キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: そのた

ご来訪ありがとうございます。
ブログ管理人の「あまあま」と申します。

プロフィール【2020.4時点】
◆中国地方の某県庁勤務
◆関東の私立大学に進学後、出身地にUターン
◆これまでの配属部署 防災、観光、総務
◆隠れオタク歴20年弱 妹と一緒にCCさくらをリアタイ視聴したのが全ての始まり 
詳しいプロフィールはこちら。
参考:キモオタク地方公務員さんのプロフィールは?調べてみました!

ブログの目的

本ブログの読者層は、「公務員になろうか検討している若者」と「現役公務員」を想定しています。

前者に対しては、自分近辺の一事例を紹介することで地方公務員のリアルな姿を知ってもらい、就職後のミスマッチを少しでも減らせたらいいなと思っています。
ポジティブ・ネガティブどちらにも偏らないように気をつけていますが、僕は現状の待遇にそこそこ満足しているので、ややポジティブ寄りになっているかもしれません。

僕を含めた「若手県庁職員の考え方」も紹介していくつもりです。
「共感できるかどうか」という観点からも、読んでもらえたら嬉しいです。

あわよくば、首都圏の大手企業に就職するような優秀な若者が「県庁って面白そう!」と感じて、Uターン就職のきっかけになってほしいですね。
優秀な若手が増えれば増えるほど、僕の負担が軽くなっていくので。


後者に対しては、議会待機中のような空虚な時間にぼんやり眺めていられる、暇つぶしページになれたらいいなと思っています。
あとはオタクへの意識改革ですね。クールジャパンどうこうという国家的な動きがある中、大半の地方公務員は「アニメ=オタク=きもい」という図式から抜け切れていません。
地方公務員の視点からオタクコンテンツについて言及することで、オタクへの新たな知見が少しでも提供できればいいなと思います。


ブログの運営方針

記事の更新

だいたい5の倍数日、午前1時頃に更新しています。
記事自体は暇な土日に一気に書き溜めていて、予約投稿しています。

かつて「ゆっくりSS」を書いていて、いまだに当時の文体が抜けていません。
文章に起伏が無く、読みにくいかもしれませんが、現在ブログ向けのライティングを勉強している最中なので、お付き合いいただければ幸いです。

ナローバンド推奨ブログ

もはや死語かもしれませんが、当ブログはナローバンド環境でも見られるよう、画像利用は極力控えています。

リンクについて

当ブログはリンクフリーです。
特定の記事へのリンクでも、サイトトップページへのリンクでも、どちらでもOKです。
リンクを貼った際の事後連絡も不要です。

プライバシーポリシー

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、よりよいサイト構築のため、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。


広告について

現役の公務員という立場上、広告収入を貰うのは限りなく黒に近いグレーなので、僕自身は一切広告を貼っていません。
何らかの広告が表示されていたら、ライブドアブログの仕様によるものです。僕には全く関与していません。


ただでさえ質量ともに心もとない役所の新人研修ですが、コロナウイルス騒動のせいで今年はさらに貧弱になりそうです。

研修そのものが無くなるかもしれません。
すでに国家公務員の合同研修中止が決められたようで、地方自治体もその決定に則って、よほど元気なところを除いて研修を縮小・自粛するでしょう。

研修内容はどうせ役に立たないにしても、研修という機会、新人職員が集まる機会はとても重要です。
入庁したばかりで右も左もわからない新人職員にとって、研修はお互いに不安を共有してメンタル負担を軽減する効果があると思っています。

もし研修がなくなったりしてしまったら、新人職員のメンタルが本当に心配です。

このブログが少しでも力になれたら、この上ない喜びです。

役所文化


(言い訳)地方公務員の新人研修(OJT)が適当な理由とは?
いきなり言い訳から入ります。今年はコロナ騒動のせいで一層の塩対応が推測されますが、気にやむ必要はありません。

新人地方公務員は「全庁的業務のスケジュール」を何より押さえたほうがいい
何事も手遅れになるのが一番まずいのです。

地方公務員の新規採用職員配属はどのようにして決まるのか? 
どこに配属されようと、深い意図は無いと思います。

地方公務員における「事業」と「庶務」とは?
知っておいたほうがスムーズに動けそう。

(新卒向け)初期配属関係なし?まっすぐ出世コースを目指すための戦略とは?
ネタです。結構再現性を持たせられそう。

【2018/3/10更新】地方公務員の初任者研修とは?自発的に勉強しておいたほうがいいものは?
余裕があればどうぞ。

若手地方公務員(特に県庁職員)は「大字(おおあざ)」をたくさん覚えてほしい
地名を覚えるのが一番役立つ勉強かもしれません。

若手地方公務員は今年度中にSHIROBAKOを見てほしい
1クール目の宮森あおいさんのように振る舞っていれば職場内好感度ブチ上げでしょう。

実務テクニック関係

オフィスソフトの使い方とか社会人マナーのような実用的な知識は、他のブログを参照ください。


地方公務員なら毎日「Snipping Tool」使ってますよね?

覚えておいて損はありません。

事業担当地方公務員なら「Googleアラート」使ってますよね?
とても便利です。時短にもなります。

収集癖持ちオタク地方公務員の名刺アプリ利用状況とは?
名刺アプリは導入するのが早ければ早いほど有効です。ストックしていきましょう。

地方公務員が愛用するアプリケーションとは?
ちょっと古い記事ですが、状況は変わっていません。

生活全般

(新規採用職員向け)就職直後は避けるべき行動とは?
とにかく睡眠を大切にしましょう。

(新人向け)新採地方公務員は生命保険勧誘員の猛攻に屈せず公的保険(社会保険)の勉強に励んでほしい
タイトルが全てです。


4月1日付けで異動しました。想定外の1年異動です。
相変わらず本庁勤務なのですが、業務内容は帳票処理作業がメインで、他の自治体だと出先機関や出向先でやっている仕事だと思います。

複式簿記を普通に使う仕事なので、今更ながら必死に勉強しています。
過去記事で触れたレアケースに自ら該当してしまうとは……




電話回線がピンチ

コロナウイルス感染症関係の苦言電話が激増しています。
「困っている」という相談ではなく、行政の動きに苦言を呈すだけの電話です。

うちの県内の話よりも、国政や都政の話のほうが体感的には多いです。
課内の電話回線が苦情電話だけで埋まることも珍しくありません。

ちなみに僕も昨日だけで3件対応しました。いずれも「収入減少世帯への30万円給付」の話です。
この給付金、実務的には都道府県は絡まない(市町村が窓口)のですが、かかってきてしまったからには無下に切ることもできず、国のホームページに掲載されているレベルで説明しました。

「外出自粛」や「営業補償」など、具体的でわかりやすい議題がどんどん投下され始めたのが、苦言電話急増の原因かと推測しています。

役所の電話回線は貧弱です。すぐパンクします。
既に業務に支障が出ています。
県庁の場合、産業振興部局の業務が多分最も支障をきたしています。

中小企業支援施策は、市町村はあまり関与しません。
そのため県庁が行政サイドの最前線になり、実際に困っている経営者や従業員の対応をしています。
つまり、政権批判の電話で県庁産業振興部局がパンクしてしまうと、本当に困っている人への支援実務が滞るのです。

不要不急の電話はどうかご容赦を……


持て余したリソースを如何に発散してもらうか

  • 患者又はその周囲
  • 感染症対策の当事者として日々励んでいる方
  • 経済活動縮小の影響で困っている方
という、広義のコロナウイルス感染症の当事者がいる一方、余暇活動を自粛するあまり時間とエネルギーを持て余している方も相当数いると思われます。

あくまでも僕の経験と観測範囲内ですが、本来なら感染症対策に投じるべきリソースを、持て余している方々にかなり割いている(しかもその割合がどんどん増えつつある)というのが、今年度に入ってからの役所内の現状です。苦言電話対応の急増がまさにこの典型ですね。
非常に勿体無い、非効率な状態です。

災害時の復興ボランティアのような、意欲がある方が広く参加できる活動ができない(むしろ活動が逆効果になる)のが、コロナウイルス対策をさらに難しくしているのかもしれません。

少なくとも、誰かを叩いたところで事態は好転しないので、時間とエネルギーをもっと別のところに注いではどうかと思います。
こんなに潤沢に余力がある時期は滅多にありません。
特に今は、黙々と自宅で自己修養に励んでいれば、結果的に社会のためにもなるのです。

今すぐ誰でも取り掛かれるコロナ対策ならば、心身ともに疲弊している周囲の方のケアあたりが、一番有益ではないかと思います。
叩くのではなく守って癒す。

2ヶ月ぶりにブログを書いています。
新潟県が一律給与カットしたり、コロナウイルスが流行ったり……いろいろ触れたいネタがあったのですが、土日出勤が続いたせいでまとまった時間が取れず、ストック記事で誤魔化していました。

地方公務員ブログの出番到来?

このブログのPV数には季節変動があります。だいたい1月から2月上旬がピークです。
UU数は通年であんまり変わらないのですが、1人あたりのPV数が急に伸びます。
4月からの就業開始を控えた公務員内定者が、過去記事まで遡って一通り読んでくれているのではと推測しています。

2月中旬になると急にPVが落ちます。内定者が卒業旅行に出かけたり引越しで忙しくなるせいでしょう。

しかし今年は、いまだにPV数が落ちていません。

真相は不明ですが、コロナウイルスのせいで役所の採用説明会が中止になっているせいで、受験生たちがインターネットでの情報集めに奔走しているのでは?と推測しています。

採用説明会だけでなく、このままだと新規採用職員向けの研修もなくなるかもしれません。
国家公務員は合同研修中止を決めましたし、民間企業も続々と止めています。

民間企業だと、説明会や研修の代わりにインターネット経由で代替策を講じているようですが、役所の動きは今のところ鈍重です。そもそも大半の役所には、予算的にも人員的にもそんなリソースがありません。
これではますます優秀な人材が民間に流れていってしまいそうで、僕も危機感を覚えています。

役所組織に期待できないのであれば、現役&OB職員有志で頑張るしかないでしょう。
少しでも力になれるよう、本ブログも新規採用者向け・受験生向けの記事を厚めにしていきます。

株式相場に楽しく翻弄されている

米国市場も日本市場も、連日株価が激しく変動しています。
含み損がどんどん膨らんでいますが、現物かつノーレバなのでストレスは全くありません。
むしろ何を買うか目移りして困っています。

今回初めて気づいたのですが、外国資産メインの投資信託って、注文日の翌日の評価額になるんですね。
例えば12日にニューヨーク市場が暴落したのを見て、ウキウキ気分で13日朝に投資信託を注文したとしても、13日のニューヨーク市場の終値ベースでの評価額で約定されます。
 
つまり13日に株価が復活してしまったら、暴落の恩恵を受けられないのです。
このことに気づかず、リバった後の評価額で20万円分くらい突っ込んでしまいました。
なんだか損した気分です。

地方公務員ならではのコロナ対策

落ち着いた頃に別途記事にしたいと思っていますが、コロナウイルス騒動のせいで地域経済にめちゃくちゃ悪影響が出ています。
僕のような厚生関係とは全く関係ない部署ですら、「なんでもいいから発注してくれ」「補助金くれ」という懇願の電話が鳴り止みません。

こういう非常時でも給料が保障されているのが地方公務員の強みです。
巣ごもり消費に加担することなく、地域にお金を落とすことが、地方公務員の役割なのではと思います。

というわけで、最近は県内の有名飲食店を巡っています。
普段は観光客が押し寄せているのですが、今月入ってからはどこも閑散としています。

個人ブログあるあるの年末振り返り記事です。
ポケモン剣盾やりまくってるせいで更新がぎりぎりになってしまいました。
しかも一度未完成状態で投稿して丸一日放置してたし。

2019年:No events, good life.

今年を一言で表すなら「無難」一択です。

仕事もプライベートも大過なく過ごせました。
しかし一方、一生の思い出になるような大きな喜びもありませんでした。

淡々と進んでいく日々。
全く苦痛ではありません。むしろ心地よくて仕方ない。
ただあまりにプライベートの予定が無さすぎて、生活に占める仕事の割合が相対的に大きくなってしまいました。要反省です。

金銭面:こどおじの全力

一年間の収支結果も載せておきます。
節制に全力を尽くしたところ、プラス240万円という過去最高の年間貯蓄額を達成しました。
個人的流行語大賞「子供部屋おじさん」の特権をフル活用した結果です。
利便性とかプライドとかプライバシーとか、いろいろなものをかなぐり捨てた代償でもあります。
グラフ画像作成用

オタク面:不完全燃焼

再放送作品ばかり見ていたせいか、振り返ってみると印象の薄い一年でした。
「2019年放映作品」として末永く覚えていられそうなのは「私に天使が舞い降りた!」「ケムリクサ」くらいかも……
視聴本数も少なかったですし、気合を入れ直していかねばと思います。

何はともあれ「微熱空間」3巻が無事発売されたので無事年を越せます。
微熱空間 3
蒼樹うめ
白泉社
2019-12-26



2020年:目標に向かって進む

2020年はプライベートでやりたいことをもっと強く意識して、仕事はあくまでも人生における「従」の位置づけであることを忘れずにいきたいと思います。

今年は役所っぽく総合戦略を作ってみました。
6つの基本目標を定め、それぞれに12のKPIを設定しています。
2020総合戦略

一部間に合わなかった部分はおいおい考えていきます。
以下補足です。

サービス残業を120時間未満に抑える

「残業時間そのものを減らすのは現実的でない」と判断したため、こういう目標設定になりました。

残業のそもそもの原因である「業務量の割に人員が足りていない」という労働環境は、僕個人が動いてもどうしようもありません。

現状、残業は必要悪だと思います。
しかしサービス残業はただの悪です。撲滅せねばいけません。

ちなみに2019年のサービス残業は270時間。ものすごくハードルの高い目標です。

チェーン店やコンビニ飯を極力利用しない

チェーン店が憎いわけではありません。
外食するなら個人経営の店舗のほうを優先したいという意図です。
 
人口減少でお客さんが減ってる、材料費の高騰、後継者がいない、心無いSNSの書き込み……等々、個人経営飲食店には逆風が吹きまくっています。
僕の行きつけのお店も、今年だけでかなり閉店してしまいました。
地域の飲食店にしっかりお金を落とすことも、地方公務員の重要な使命だと思います。

セミナー参加

複数の基本方針にまたがるKPIとして「セミナー・説明会への参加」を入れてあります。
「説明方法」を学ぶのが目的です。
情報や知識は二の次、人脈を広げる意図はありません。

全部達成できるとは到底思えませんが、あえて欲張って書いています。
こうやって「やりたいこと」を明記しておかないと忘れてしまうので……

それではよいお年を!

このページのトップヘ