キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: そのた

ご来訪ありがとうございます。
ブログ管理人の「あまあま」と申します。

プロフィール【2020.4時点】
◆田舎の某県庁勤務
◆関東の私立大学に進学後、出身地にUターン
◆これまでの配属部署 防災、観光、総務
◆隠れオタク歴20年弱 妹と一緒にCCさくらをリアタイ視聴したのが全ての始まり 
詳しいプロフィールはこちら。
参考:キモオタク地方公務員さんのプロフィールは?調べてみました!

ブログの目的

本ブログの読者層は、「公務員になろうか検討している若者」と「現役公務員」を想定しています。

前者に対しては、自分近辺の一事例を紹介することで地方公務員のリアルな姿を知ってもらい、就職後のミスマッチを少しでも減らせたらいいなと思っています。
ポジティブ・ネガティブどちらにも偏らないように気をつけていますが、僕は現状の待遇にそこそこ満足しているので、ややポジティブ寄りになっているかもしれません。

僕を含めた「若手県庁職員の考え方」も紹介していくつもりです。
「共感できるかどうか」という観点からも、読んでもらえたら嬉しいです。

あわよくば、首都圏の大手企業に就職するような優秀な若者が「県庁って面白そう!」と感じて、Uターン就職のきっかけになってほしいですね。
優秀な若手が増えれば増えるほど、僕の負担が軽くなっていくので。


後者に対しては、議会待機中のような空虚な時間にぼんやり眺めていられる、暇つぶしページになれたらいいなと思っています。
あとはオタクへの意識改革です。クールジャパンどうこうという国家的な動きがある中、大半の地方公務員は「アニメ=オタク=きもい」という図式から抜け切れていません。
地方公務員の視点からオタクコンテンツについて言及することで、オタクへの新たな知見が少しでも提供できればいいなと思います。


ブログの運営方針

記事の更新

だいたい5の倍数日、午前1時頃に更新しています。
記事自体は暇な土日に一気に書き溜めていて、予約投稿しています。

かつて「ゆっくりSS」を書いていて、いまだに当時の文体が抜けていません。
文章に起伏が無く、読みにくいかもしれませんが、現在ブログ向けのライティングを勉強している最中なので、お付き合いいただければ幸いです。

ナローバンド推奨ブログ

もはや死語かもしれませんが、当ブログはナローバンド環境でも見られるよう、画像利用は極力控えています。

リンクについて

当ブログはリンクフリーです。
特定の記事へのリンクでも、サイトトップページへのリンクでも、どちらでもOKです。
リンクを貼った際の事後連絡も不要です。

プライバシーポリシー

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、よりよいサイト構築のため、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。


広告について

現役の公務員という立場上、広告収入を貰うのは限りなく黒に近いグレーなので、僕自身は一切広告を貼っていません。
何らかの広告が表示されていたら、ライブドアブログの仕様によるものです。僕には全く関与していません。


某アニメの録画を見ていたら結構なグロシーンがいきなり挿入されて眠れなくなってしまったので、久々にリアルタイムでブログを書いています……


ひきこもりの葛藤

  • 仕事以外では基本的に外出しない
  • 日用品の買い物は近所のスーパー・ドラッグストアまで、これらで買えないものはネットで買う
  • 外食は月1回まで
をモットーに、4月からずっとひきこもり生活を続けています。

経済を回さなければいけない(特に飲食店)とは思いつつも、もし僕のせいで店で新型コロナウイルス感染症(以下「新コロ」)が発生したら取り返しがつかなくなる……という懸念を払拭できず、大事な店舗ほど行けないというジレンマに悩まされています。


やることはたくさんある

もともとインドアな人間なので引きこもり生活そのものは全く苦にならないのですが、書籍・漫画代が大変なことになっています。
図書館のありがたみを痛感しています。

最近の個人的どハマり作品は『好きな子がめがねを忘れた』です。
ソーシャルディスタンスが定着したせいで破壊力が激増しています。




ソーシャルゲームの過去シナリオ読み直しもアツいです。
特に「アイドルマスターシャイニーカラーズ」、ボイスありでゆっくり読み返すとなんとも味わい深い。
無料で楽しませてもらうのが申し訳ないくらいです。

久々に二次創作も再開しようかと思っています。
他人に見せるかどうかは置いといて、書くこと自体が癒しになるんです。


あえて牧歌的な記事ばかり書いています

弊ブログですが、最近はあえて新コロ関係の記事を避けています。

思うところは多々あります。
最近は疲労よりも苛立ちのほうを強く感じます。

よく言われているとおり、新コロのせいで新たな社会問題が発生したというよりは、これまでも存在していたけど後回しにされていた諸課題の一部が新コロのせいで表面化・深刻化しているように感じます。
そのため、もし感染症が一段落しても、役所が今直面している諸課題は解消せず、末長く付き合っていくことになるでしょう。

それゆえ、「つらたん」「ぴえん🥺」で済ませずに、苛立ちポイントを起点にもっと調べたり考えたりして、論点を一般化することに意義を感じているところです。
書くのに時間がかかってしまい、タイムリーさは逃してしまいますが、その分長生きする記事にして行きたいです。 

あと、最近のネット上のテキストは読んでいて苦しくなるものばかりなので、少しくらいは暢気なものを投稿したほうが、読者ニーズに応えられるのではとも思っています。


例年なら今週はお盆休みで開店休業状態なのですが、今年はそうもいきません。
「お盆」という年中行事を実施する雰囲気でもありませんし、何より仕事が盛り沢山です。
いつもは4〜6月にやっていた仕事が後ろ倒しになった分のしわ寄せを挽回するべく、明日(というか今日)からまた一週間、勤務してきます。

先日ついに30歳を迎えてしまいました。
実感は全くありません。というか、精神的には25歳くらいから変化している気がしていません。
体力の衰えも感じません。もともと貧弱で下限に近いだけかもしれませんが……

変わったのは周囲の目くらいでしょうか。
30代独身は田舎だと相当に異物なようで、マジトーンで「これからどうするの?」と聞かれるようになりました。

結婚もせず大した挑戦もせず、総じて安穏とした20代を過ごしてしまいました。
見る人によっては「貴重な時間をドブに捨てた」と思われるでしょうが、自分としては心身を壊さずに仕事を続けてこられただけで合格点です。

ただ、それでも少しは後悔もあります。
自戒と反省を込めて「20代のうちにやっておきたかったこと」を挙げてみます。

仕事関係:概ね満足

休職を経ずに閑職コースに潜り込むという理想的な初期キャリア形成に成功したので、トータルでは満足しています。
後悔らしい後悔はありませんが、強いて挙げるならば、慶弔、席次(上座下座の位置など)、お茶の出し方のような社会常識を身につけておくべきだったと思っています。

30歳近くになると、当然知っているものとみなされて、誰も教えてくれなくなります。
そのため慌てて調べることが増えました。

私生活関係:食に後悔あり

二郎系ラーメンなどデカ盛りメニューを食べておくべきだった

胃のキャパシティが明らかに落ちて、大盛りメニューが食べられなくなってしまいました。
二郎系なんてもってのほかで、普通のラーメンでも大盛りやセットメニューはオーダーできません。

困ったことに、「食べきれない」だけであって「食べたくない」わけではありません。
定期的に禁断症状のように二郎系ラーメンを欲してしまいます。
しかし、食べきれないことが目に見えているので、我慢せざるを得ないのです。

大盛りメニューは食べられるうちにしっかり食べておいたほうが無難です。
気になるお店があるのなら、後回しにせず、すぐに行っておくべきです。

家系ラーメンも厳しくなってきました。
僕は「油多め+のりトッピング」というオーダーが好きでよく注文しているのですが、最近これを食べると高確率で後からお腹を下します。
食べてるときは幸せなんですけどね。じきに食べることすら叶わなくなるのかもしれません。


クリーム系のスイーツをもっと食しておきたかった

ミスドといえばエンゼルクリーム一択、上京するたびにHerbsのミルクレープかEggs 'n Thingsのパンケーキを摂取するというクリーム大好き人間だったのですが、最近はあまり美味しく感じられなくなりました。

大盛りメニューとは異なり、受け付けられないわけではありません。
気になるお店はまだまだたくさんあり、これからも開拓を続けて行くつもりではありますが、以前ほどの感動はもう得られないのかと思うと、もっと早いうちに行脚しておくべきでした。


友人と出かけておきたかった

歳をとるにつれて、友人と一緒に遊びに行く機会が減っていきました。
理由は明確です。休日に一緒に外出するような社交性のある友人が、どんどん結婚して家庭を持ったからです。

地方在住の友人は27歳までに一通り結婚しましたし、東京在住の友人も去年あたりから続々結婚しました。
今となっては誘える相手がいませんし、誘われることもありません。
休日はいつもガチぼっちです。

独身のまま暇を持て余しているのは、揃って非社交的な人間ばかりです。
彼らとは会えば話は弾むものの、休日に一緒に遊びに出ることはあり得ません。
みんな一人の時間を重んじるタイプで、休日にわざわざ人と会うのは論外という思考の持ち主だからです。

自分もどちらかといえばこっちのタイプなのですが、それでも時々さみしくなります。


この記事を書く前に、インターネット上の類似記事をいろいろ読んでみたところ、「20代のうち」と「独身のうち」を混同しているものが多いように感じました。
年齢よりも結婚のほうが、生活に与える影響はずっと大きいです。

特に公務員の場合、民間企業と比べて出世する年齢が遅いので、30代になったところで業務時間も職責も変わりません。
少なくとも30代前半は20代と同じような生活が続くと思われます。

ただでさえ質量ともに心もとない役所の新人研修ですが、コロナウイルス騒動のせいで今年はさらに貧弱になりそうです。

研修そのものが無くなるかもしれません。
すでに国家公務員の合同研修中止が決められたようで、地方自治体もその決定に則って、よほど元気なところを除いて研修を縮小・自粛するでしょう。

研修内容はどうせ役に立たないにしても、研修という機会、新人職員が集まる機会はとても重要です。
入庁したばかりで右も左もわからない新人職員にとって、研修はお互いに不安を共有してメンタル負担を軽減する効果があると思っています。

もし研修がなくなったりしてしまったら、新人職員のメンタルが本当に心配です。

このブログが少しでも力になれたら、この上ない喜びです。

役所文化


(言い訳)地方公務員の新人研修(OJT)が適当な理由とは?
いきなり言い訳から入ります。今年はコロナ騒動のせいで一層の塩対応が推測されますが、気にやむ必要はありません。

新人地方公務員は「全庁的業務のスケジュール」を何より押さえたほうがいい
何事も手遅れになるのが一番まずいのです。

地方公務員の新規採用職員配属はどのようにして決まるのか? 
どこに配属されようと、深い意図は無いと思います。

地方公務員における「事業」と「庶務」とは?
知っておいたほうがスムーズに動けそう。

(新卒向け)初期配属関係なし?まっすぐ出世コースを目指すための戦略とは?
ネタです。結構再現性を持たせられそう。

【2018/3/10更新】地方公務員の初任者研修とは?自発的に勉強しておいたほうがいいものは?
余裕があればどうぞ。

若手地方公務員(特に県庁職員)は「大字(おおあざ)」をたくさん覚えてほしい
地名を覚えるのが一番役立つ勉強かもしれません。

若手地方公務員は今年度中にSHIROBAKOを見てほしい
1クール目の宮森あおいさんのように振る舞っていれば職場内好感度ブチ上げでしょう。

実務テクニック関係

オフィスソフトの使い方とか社会人マナーのような実用的な知識は、他のブログを参照ください。


地方公務員なら毎日「Snipping Tool」使ってますよね?

覚えておいて損はありません。

事業担当地方公務員なら「Googleアラート」使ってますよね?
とても便利です。時短にもなります。

収集癖持ちオタク地方公務員の名刺アプリ利用状況とは?
名刺アプリは導入するのが早ければ早いほど有効です。ストックしていきましょう。

地方公務員が愛用するアプリケーションとは?
ちょっと古い記事ですが、状況は変わっていません。

生活全般

(新規採用職員向け)就職直後は避けるべき行動とは?
とにかく睡眠を大切にしましょう。

(新人向け)新採地方公務員は生命保険勧誘員の猛攻に屈せず公的保険(社会保険)の勉強に励んでほしい
タイトルが全てです。


4月1日付けで異動しました。想定外の1年異動です。
相変わらず本庁勤務なのですが、業務内容は帳票処理作業がメインで、他の自治体だと出先機関や出向先でやっている仕事だと思います。

複式簿記を普通に使う仕事なので、今更ながら必死に勉強しています。
過去記事で触れたレアケースに自ら該当してしまうとは……




電話回線がピンチ

コロナウイルス感染症関係の苦言電話が激増しています。
「困っている」という相談ではなく、行政の動きに苦言を呈すだけの電話です。

うちの県内の話よりも、国政や都政の話のほうが体感的には多いです。
課内の電話回線が苦情電話だけで埋まることも珍しくありません。

ちなみに僕も昨日だけで3件対応しました。いずれも「収入減少世帯への30万円給付」の話です。
この給付金、実務的には都道府県は絡まない(市町村が窓口)のですが、かかってきてしまったからには無下に切ることもできず、国のホームページに掲載されているレベルで説明しました。

「外出自粛」や「営業補償」など、具体的でわかりやすい議題がどんどん投下され始めたのが、苦言電話急増の原因かと推測しています。

役所の電話回線は貧弱です。すぐパンクします。
既に業務に支障が出ています。
県庁の場合、産業振興部局の業務が多分最も支障をきたしています。

中小企業支援施策は、市町村はあまり関与しません。
そのため県庁が行政サイドの最前線になり、実際に困っている経営者や従業員の対応をしています。
つまり、政権批判の電話で県庁産業振興部局がパンクしてしまうと、本当に困っている人への支援実務が滞るのです。

不要不急の電話はどうかご容赦を……


持て余したリソースを如何に発散してもらうか

  • 患者又はその周囲
  • 感染症対策の当事者として日々励んでいる方
  • 経済活動縮小の影響で困っている方
という、広義のコロナウイルス感染症の当事者がいる一方、余暇活動を自粛するあまり時間とエネルギーを持て余している方も相当数いると思われます。

あくまでも僕の経験と観測範囲内ですが、本来なら感染症対策に投じるべきリソースを、持て余している方々にかなり割いている(しかもその割合がどんどん増えつつある)というのが、今年度に入ってからの役所内の現状です。苦言電話対応の急増がまさにこの典型ですね。
非常に勿体無い、非効率な状態です。

災害時の復興ボランティアのような、意欲がある方が広く参加できる活動ができない(むしろ活動が逆効果になる)のが、コロナウイルス対策をさらに難しくしているのかもしれません。

少なくとも、誰かを叩いたところで事態は好転しないので、時間とエネルギーをもっと別のところに注いではどうかと思います。
こんなに潤沢に余力がある時期は滅多にありません。
特に今は、黙々と自宅で自己修養に励んでいれば、結果的に社会のためにもなるのです。

今すぐ誰でも取り掛かれるコロナ対策ならば、心身ともに疲弊している周囲の方のケアあたりが、一番有益ではないかと思います。
叩くのではなく守って癒す。

このページのトップヘ