今月も残業80時間を超えてしまいました。
ゴールデンウィークがあったはずなのに……

深夜残業は辛い

ゴールデンウィーク翌週、いろいろな事情が重なって連日てっぺん越えるまで残業が続きました。
7時出勤で平常業務→10時〜22時まで会議→翌日会議の資料作り、の繰り返しです。

単なる作業ならまだしも、会議で長時間ガン詰めされるのは堪えます。
それに、会議のせいで平常業務がどんどん遅れていくプレッシャーもありました。

ストレスフルかつ忙しいうえに、寒暖差も大きかったせいか、半ばころからすっかり体調を崩してしまいました。
ずっと熱っぽく、寒いのに汗をかいたり、指先の震えが止まらなかったり……
自律神経が乱れだろうと思われます。


社会人の勉強?

いつの間にか、ライブドアブログの「社会人の勉強」カテゴリ内で1位を獲得していました。
忙しかったせいで、勉強どころか読書すらままならず、今月読んだ本といえば『惑星のさみだれ』くらい。先の土日に一気読みしました。
僕みたいなオトナになりきれていない大人に、ざくっと刺さる傑作です。



オタクなので白道さん表紙の巻を貼っておきます。
ちなみに、漫画は全部Kindleで読んでいます。置く場所が無いので……

地方公務員がブログを書くメリット

ブログに限った話ではありませんが、公務員にとって個人の裁量で試行錯誤できる場を持つことは、とても大切だと思います。
仕事では、なかなか好き勝手に試行錯誤できません。組織としての都合が優先です。

例えば、ABテスト。

自治体は皆様から税金をいただいて業務を行なっている以上、ABテストがなかなかできません。
テストをする余裕があるなら、その予算で目先のアウトプットを出すべきという判断になります。
それに、悪い方の結果を被った方に対し、説明ができません。補償問題に発展するでしょう。

そのため、「ちょっと実験してみたいな」と担当がいくら思っても、潰されてしまいます。

とはいえ、公務員にもABテストという発想・技術は必要です。
これが欠けていると、単なる前例踏襲に堕してしまいがちになります。

ブログは、試行錯誤の場としてぴったりです。
個人の裁量でテスト項目をいじれますし、結果がどうであれ誰にも迷惑をかけません。
それに、自分の裁量で細部をいじることが本当に楽しいんですよね。些細なことですが。

平常業務に戻りたい

観光部署にとって、6~7月は年度の山場です。
立て続く夏休みイベントをどううまくこなすか、続く秋~冬のイベントを企画して上司のクリアを早々に貰って準備に入るか、この2か月の下積みが成否を左右します。

少しでも誘客につながるよう準備を整えていきたいので、5月みたいに組織の都合で時間を取られるのだけは勘弁願いたい……