仕様によるものです。僕には全く関与していません。


ただでさえ質量ともに心もとない役所の新人研修ですが、コロナウイルス騒動のせいで今年はさらに貧弱になりそうです。

研修そのものが無くなるかもしれません。
すでに国家公務員の合同研修中止が決められたようで、地方自治体もその決定に則って、よほど元気なところを除いて研修を縮小・自粛するでしょう。

研修内容はどうせ役に立たないにしても、研修という機会、新人職員が集まる機会はとても重要です。
入庁したばかりで右も左もわからない新人職員にとって、研修はお互いに不安を共有してメンタル負担を軽減する効果があると思っています。

もし研修がなくなったりしてしまったら、新人職員のメンタルが本当に心配です。

このブログが少しでも力になれたら、この上ない喜びです。

役所文化


(言い訳)地方公務員の新人研修(OJT)が適当な理由とは?
いきなり言い訳から入ります。今年はコロナ騒動のせいで一層の塩対応が推測されますが、気にやむ必要はありません。

新人地方公務員は「全庁的業務のスケジュール」を何より押さえたほうがいい
何事も手遅れになるのが一番まずいのです。

地方公務員の新規採用職員配属はどのようにして決まるのか? 
どこに配属されようと、深い意図は無いと思います。

地方公務員における「事業」と「庶務」とは?
知っておいたほうがスムーズに動けそう。

(新卒向け)初期配属関係なし?まっすぐ出世コースを目指すための戦略とは?
ネタです。結構再現性を持たせられそう。

【2018/3/10更新】地方公務員の初任者研修とは?自発的に勉強しておいたほうがいいものは?
余裕があればどうぞ。

若手地方公務員(特に県庁職員)は「大字(おおあざ)」をたくさん覚えてほしい
地名を覚えるのが一番役立つ勉強かもしれません。

若手地方公務員は今年度中にSHIROBAKOを見てほしい
1クール目の宮森あおいさんのように振る舞っていれば職場内好感度ブチ上げでしょう。

実務テクニック関係

オフィスソフトの使い方とか社会人マナーのような実用的な知識は、他のブログを参照ください。


地方公務員なら毎日「Snipping Tool」使ってますよね?

覚えておいて損はありません。

事業担当地方公務員なら「Googleアラート」使ってますよね?
とても便利です。時短にもなります。

収集癖持ちオタク地方公務員の名刺アプリ利用状況とは?
名刺アプリは導入するのが早ければ早いほど有効です。ストックしていきましょう。

地方公務員が愛用するアプリケーションとは?
ちょっと古い記事ですが、状況は変わっていません。

生活全般

(新規採用職員向け)就職直後は避けるべき行動とは?
とにかく睡眠を大切にしましょう。

(新人向け)新採地方公務員は生命保険勧誘員の猛攻に屈せず公的保険(社会保険)の勉強に励んでほしい
タイトルが全てです。


去年の12月にパソコン買い替えを検討している旨を書きました。

 
出張でどうしても私用のWindowsパソコン(持ち運び可)が必要だけど、メインPCはMacなので買っても死蔵させかねない……というお話でした。
結局買い替えていません。新型コロナウイルス感染症のせいで出張が潰れ、Windowsパソコンが必要なくなったからです。
 
4月に異動して、出張がほぼ無い内部管理部門に配属されたので、仕事で私物パソコンを使う機会も当面訪れないでしょう。悩み迷う猶予が与えられました。

現在僕が主に使っている電子機器は以下4台。(購入した時系列順に掲載)
・Surface Pro3
・iPad mini4
・MacBookPro 2016年モデル
・iPhone8
ここから集約していきたく、いろいろ試しています。

約半年の試行錯誤を経て方向性が固まってきたので、備忘録も兼ねて一旦書き残しておきます。
これからパソコンを買いたい(特にMac)地方公務員の参考になれば。

だいたいのことはiPadで可能

集約化の第一歩として、まずは極力iPadで全てをこなそうと試してみました。
現状、iPadを手放すという選択肢はあり得ないからです。
特にオタク趣味の大半をiPadに集約させています。少なくともオタクを辞めるまではIPadから離れられません。

なるべくパソコンを使わずiPadで代替しようとしてみたところ、だいたい何でもiPadで完結させられることに気づきました。
インターネットやSNSの閲覧、簡単な文書(読書メモなど)の作成、写真の簡単な加工くらいなら、iPadで十分間に合います。
ブログを書くのもiPadとBluetoothキーボードでなんとかなります。

多くのガジェットブログで「『タブレットはPCよりも劣る存在』という認識を改めるべき」という主張がなされていますが、まさにその通りです。
今年3月に発売された新型iPadProやMagic Keyboardを見ていても、iPadの可能性はこれからもどんどん広がっていくと思われます。
もっといろんなことがiPadで完結するようになるのでしょう。
逆にいえば、PCでないとできない領域が減っていくのかもしれません。

Windowsパソコンも必要

iPadばかり使うことで、iPadではカバーできない作業もはっきり見えてきました。
その一つがエクセルです。
iPad用のエクセルアプリもありますが、今ひとつ使い勝手が良くありません。
Mac(パソコン)版も同様です。基本的な性能は一緒でも、ショートカットキーが微妙に違っていたりして使いづらいです。
職場で毎日使っているうちにWindows版エクセルの使い方が染み付いてしまうのでしょう。

僕の場合、エクセル作業は家計簿や資産運用計画表を作る程度です。大したことはしていません。
そのためエクセルに拘る必要は無く、別のソフトやアプリでも代替可能だと思います。

しかし、エクセルは職場で毎日触るもので、自然と体に染み付いています。
エクセルを使えばできるのに、わざわざ別のソフトを使おうという気が起きません。

その他のMicrosoft Officeソフトも同様です。
例えばパワーポイント。このブログで使う図表類はだいたいパワーポイントで作っています。
keynoteで作っていた時期もあったのですが、パワポだと既知の作業でも一から調べ直すのがあまりに面倒で、結局パワーポイントに落ち着きました。

こういう経緯でSurfaceは手放せないという結論に至っています。

集約化計画(2020.5)

今のところの暫定的結論は以下のとおりです。
  • iPadは必要
  • Windowsパソコンも必要
  • 持ち出す可能性を踏まえ、サイズは13インチ以下
  • ディスプレイサイズが小さい分、家では外部モニターにつなぐ
詰まるところ、今の僕の使い方だとMacBookは不要なんですよね。気付かされてしまいました。 
より正確にいうと、「MacBookでないとできない作業は無い」のです。
 
パソコンとして非常に使いやすくはあるものの、これとは別に結局Windowsパソコンも必要です。
これからもiPadの進化が続いていくようなら、次にパソコンを買い換えるタイミングでMacbookを手放すかもしれません。

地方公務員が普通に生活するなら、これだけの装備があれば十分すぎるほどだと思います。
ガチなPCゲームやりたいとか、バリバリ動画編集してみたいとか、これらの装備だと不足するようならデスクトップPCやMacbookを検討すればいいのではないかと思います。

このページのトップヘ