正月休み前に書くべきだった記事です。遅くなってしまい本当に悔しい。

若手の地方公務員、特に1年目の皆さんに、ぜひ見てほしいアニメがあります。
P.A.worksの傑作「SHIROBAKO」です。
こんなブログを見ている人なら既に視聴済みだと思いますが…… 以下、極力ネタバレにならないよう、気をつけて書いていきます。




ちなみに、僕がSHIROBAKOを視聴したのが、採用3年目の終わり頃でした。
1年目のうちに見ておけば、少なくとも2年目はもっとよい仕事ができたと、今でも少し後悔しています。

みゃーもりに習う「振る舞い方」 

みゃーもりこと「宮森あおい」は、アニメ制作会社の一年目で、制作進行という仕事を担当しています。
いろんな職人をつなぐ役割です。
一年目ということで、いろいろな困難が降りかかってくるわけですが、彼女は悩みながらも「皆のモチベーションを尊重しながら組織を回す」術を身につけていきます。

公務員に限った話ではありませんが、組織の中で心地よく働くためには、これが非常に重要になってきます。

2クール目では、みゃーもりに後輩ができ、彼女は指導する立場になります。
「皆のモチベーションを尊重しながら組織を回せる」彼女は、後輩への接し方がとても上手です。
後輩のやる気を空回りさせず、うまく成果につなげています。

地方公務員2年目の重要な役割として、1年目職員のフォローがあります。
業務面での指導は上司に任せておけばいいと思いますが、上司と1年目職員の間には埋めがたいギャップがあり、メンタル的な部分はなかなか伝えられていないように見えます。これをフォローするのが、2年目職員です。
どういったことを教えていけばいいのか、SHIROBAKO2クール目を見ればわかります。

僕の場合、僕自身が完全に放置されていた反省から、新人にあれこれと構いすぎました。
「次はこれをこういう手順でやって」と具体的すぎる指示を出してしまい、組織としては効率が良くても、新人の成長にとっては逆効果だったと思います。
もっと彼自身のやる気を大切にすべきでした。

矢野先輩というロールモデル

4年くらい働いたら、今度は矢野エリカ先輩に注目して、もう一度見てほしいと思います。
現在、仕事における僕のロールモデルは、矢野先輩です。
後輩に対しては付かず離れずの絶妙なバランス、そして詰めるところをしっかり詰めきる優秀なプレイヤーである矢野先輩。ヒラ職員のリーダー格、主任クラスの理想像です。


320f4cbb



観光系の地方公務員としては「サクラクエスト」にも言及したいのですが、まだ自分の考えがまとまっていません……もう少し勉強してから書きたいと思います。