キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

先日ついに30歳を迎えてしまいました。
実感は全くありません。というか、精神的には25歳くらいから変化している気がしていません。
体力の衰えも感じません。もともと貧弱で下限に近いだけかもしれませんが……

変わったのは周囲の目くらいでしょうか。
30代独身は田舎だと相当に異物なようで、マジトーンで「これからどうするの?」と聞かれるようになりました。

結婚もせず大した挑戦もせず、総じて安穏とした20代を過ごしてしまいました。
見る人によっては「貴重な時間をドブに捨てた」と思われるでしょうが、自分としては心身を壊さずに仕事を続けてこられただけで合格点です。

ただ、それでも少しは後悔もあります。
自戒と反省を込めて「20代のうちにやっておきたかったこと」を挙げてみます。

仕事関係:概ね満足

休職を経ずに閑職コースに潜り込むという理想的な初期キャリア形成に成功したので、トータルでは満足しています。
後悔らしい後悔はありませんが、強いて挙げるならば、慶弔、席次(上座下座の位置など)、お茶の出し方のような社会常識を身につけておくべきだったと思っています。

30歳近くになると、当然知っているものとみなされて、誰も教えてくれなくなります。
そのため慌てて調べることが増えました。

私生活関係:食に後悔あり

二郎系ラーメンなどデカ盛りメニューを食べておくべきだった

胃のキャパシティが明らかに落ちて、大盛りメニューが食べられなくなってしまいました。
二郎系なんてもってのほかで、普通のラーメンでも大盛りやセットメニューはオーダーできません。

困ったことに、「食べきれない」だけであって「食べたくない」わけではありません。
定期的に禁断症状のように二郎系ラーメンを欲してしまいます。
しかし、食べきれないことが目に見えているので、我慢せざるを得ないのです。

大盛りメニューは食べられるうちにしっかり食べておいたほうが無難です。
気になるお店があるのなら、後回しにせず、すぐに行っておくべきです。

家系ラーメンも厳しくなってきました。
僕は「油多め+のりトッピング」というオーダーが好きでよく注文しているのですが、最近これを食べると高確率で後からお腹を下します。
食べてるときは幸せなんですけどね。じきに食べることすら叶わなくなるのかもしれません。


クリーム系のスイーツをもっと食しておきたかった

ミスドといえばエンゼルクリーム一択、上京するたびにHerbsのミルクレープかEggs 'n Thingsのパンケーキを摂取するというクリーム大好き人間だったのですが、最近はあまり美味しく感じられなくなりました。

大盛りメニューとは異なり、受け付けられないわけではありません。
気になるお店はまだまだたくさんあり、これからも開拓を続けて行くつもりではありますが、以前ほどの感動はもう得られないのかと思うと、もっと早いうちに行脚しておくべきでした。


友人と出かけておきたかった

歳をとるにつれて、友人と一緒に遊びに行く機会が減っていきました。
理由は明確です。休日に一緒に外出するような社交性のある友人が、どんどん結婚して家庭を持ったからです。

地方在住の友人は27歳までに一通り結婚しましたし、東京在住の友人も去年あたりから続々結婚しました。
今となっては誘える相手がいませんし、誘われることもありません。
休日はいつもガチぼっちです。

独身のまま暇を持て余しているのは、揃って非社交的な人間ばかりです。
彼らとは会えば話は弾むものの、休日に一緒に遊びに出ることはあり得ません。
みんな一人の時間を重んじるタイプで、休日にわざわざ人と会うのは論外という思考の持ち主だからです。

自分もどちらかといえばこっちのタイプなのですが、それでも時々さみしくなります。


この記事を書く前に、インターネット上の類似記事をいろいろ読んでみたところ、「20代のうち」と「独身のうち」を混同しているものが多いように感じました。
年齢よりも結婚のほうが、生活に与える影響はずっと大きいです。

特に公務員の場合、民間企業と比べて出世する年齢が遅いので、30代になったところで業務時間も職責も変わりません。
少なくとも30代前半は20代と同じような生活が続くと思われます。

田舎社会は国公立大学を尊びます。
僕(中堅私立卒)の場合、特に婚活をしていると露骨に感じます。
「へー●●大学卒なんですか、よく県庁入れましたね、成り上りましたね」みたいに、露骨に冷めた反応をされることもしばしば……

地方の役所も田舎っぽい組織であることは間違いありません。
しかし、学歴に限っては違います。
出身大学が国公立であれ私立であれ、肩身が狭い思いをする機会は滅多にありません。

学歴関係なく同じ仕事をしている

役所に勤めているのは大卒者だけではありません。高卒の方もたくさんいます。

学歴区分に関係なく机を並べ、同じような仕事をしています。
年齢が一緒であれば、給与も昇進スピードも大差ありません。
そのため、学歴の違いを意識することが基本的にありません。

高卒/大卒の区別すら普段は意識に上らないくらいなので、国公立/私立の違いは言わずもがな。
職場でもし国公立大卒を尊重するような言動を取れば、思いっきり浮きますし、一気に敵を増やしてしまうでしょう。
調和を乱す言動にほかなりません。

実務能力とも関係ない

出身大学のランクと実務能力は直結しません。
役所で最も尊ばれるのは調整能力です。学識とは関係ありません。

勤務評価や出世とも関係ないと思われます。
僕の同期職員にも超有名国立大卒業者が何人かいますが、いずれもガチ出世コースからは外れています。

せっかくの学識を活かせていないだけという考え方もできますが……

いずれにせよ実務面でも待遇面でも、私立大卒だからといって全く支障ありません。

最終学歴の更新はできなくなる

学歴を負目に感じる方にとって、地方公務員はおすすめの職場だと思います。
役所内にいる限り、出身大学がプラスにもマイナスにも機能しないからです。

ただし、一旦役所に就職してしまうと上位学歴の取得がほぼ不可能になる点は留意しておくべきでしょう。
民間企業のような、大学院進学のための金銭的支援はありませんし、休職することへの理解も得られにくいです。
僕の知る限りでも、大学院進学のために地方公務員をやめた方が何人もいます。

今の学歴に満足しておらず、上位学位を取得して最終学歴を更新したいという野望があるのでしたら、地方公務員への就職は再考すべきでしょう。叶う見込みは極薄です。

何気に出世関係の記事が常時人気の弊ブログ。
地方公務員ブログを読むような現役職員って、「人生のコスパが悪いから出世したくない」とか「出世よりも『やりたい仕事』を優先したい」という考えの方のほうが多い印象ですが……なんだかんだで出世にも関心があるのでしょうか?

入庁からそれなりに月日が経過して、同期入庁職員からは財政課も人事課も輩出されてしまいました。
とりあえず、僕たちの出世レースはひと段落したところだと思われます。

「鉄は熱いうちに打て」ということで、ここで一旦、筆者が見た20代の出世レースを振り返ってみようと思います。

出世レースの実態は自治体ごとにバラバラだと思いますが、後で紹介する公務員人事の研究本の内容ともけっこう被っていたので、わりと汎用性のある内容になっているかもしれません。

ただし、そもそも半分妄想で組み立てる記事なので、アラサー職員がドヤ顔で後輩に語っている与太話くらいの感覚で読んでください。

出世イメージ

一次選抜:採用時~5年目頃まで

まずは5年間くらいかけて、見込みのある職員をピックアップしていきます。
ここでピックアップされるかどうかで、今後のキャリアが大きく変わります。

地方公務員の場合、採用時には「総合職」「一般職」の区別はありませんが、事実上この期間で、時間をかけてゆっくりと「総合職」を選抜しているようなものです。

予算担当のような中枢業務を任されたり、1回目の人事異動で花形部署に異動したりすれば、ピックアップされたものと思って良いでしょう。

二次選抜:6~8年目頃まで

引き続き、一次選抜でピックアップされた職員の中から、財政課や人事課という役所組織の中枢を担う人材、ひいては将来の部局長候補を選抜していきます。

この期間は、直接の人事評価者(課長など)だけでなく、より上位の部局長からもウォッチされていると思われます。
部局長候補にふさわしいかどうかは、経験者でないと判別がつかないからです。

財政課や人事課職員を選出した時点で、二次選抜は終了です。
選抜された職員は圧倒的出世コースを邁進します。
将来の部局長候補として、役所組織全体をバランスよく回すための帝王学を身につけるため、財政課や人事課を中心に経験を積んでいくことになるでしょう。

選抜されたなった場合の行き先

ここで選抜されなかった職員はそこそこ出世コースに入り、忙しいポストや難しい仕事を任されるポジションになります。
俗にいう「忙しい部署ばかり回される職員」は、この層とほぼ一致すると思われます。

この層に期待される将来的な役割は、本庁の課長です。
事業の遂行能力だけでなく、部下のマネジメント力も求められます。
そのため、見込まれた職員は早々に部下あり係長に任ぜられ、職員個人としてだけではなく、チームとして成果を出せるかも測られます。

もちろん、全員が本庁課長まで上り詰めるわけではありません。
いかに早く部下を持つか、そして管理職に昇進するか、 熾烈な競争が続きます。

しかも今後は、この競争が激化すると思われます。
採用数が抑制されていた今の30代後半〜40代と比べて、今の若手職員は人数が多いです。 
とはいえ、職員の人数増に応じて管理職ポストを増やすという選択肢は考えられません。
管理職が増えるほど人件費が増えるからです。

そのため、現在と同数の管理職ポストを、より多くの候補者の間で奪い合うことになるでしょう。

そもそもピックアップされなかった場合

一次選抜でピックアップされなかった職員には、二次選抜以降は関係ありません。
毎年同じようなことを繰り返しているような平和な仕事を転々とすることになるでしょう。
 
ただし、一次選抜期間中に産休・育休で休んでいた職員は、途中から「そこそこ出世コース」に上がることもあり得ると思います。
特に最近は女性の管理職登用が盛んに叫ばれているところでもあり、候補者がいれば積極的に登用したいところでしょう。

一方、産休のような特殊事情が無く、単に一次選抜のピックアップに漏れた職員は、出世とは縁遠い職員人生を歩み続けることになると思われます。 
前述のとおり、これからは管理職ポスト争いが熾烈化します。
候補者の割にポストが少ないのです。
そのため、これ以上候補者を増やすようなことは起こらない、つまりコースの垣根を超えた登用は起こりづらいと考えるのが自然でしょう。

真相は如何に……?

僕はこれまでずっと本庁勤務で、頻繁に人事異動を繰り返しています。
そのため多数の部局を経験しており、「各年次のエース級職員は誰なのか」「部署ごとの出世ポストがどこなのか」を無駄に知っています。
出世競争にまつわる裏話(信憑性のほどは不明)も多数耳にしてきました。

こうやって得た経験をベースに、公務員人事の研究成果をまとめた以下の2冊を参考にしつつまとめあげたのが、本記事になります。

現代日本の公務員人事ーー政治・行政改革は人事システムをどう変えたか [ 大谷 基道 ]
現代日本の公務員人事ーー政治・行政改革は人事システムをどう変えたか [ 大谷 基道 ]

学歴・試験・平等 自治体人事行政の3モデル [ 林 嶺那 ]
学歴・試験・平等 自治体人事行政の3モデル [ 林 嶺那 ]





実際のところ人事の仕組みなんて全くわからないわけですが、本気で出世したいなら採用直後から全力を尽くしたほうがいいという経験則だけは確実と思われます。 

このページのトップヘ