明けましておめでとうございます。
今年も本ブログをよろしくお願いします。いつまで続けられるかはわかりませんが……
イエーイ人事課見てるー?

新年早々暗いお話で大変恐縮なのですが、1月はあえてネガティブな記事中心でお送りしたいと思っています。

この程度のネガキャンで迷うなら、是非民間も考えて

地方公務員という職に愛想を尽かしたわけではありません。
公務員試験勉強中の方々に、「公務員という選択で本当にいいのか」改めて考えてもらうためです。

去年くらいから、1〜3年目の若手職員の離職が相次いでいます。
特にホワイト部署からどんどん流出が続いているんですよね。

聞くところ、退職理由は様々ですが、人間関係が原因ではなく、地方公務員という職そのものとのミスマッチが多いようです。
「思っていたのと違う」というやつですね。 

地方公務員を志す方の大半が、「そこそこホワイトな労働環境下で、公益に資する仕事がしたい」と思っているはず。
そこで、「ホワイトでもなければ、公益にも大して貢献できないよ」という方向性で、あえてネガティブキャンペーンを展開してみます。

極論を書くつもりはありません。
というか僕自身、庁内でも比較的ホワイトな部署しか回ってこなかったので、本当の地獄は知りません。
「恵まれた環境下でも、これくらいは不満を持つんだ」と思っていただければいいかなと。

一連の記事を見てドン引きしたら、民間企業にも目を向けてみてください。
役所以上に公益に貢献できる企業がたくさんありますよ。

ブログ運営上の実験

加えて、ネガティブなネタを連投することでアクセス数がどう変化するのかも気になるところです。
12月は何故か月初からアクセス数が伸びていて、11月の1.5倍近い16,000PVでした。
この勢いがさらに加速するのか、それとも失速するのか。
記事別人気ランキングも気になります。