キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

僕が勤務する県庁だけかもしれませんが、仕事で手に入れた名刺は部署のものとして扱われます。
職員個人保有ではありません。
異動時には全部、後任者か上司に引き継ぎます。
異動先に持っていくのは厳禁です。

観光部局で勤務した2年間で、延べ300人くらいと名刺交換しました。
原則では全部後任に引き継がなければいけません。
しかし僕は収集癖のあるオタク。2年間かけて集めた300枚超の名刺を手放す気にはなれませんでした。

そこで導入したのが名刺管理アプリ。
名刺そのものは部署に残し、データだけ持ち出すことにしました。

邪な気持ちで使い始めた名刺管理アプリですが、ものすごく便利です。
もっと早く使い始めておけばと後悔するくらい。

Wantedly PeopleとEightの二刀流

僕がメインで使っているのはWantedly People
ビジネスキャリア関係のサービスを中心にリリースしているIT企業「株式会社ウォンテッドリー」が提供しているアプリです。

友人がウォンテッドリーで働いているという情緒的理由で使い始めたのですが、アプリの操作性が高くて使いやすく、ずっと使い続けています。

名刺の登録は非常に簡単で、スマートフォンで名刺を撮影するだけでAIが自動で名刺を読み取ってくれます。
部署名、氏名、住所、電話番号、個人携帯番号などなど……名刺には色々な情報が記載されていますが、AIがそれらを整理して登録してくれるのです。

o1200067514196071990
未来を感じます。

他アプリも試してみたものの、これに勝るものが見つかりません。 
アプリ自体が軽量で検索スピードが速いのもありがたい。
名刺スキャン時のモーションがかっこいいのもオタク的に高ポイントです。

唯一のネックは、スキャンした名刺の画質がちょっと荒いこと。
明るい時間帯にスキャンしないとISO1280000みたいなザラザラ画質になってしまいます。

サブ的にEightも利用

Wantedly Peopleに加えて、Eightも使っています。

こちらは名刺管理ビジネスを専門に手掛ける株式会社Sansanが提供するアプリ。
同社が個人ユーザー向けに提供しているサービスです。

EightはSNS的な要素が強く、名刺管理アプリというよりは名刺をアイコンとして使うビジネス向けSNSです。
マイページに学歴や職歴、保有資格あたりの情報を追記して、名刺に載せきれない自己アピールをする媒体として使うユーザーも結構います。

他人の個人情報に興味津々な人は必須級のアプリです。

自分の名刺をアップデートしたら相手にも伝わるので、異動の多い公務員どうしのやりとりにぴったりです。
過去の名刺を登録できるのもポイント。公務員どうしのコミュニケーションに欠かせない異動遍歴をわかりやすく披露できます。
僕の職場でも結構多くの職員が使っています。(Wantedly Peopleは僕だけ)

アプリが重くて検索に時間がかかるので、メインで使うには厳しいものの、公務員の名刺だけはEightでも管理しています。



名刺管理アプリは他にも色々あり、それぞれに特徴があります。
僕の場合は日本語の名刺しか貰わないので、以上2サービスがしっくりきましたが、外国語の名刺をもらう方が多い方であれば、グローバルなアプリの方が使いやすいかもしれません。

プロフィールに書いているとおり、僕はこれまで2年ごとに異動しています。
仕えた上司の数だと、ほかの同期職員の追随を許しません。

数多くの上司に接触する過程で、出世コースを邁進した人の共通点に気付いてしまいました。
特に本庁の部長まで出世した人だと、全員当てはまっています。

以下、若干グロテスクな表現があります。
心の準備ができている方のみ閲覧ください。









出世した人はトイレに行く回数が少ない

出世した人の共通点。
それは、トイレに行く回数が少ないこと。

僕は内臓の都合で水分を多めに取らなければならず、そのせいでトイレ回数も多いです。
そのため1年も経てば、同じフロアの男性職員のトイレ頻度がなんとなくわかってしまいます。

だから気づきました。
若くして課長になった人や、本庁で部長まで上りつめた人とは、トイレで滅多に見かけないのです。

因果関係はわかりません。
トイレを我慢するおかげで出世したのか、出世ルートを歩む過程で用を足す回数が減っていったのか。

僕は後者、出世するためにはトイレを我慢しなければならず、いつの間にか我慢が習慣化するのだろうと思っています。
出世コースには長時間労働がつきものでトイレ休憩時間すら惜しいでしょうし、秘書課のようなVIPのアテンド担当だと時間の裁量が無く行きたくても行けません。
トイレを我慢するのも必須スキルなのでしょう。

過去にネットニュースで「高収入サラリーマンほど大を漏らした経験がある」みたいな記事を見た記憶があります。
もしかしたら関係があるかもしれません。

親子揃って同じ役所に勤めているというパターン。
地方の役所だとよくあります。
僕の勤める県庁の場合だと、最近さらに増えています。

民間企業だとあんまり聞かないケースでしょう。
特に大企業だと、親類が入ってこないよう採用段階で弾いているかもしれません。

エリートコース父親&娘パターンが多い

親子関係の中でも特に多いのが、父親のいる役所に娘が入庁してくるパターン。
父親は大抵、出世コースに乗っている優秀な職員です。
父親が誇りを持って楽しく働いている様子を見て育ったので、娘も役所に希望を抱いて入庁してくるのでしょう。

親子関係は人事でかなり考慮される要素のようで、父娘はほぼ確実に業務上無縁の部署に配属されます。

二人とも専門職の場合でも隔離されます。そのせいで不自然な人事になることもよくあるようです。
子息が入ってきたせいで超短期スパンで異動するとか、役職に見合わないポストに就くとか……

周囲の職員はやや警戒?

役所生活に希望を抱いて入庁してくれるのは非常にありがたいことなのですが、たまにやたらと玄人感を出してくるご子息もいます。

先輩に対し「父からそれくらい聞いているから」みたいな口を利いたり、上司・先輩の失敗談を「父から聞いた」と言って人前で暴露したり。
そういう事例が度々あるので、受け入れる側としては若干警戒せざるを得ません。

このページのトップヘ