キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: そのた

ご来訪ありがとうございます。
ブログ管理人の「あまあま」と申します。

プロフィール【2019.4時点】
◆中国地方の某県庁勤務
◆関東の私立大学に進学後、出身地にUターン
◆配属部署 防災、観光、総務
◆隠れオタク歴20年弱 妹と一緒にCCさくらをリアタイ視聴したのが全ての始まり 
詳しいプロフィールはこちら。
参考:キモオタク地方公務員さんのプロフィールは?調べてみました!

ブログの目的

本ブログの読者層は、「公務員になろうか検討している若者」と「現役公務員」を想定しています。

前者に対しては、自分近辺の一事例を紹介することで地方公務員のリアルな姿を知ってもらい、就職後のミスマッチを少しでも減らせたらいいなと思っています。
ポジティブ・ネガティブどちらにも偏らないように気をつけていますが、僕は現状の待遇にそこそこ満足しているので、ややポジティブ寄りになっているかもしれません。

僕を含めた「若手県庁職員の考え方」も紹介していくつもりです。
「共感できるかどうか」という観点からも、読んでもらえたら嬉しいです。

あわよくば、首都圏の大手企業に就職するような優秀な若者が「県庁って面白そう!」と感じて、Uターン就職のきっかけになってほしいですね。
優秀な若手が増えれば増えるほど、僕の負担が軽くなっていくので。


後者に対しては、議会待機中のような空虚な時間にぼんやり眺めていられる、暇つぶしページになれたらいいなと思っています。
あとはオタクへの意識改革ですね。クールジャパンどうこうという国家的な動きがある中、大半の地方公務員は「アニメ=オタク=きもい」という図式から抜け切れていません。
地方公務員の視点からオタクコンテンツについて言及することで、オタクへの新たな知見が少しでも提供できればいいなと思います。


ブログの運営方針

記事の更新

だいたい5の倍数日、午前1時頃に更新しています。
記事自体は暇な土日に一気に書き溜めていて、予約投稿しています。

かつて「ゆっくりSS」を書いていて、いまだに当時の文体が抜けていません。
文章に起伏が無く、読みにくいかもしれませんが、現在ブログ向けのライティングを勉強している最中なので、お付き合いいただければ幸いです。

ナローバンド推奨ブログ

もはや死語かもしれませんが、当ブログはナローバンド環境でも見られるよう、画像利用は極力控えています。

リンクについて

当ブログはリンクフリーです。
特定の記事へのリンクでも、サイトトップページへのリンクでも、どちらでもOKです。
リンクを貼った際の事後連絡も不要です。

プライバシーポリシー

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、よりよいサイト構築のため、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。


広告について

現役の公務員という立場上、広告収入を貰うのは限りなく黒に近いグレーなので、僕自身は一切広告を貼っていません。
何らかの広告が表示されていたら、ライブドアブログの仕様によるものです。僕には全く関与していません。


個人ブログあるあるの年末振り返り記事です。
ポケモン剣盾やりまくってるせいで更新がぎりぎりになってしまいました。
しかも一度未完成状態で投稿して丸一日放置してたし。

2019年:No events, good life.

今年を一言で表すなら「無難」一択です。

仕事もプライベートも大過なく過ごせました。
しかし一方、一生の思い出になるような大きな喜びもありませんでした。

淡々と進んでいく日々。
全く苦痛ではありません。むしろ心地よくて仕方ない。
ただあまりにプライベートの予定が無さすぎて、生活に占める仕事の割合が相対的に大きくなってしまいました。要反省です。

金銭面:こどおじの全力

一年間の収支結果も載せておきます。
節制に全力を尽くしたところ、プラス240万円という過去最高の年間貯蓄額を達成しました。
個人的流行語大賞「子供部屋おじさん」の特権をフル活用した結果です。
利便性とかプライドとかプライバシーとか、いろいろなものをかなぐり捨てた代償でもあります。
グラフ画像作成用

オタク面:不完全燃焼

再放送作品ばかり見ていたせいか、振り返ってみると印象の薄い一年でした。
「2019年放映作品」として末永く覚えていられそうなのは「私に天使が舞い降りた!」「ケムリクサ」くらいかも……
視聴本数も少なかったですし、気合を入れ直していかねばと思います。

何はともあれ「微熱空間」3巻が無事発売されたので無事年を越せます。
微熱空間 3
蒼樹うめ
白泉社
2019-12-26



2020年:目標に向かって進む

2020年はプライベートでやりたいことをもっと強く意識して、仕事はあくまでも人生における「従」の位置づけであることを忘れずにいきたいと思います。

今年は役所っぽく総合戦略を作ってみました。
6つの基本目標を定め、それぞれに12のKPIを設定しています。
2020総合戦略

一部間に合わなかった部分はおいおい考えていきます。
以下補足です。

サービス残業を120時間未満に抑える

「残業時間そのものを減らすのは現実的でない」と判断したため、こういう目標設定になりました。

残業のそもそもの原因である「業務量の割に人員が足りていない」という労働環境は、僕個人が動いてもどうしようもありません。

現状、残業は必要悪だと思います。
しかしサービス残業はただの悪です。撲滅せねばいけません。

ちなみに2019年のサービス残業は270時間。ものすごくハードルの高い目標です。

チェーン店やコンビニ飯を極力利用しない

チェーン店が憎いわけではありません。
外食するなら個人経営の店舗のほうを優先したいという意図です。
 
人口減少でお客さんが減ってる、材料費の高騰、後継者がいない、心無いSNSの書き込み……等々、個人経営飲食店には逆風が吹きまくっています。
僕の行きつけのお店も、今年だけでかなり閉店してしまいました。
地域の飲食店にしっかりお金を落とすことも、地方公務員の重要な使命だと思います。

セミナー参加

複数の基本方針にまたがるKPIとして「セミナー・説明会への参加」を入れてあります。
「説明方法」を学ぶのが目的です。
情報や知識は二の次、人脈を広げる意図はありません。

全部達成できるとは到底思えませんが、あえて欲張って書いています。
こうやって「やりたいこと」を明記しておかないと忘れてしまうので……

それではよいお年を!

クリスマスイブの怨嗟記事から始まった本ブログ。

2周年を迎えました。


「いずれ結婚して子どもが生まれて家事が忙しくなって、ブログ書いてる暇も無くなるんだろうなー」と思いながら始めたのですが、幸か不幸かまだまだ続きます。

今年も一切進捗ありませんでした。


今年の婚活は合コンに2回参加した程度です。

戦意が無かったわけではありません。参戦すらできなかったのです。


合コンが成立しない

今年もありがたいことに、職場の同僚から何回か合コンのお誘いをいただいていたのですが、7割くらいが実現に至らずに流れました。 


流局の原因の多くは、女性側の幹事がメンバーを集められなかったため。

つまり、アラサー公務員男性は合コンする価値無しと唾棄されてしまったのです。


年齢がダメなのか?

公務員の社会的ステータスが落ちてきているのか?

世間一般の結婚意欲が落ちているのか?


いずれにせよ自分の婚活市場価値が落ちているのは確固たる事実です。


アラサー男が合コンという手法を用いることもミスマッチなのでしょう。

悪い意味でシグナリングが機能している気がします。


婚活手法の中でも、合コンはローコストかつ手軽です。

いい年こいて合コンという手段を選ぶ時点で、


  • 婚活にお金をかけられない=金遣いに難あり
  • 婚活に真剣でない=長期的関係を築くつもりなし


くらいのシグナリングはありそうです。


公務員なのにアラサーまで独身という時点でまず相当ヤバいし、そのうえ合コンしたがるってもっとヤバいでしょ……近寄らないでおこう……


くらいの感じでしょうか。



大卒未婚女性は何処へ?

未実現案件も含め、合コンの女性側は大半が高卒者でした。

びっくりするほど大卒女性とは遭遇しません。


既に皆結婚しているのか?

忙しくて婚活市場にエントリーしていないのか?

市場にはいるけどアラサー公務員とマッチングしないだけなのか?

結婚意欲が低いのか?

そもそも田舎に大卒女性がいないのか?


自分の婚活云々は別にして、人口動態の問題として興味があります。

この秋わけあってマンション管理士試験管理業務主任者試験を受けてきました。


試験対策は万全、自信満々で挑んできたのですが……結果は非常に厳しいものでした。

自己採点によると、ボーダーラインに乗るかどうかの瀬戸際に立たされている様子。

正式な合否発表まで心がハラハラさせられます。


約半年かけて、テキストと問題集を4周回し、過去問に至っては10年分の回答を暗記するレベルでやり込みました。

ここまでがっつり勉強したのは公務員試験以来です。


今更ながらですが、勉強の仕方がまずかったと後悔しています。

独学での試験勉強は慣れているつもりだったのですが、この自意識がかえって驕りになってしまいました。


孤独な独学はだれる

公務員試験のときは、独学とはいえ仲間がいました。

同じく公務員を志す同級生たちです。

勉強自体は一人でやっていたとはいえ、定期的に進捗を報告し合ったり悩みを打ち明け合ったりと、刺激が絶えませんでした。


一方、今回の試験勉強は完全に孤独でした。

受験者総数がそもそも少ないマイナー試験なので、ネット上でも同胞を見つけられず、一人で黙々と勉強するしかありませんでした。

結果、勉強終盤は気が緩んで、甘えが発生していました。


まあしっかり勉強してきたしなんとかなるだろう、という根拠の無い楽観。

だれているという自覚すら阻害する甘え。

最大の敗因はこれです。


戦いは己を急成長させる

独学とはいえ、せめて模試は受けるべきでした。

数数の名作バトル漫画で描かれているとおり、死闘は人を圧倒的に成長させます。

試験勉強も同じです。一番成長できるのは試験本番だと思っています。


試験本番の緊迫した状況下で、細かい知識を思い出そうとしたり、過不足なく理路整然とした文章を編み出したり……という頭脳的死闘を繰り広げることで、受験生は急激に成長します。


僕はこのことを久しく忘れていました。


マンション管理士試験の翌日、管理業務主任者試験の詰めにとりかかかって、ようやく思い出しました。

前日までとは明らかに知識の定着具合が異なります。

マンション管理士試験本番の間に一皮剥けたのです。

模試を受けていれば本番前に脱皮できていたかもしれないと思うと、後悔しかありません。


独学のマンネリ対策にも、模試が効きます。

  • 「模試でいい点取ってやるぞ」という意気込み
  • 模試会場にいる他の受験生への感想
  • 模試中の焦りと緊張
  • 模試結果への後悔

こういった感情のゆらぎ全てが、独学のマンネリを打破し、気合を入れ直してくれます。


受験生の中の相対順位がわかるという副産物もあります。

独学だとどうしても、自分の成長にしか目が向きません。

日々進歩している自分に満足してしまい、他の受験生も同じく成長しつつあることを忘れがちです。

このような視野狭窄が驕りを招き、破滅に導きます。


ただ資格試験の場合、模試を受けない謎のマジョリティが大量に潜んでいるので、模試結果がそのまま相対順位になるかどうかは微妙なところです。


届け僕の後悔

独学派も模試を受けましょう。


模試は自分の相対順位を測るだけでなく、知識定着の方法としても有効です。


僕の後悔が誰かの役に立つことを祈ります。

長らく週2更新で続けてきた本ブログですが、年内中は週1更新にペースダウンします。
理由は単純に、時間が無いからです。

仕事がものすごく忙しい

僕の所属する部署は庁内でも有名なホワイト部署でした。
今となっては過去形です。
わけあって深刻な突発的業務が舞い込んできたせいで、8月頃からものすごく忙しくなってしまいました。

僕はまだかなりマシなほうなのですが、それでも平日は早くて21時退庁、土日どちらかは必ず出勤しています。
夏期休暇は結局1.5日しか取得できませんでした。

残業代がもらえるのだけが救いです。
もちろん45時間分までで、それ以上はサービスですが……
もはやみなし残業制と化しています。

資格試験が近い

年末にとある資格試験を受ける予定で、6月頃からちまちま勉強を進めてきました。
しかし8月から仕事が忙しくなって以降、勉強時間の捻出に苦慮しています。完全に計画が崩れています。

とにかく勉強時間を確保すべく、8月から遊びの約束は原則断り、アニメの視聴本数を絞り、読書量を極力抑え、ソーシャルゲームもログインだけに止めています。
(唯一、羽丘女子生徒会イベントだけ走りました。神イベントでした)

ブログ記事もほとんど書いていません。
8月以降、新たに書いたのは時事ネタだけで、ほかはストック記事です。

ブログを書くのは良い気分転換になるものの、実質週休1日かつ勉強時間を確保しなければいけない緊急事態の下で、2本書くのは厳しいです。

体調があんまりよくない(単なる加齢か?)

時間が無いなら睡眠を削って捻出しよう!と思い立ち、9月上旬までは早起きして頑張っていたのですが、3連休を迎える前に体調を崩しました。
以降ずっと体調が優れず、体が常時睡眠を求めています

そのため、活動時間そのものを伸ばすことができません。
体力が欲しい……

仕事が忙しくて不毛なせいでいろいろな発見があるおかげで、ブログネタのストックはどんどん増えています。細々生き永らえていきます。

このページのトップヘ