キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: そのた

年末恒例のまとめ記事です。
やたらと長くなってしまったので有益な情報だけ先に書いておきます。

BSが映る環境なら、BS11で1月7日(木)から放送される
  • 宇宙よりも遠い場所 ※再放送
  • ゆるキャン△ SEASON2  ※続編ものだけど大丈夫
を見てください。QOL爆上げを保証します。

加えて女の子どうしのウェットな関係が大丈夫な方は、是非「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」も見てみてください。同じくBS11で1月3日(日)から再放送スタートです。

ここから先は蛇足です。

2020年雑感

多くのブロガーさんたちが触れていますが、2020年は「分断」の年だったと思います。
新型コロナウイルス感染症のせいで新たな思想的対立軸(自粛vs経済回転とか)が生じただけでなく、日常生活でも、不安の最中に自己正当化のために「自分はあいつらとは違う」と他者を遠ざけることが多かったのでは。

というか僕自身、「公務員」VS「公務員以外」の分断に囚われすぎていたと今更ながら反省しています。

原因は間違いなく外部からのバッシングです。
連日連夜「感染症を食い止められていないのは行政のせいだ」という趣旨の報道が流れているせいなのか、賢い民衆vs無能な行政組織・公務員という対立軸がしっかり根付いてしまいました。

今年の公務員バッシングは、従来よくあった「給料が高い」「楽しすぎ」のような待遇面の非難ではなく、馬鹿・遅い・口下手・横柄・卑怯などなど人格非難が目立ちました。
こういうバッシングに対して防衛本能が働き、無意識のうちに「公務員以外」を遠ざけていました。


「公務員」VS「公務員以外」の分断には、特段メリットは無いと思います。
できる限りやめたほうがいい思考法でしょう。

しかし、公務員バッシングがメインストリームとして鎮座している現状下では、公務員どうしで癒しあう機会がどうしても必要だと思います。
この試みは、下手をすれば「公務員以外」を排除する流れ、「公務員」VS「公務員以外」の分断深化になりかねません。

このあたりの塩梅に今年は失敗したなと反省しています。

ブログ関係

10月までは3万PV/月前後、8000UU/月前後で安定推移していたのですが、11月から激減してしまいました。
ちょうどこの記事を投稿した直後から減り始めて、いまだに戻っていません。
マスメディアの論調に逆らったのが間違いだったのでしょうか……

今年特徴的だったのが、UU数の年齢構成です。
弊ブログの主要読者層は「25〜34歳」なのですが、従来は次いで多かった「18〜24歳」が今年は1割ほど減少してしまいました。
一方、「35〜44歳」が1.5倍ほど増加していて、実数でも「18〜24歳」を超えました。

今年は受験生向けの記事をあまり書いていないので仕方ないところです。
 
弊ブログの読者層は
  • 公務員志望の学生
  • 役所生活に飽きてきた20代後半の現役公務員
あたりを主に想定しており、大半が学生であろう「18〜24歳」の読者が減ってしまうのは非常に残念です。

民間就職の先行きが怪しくなってきており、公務員志望者が増えてきそうな予感もしているところなので、来年はこの層にニーズのありそうな記事を模索していきたいです。

もしかしたら「18〜24歳」層は、ブログという媒体から離れつつあるのかもしれません。
代わりに台頭しているのはSNSか動画あたりでしょうか?

ボツネタ供養

買い物袋の有料化

もともと「ポイ捨てが酷い」「特に海洋ごみだと、日本が排出する量の多くがポイ捨てごみ」という施策課題がずっと前からあって、普及啓発をはじめ長年色々な対策を講じてきたところなのですが、全然効果が出ないため、ついに実力行使に出ざるを得なくなった……という経緯があったはず。

僕の記憶違いかもしれません。
なぜか誰も話題にしないし、インターネット上でも直接的なソースが見つからないのですが、平成26年〜28年頃にこんな議論してませんでしたっけ?
 

海洋ごみの処分費用は、地方自治体と国のどっちが負担すべきか?という議論の中で、
  • 日本付近の海洋ごみの結構な割合が河川由来(=川の流れに乗って日本国内から流出したもの)
  • その河川由来ごみの多くが、ポリ袋に詰まったポイ捨てごみ
という環境省調査の結果が示された……ようなおぼろげな記憶があります。


「国民のマナーが一向に改善しないので規制します、悪いのは国民です」みたいなストーリーで段取りされてきたはずなのに、いきなり方向性が変わったような気がしてならないのです。

大阪都構想

都構想の是非はよくわかりませんし、大阪府内の行政区域がどうなろうと僕に直接の関係はありません。
ただ、今年対応した苦情のうち、結構な割合で「おたくの知事と比べて吉村知事は素晴らしい!!」というふうに維新の会が称賛されてました。
開口一番に「維新の会の者だが……」と名乗った方もいました。
(政党名をわざわざ名乗られたのは維新だけ) 

維新の会の考え方に賛同する方が田舎にもけっこういる(しかも熱心に活動している)という事実を思い知らされました。

Go to キャンペーン

僕自身は今のところ全く利用できていませんが、他のブロガーさんが書いた旅行記やグルメレポを拝読する形で楽しませてもらっています。

個人的に気になっているのが、Gotoキャンペーン利用者の個人情報の取り扱いです。
Gotoキャンペーン(特にトラベル)を利用できる国民は、お得になればすぐに行動を起こせるくらいには金銭的にも時間的にも余裕があり、旅行や飲食に限らず他の分野でも有望な顧客たりうると思っています。
少なくとも地方公務員よりは上客でしょう。

そのため、Gotoキャンペーン利用者のリストは、幅広い分野で見込み客リストとして使える、非常に価値ある情報なんじゃないかと思っています。
自治体的には、観光誘客やふるさと納税のターゲットにぴったりです。

利用者リスト自体は絶対拝めないとしても、利用者の統計データ(居住地・年齢層あたり)公表を密かに期待しています。

オタク趣味関係

秋クールのアニメが強すぎました。個人的には2018年秋以来の神クールです。
シリーズものが特に強く、これまでの積み重ねを活かした正統進化を堪能させてくれました。

最新話のネタバレを避けるためにインターネット利用を絶ったり、放映後に感想を漁っていたら深夜3時を回っていたり……というアニメ中心の生活を久々に送らせてもらいました。
オタク冥利に尽きます。

「鬼滅の刃」の勢いも凄まじかったです。
社会現象を巻き起こすアニメ作品はこれまでいくつもありましたが、「鬼滅の刃」は演者が本職声優さんばかり(しかもベテランで演技の幅が広い方ばかり)という点が特徴的だと思っています。

僕みたいなオタクだと、声優さんの演技の幅を知っているので、どういう意図をもって演じているのかが自然と伝わってきます。
たとえば竈門禰豆子は大人っぽいですし、胡蝶しのぶは子供っぽいと感じます。
(あくまで僕の感覚です)

こういう作劇の意図を味わえるのもオタク冥利だと思います。


あとは「ジビエート」と「タイムパラドクスゴーストライター」という怪作も忘れてはいけません。
作品そのものは後からでも楽しめますが、リアルタイムでの盛り上がりは追体験できません。


以下は作品別コメント。

推しが武道館いってくれたら死ぬ
超ハイコンテクストな原作を、ハイコンテクストゆえのシュールな面白さを損なうことなく、万人にわかりやすく映像化していました。
構成の妙というやつでしょう。

恋する小惑星
天文と地学を題材に、陰キャよりの女の子たちの部活風景を描いた作品です。
登場人物がみんな本当に真剣で、だけど陰キャだからいろいろうまくいかなくて、途中からすっかり肉親面で応援してしまいました。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
純粋に面白かったです。誰彼構わずおすすめできます。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
個人的に2020年最高のアニメ。これを見たかどうかで2021年の過ごし方が変わるとまで思います。
展開が緻密で、毎回「腹落ち」させられるという不思議な作品でした。
それなりにフィクション体験を積んでいて、登場人物の心情を追うのに慣れている方なら、過去シリーズを一切見ていなくても楽しめると思います。
 

2021年の目標

  1. 情報技術に親しむ→2021年中に応用情報技術者試験合格
  2. 創作する→本ブログ含め30万字書く
  3. 自炊する→外食は月1回まで
社会情勢がどうなろうとも、この3つを絶対達成すべく過ごしていきたいと思います。

具体的な目標ではありませんが、地方財政の勉強もやりたいなと思っています。
この記事を書くためにちょっと調べたら興味が湧いてきて、それから報道を追いかけるようになったところ、誰の主張が正しいのかよくわからなくなりました。
基礎知識から固めて、リテラシーを養いたいです。


「よいお年を!」と気軽に言えない社会情勢が誠に疎ましい限りです。
来年は少しでも好転することを祈念しつつ、本年まとめを締めます。 

ご来訪ありがとうございます。
ブログ管理人の「あまあま」と申します。

プロフィール【2020.4時点】
◆田舎の某県庁勤務
◆関東の私立大学に進学後、出身地にUターン
◆これまでの配属部署 防災、観光、総務
◆隠れオタク歴20年弱 妹と一緒にCCさくらをリアタイ視聴したのが全ての始まり 
詳しいプロフィールはこちら。
参考:キモオタク地方公務員さんのプロフィールは?調べてみました!

ブログの目的

本ブログの読者層は、「公務員になろうか検討している若者」と「現役公務員」を想定しています。

前者に対しては、自分近辺の一事例を紹介することで地方公務員のリアルな姿を知ってもらい、就職後のミスマッチを少しでも減らせたらいいなと思っています。
ポジティブ・ネガティブどちらにも偏らないように気をつけていますが、僕は現状の待遇にそこそこ満足しているので、ややポジティブ寄りになっているかもしれません。

僕を含めた「若手県庁職員の考え方」も紹介していくつもりです。
「共感できるかどうか」という観点からも、読んでもらえたら嬉しいです。

あわよくば、首都圏の大手企業に就職するような優秀な若者が「県庁って面白そう!」と感じて、Uターン就職のきっかけになってほしいですね。
優秀な若手が増えれば増えるほど、僕の負担が軽くなっていくので。


後者に対しては、議会待機中のような空虚な時間にぼんやり眺めていられる、暇つぶしページになれたらいいなと思っています。
あとはオタクへの意識改革です。クールジャパンどうこうという国家的な動きがある中、大半の地方公務員は「アニメ=オタク=きもい」という図式から抜け切れていません。
地方公務員の視点からオタクコンテンツについて言及することで、オタクへの新たな知見が少しでも提供できればいいなと思います。


ブログの運営方針

記事の更新

だいたい5の倍数日、午前1時頃に更新しています。
記事自体は暇な土日に一気に書き溜めていて、予約投稿しています。

かつて「ゆっくりSS」を書いていて、いまだに当時の文体が抜けていません。
文章に起伏が無く、読みにくいかもしれませんが、現在ブログ向けのライティングを勉強している最中なので、お付き合いいただければ幸いです。

ナローバンド推奨ブログ

もはや死語かもしれませんが、当ブログはナローバンド環境でも見られるよう、画像利用は極力控えています。

リンクについて

当ブログはリンクフリーです。
特定の記事へのリンクでも、サイトトップページへのリンクでも、どちらでもOKです。
リンクを貼った際の事後連絡も不要です。

プライバシーポリシー

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、よりよいサイト構築のため、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。


広告について

現役の公務員という立場上、広告収入を貰うのは限りなく黒に近いグレーなので、僕自身は一切広告を貼っていません。
何らかの広告が表示されていたら、ライブドアブログの仕様によるものです。僕には全く関与していません。


おかげさまで弊ブログは3周年を迎えました。いつもありがとうございます。
今年のクリスマスイブも予定が無いので、去年に続き異常独身男性ポエムを置いておきます。

一人では生きていけない人間だった

毎年クリスマスには一年間の婚活事情を報告しているところなのですが、今年は新型コロナウイルス感染症のせいで碌に動けず、3人とお食事させていただくだけにとどまりました。
ちなみに3人とも本当にお食事のみ、解散した途端にLine即ブロックを食らったため進展はありません。何なんすかね。

「そろそろ結婚を諦めて、独身を貫く方向に転換したほうが幸せになれるのではないか。」

今年3回目のLine即ブロを食らったあたりから、そう考えるようになりました。

しかし新型コロナウイルス感染症が流行してから、この考え方は一転しました。
配偶者がいないと僕は壊れる。「欲しいか否か」ではなく「必要」なのです。

今年は仕事でもプライベートでも「公務員だから」という理由でボロクソに非難されました。
結構な数の友人知人と縁を切りました。(正確には「切られた」のほうが正しいかな?)
特に今年の春夏は、これまでの人生でも一番加害行為に晒されていて、精神的に疲弊していました。

この期間で僕は確信しました。
僕は、人間関係で食らったダメージは、人間関係でしか治癒できない。弱い人間だ。
食って寝て現実逃避すればなんとかなると思っていましたが、人間関係由来のダメージは独力では如何ともし難いことを重々理解しました。

だれかに慰めてもらったり、承認してもらったり……とにかく人によるケアが必要なのです。

人によるケアが必要。
言い換えればケアしてくれる人が必要ということでもあります。

今回僕を支えてくれたのは同僚であり両親でした。
同僚とは傷を舐め合い、両親は無条件で慰めてくれました。

残念ながら、今回助けてくれた「同僚」も「両親」ともに、いつも頼れる相手ではありません。
特に同僚が助けとなったのは偶然であり、不幸中の幸いです。
いつもこんな優しい人たちと働ける保証はどこにもありません。

両親もいずれ先に逝きます。
いつまでも頼ってはいられません。

同僚でも両親でもない誰か。
公務員という憎まれ役にも関わらず、受け入れてくれる誰か。

思い巡らせた結果、思い至ったのです。

こういう場合、一般的社会人は「配偶者」が支えになってくれているのでは?
独身だからクヨクヨ悩んでいるのでは?

もちろん、配偶者によって逆に苛まれる危険も重々承知しています。
しかし、他に選択肢が思いつきません。

幸いにも今は落ち着いているですが、いずれまた加害に晒されてダメージを蓄積する生活が始まるかもしれません。
冷静でいられる今のうちに、生活のリソースを婚活につぎ込んで大至急結婚を試みるか、人間を辞める覚悟で対人関係耐性を極めるか、決断を迫られています。

2019年までの迷わず自分なら後者を選びました。
しかし2020年の自分には、後者を選ぶ度胸がもはやありません。
独身人生のリスクを垣間見てしまいました。

弱音を吐きながらへこへこ婚活する30過ぎの男、我ながら重くてドン引きです。
しかしこれが現実……

僕の20代とは

未練だらけの大学生活

思い返せば、僕の大学生活は理不尽そのものでした。
全ての原因はサークル選びの失敗です。
OB達が私利私欲のために現役生をこき使うタイプのブラックサークルに捕まってしまい、大学3年の夏頃まで時間もお金も吸い尽くされていました。

授業にもほとんど出ず、アルバイトもせず、遊びにも行かず、ずっとサークルの雑用をこなすだけの日々。
親からの仕送りはサークルの会費に消えていきます。

さっさと辞めてしまえばよかったものの、当時はすっかり洗脳されていて、辞めるという発想がそもそも持てませんでした。
娯楽を味わう精神的余裕も無く、オタク趣味すらも遠ざかっていました。

東日本大震災が無ければ、卒業するまでずっと奴隷労働を強いられていたと思います。
OB達がサークルを支配していた理由は、自らの営利事業をローリスク・ローコストに回すためでした。
現役生のサークル費を原資に充てて資金繰りを安定させ、現役生を無償で従事させることで運営コストを抑えていたのです。

しかし震災のせいでこの事業の旨味が薄れ、夏頃にOB達が事業から手を引き、サークルにも近寄らなくなりました。
おかげでようやく健全なサークルに生まれ変われました。

ブラックサークルから解放されてからの1年半は、それなりに大学生らしく過ごせました。
とはいえ大学3年秋〜大学4年夏までの1年間は就職活動と公務員試験に費やさざるをえず、学問に触れたり交友関係を広げたり旅行したり趣味に打ち込んだり……という大学生ならではの生活は、実質最後の半年くらいしか楽しめませんでした。
 
よくよく考えてみれば、就職してからの休日の過ごし方は、大学生活終盤の日常生活そのものです。
本を読んで、アニメ・漫画を摂取して、インターネット上で駄文を書いて、ときどき旅に出て……を繰り返しています。
あくまでも自分が楽しければいい、自分本位な過ごし方です。

過去を補填するだけの社会人生活

結局のところ、僕はいまだに、無駄にした「2.5年分の大学生活」の未練に取り憑かれているんだと思います。
普通の人が大学時代の約4年間に経験している事柄を、これまで8年かけて薄く長く味わっているだけ。

普通の人はもっと先のステージ、自分本位ではなく家族や社会のため、つまり他者のために動く段階に踏み入れているのに、僕はずっと足踏みをしているのです……

現実の世界は否応なく時間が流れていきます。
僕が未練と戦っている間、普通の同世代は結婚して子どもを授かったり、社会的に重要な仕事を成し遂げたりして、さらに先に進んでいます。
いずれ「進歩のない20代を過ごした」ことが新たな未練となり、僕を苛むことでしょう。


やばいね人生。先行きが暗い。

某アニメの録画を見ていたら結構なグロシーンがいきなり挿入されて眠れなくなってしまったので、久々にリアルタイムでブログを書いています……


ひきこもりの葛藤

  • 仕事以外では基本的に外出しない
  • 日用品の買い物は近所のスーパー・ドラッグストアまで、これらで買えないものはネットで買う
  • 外食は月1回まで
をモットーに、4月からずっとひきこもり生活を続けています。

経済を回さなければいけない(特に飲食店)とは思いつつも、もし僕のせいで店で新型コロナウイルス感染症(以下「新コロ」)が発生したら取り返しがつかなくなる……という懸念を払拭できず、大事な店舗ほど行けないというジレンマに悩まされています。


やることはたくさんある

もともとインドアな人間なので引きこもり生活そのものは全く苦にならないのですが、書籍・漫画代が大変なことになっています。
図書館のありがたみを痛感しています。

最近の個人的どハマり作品は『好きな子がめがねを忘れた』です。
ソーシャルディスタンスが定着したせいで破壊力が激増しています。




ソーシャルゲームの過去シナリオ読み直しもアツいです。
特に「アイドルマスターシャイニーカラーズ」、ボイスありでゆっくり読み返すとなんとも味わい深い。
無料で楽しませてもらうのが申し訳ないくらいです。

久々に二次創作も再開しようかと思っています。
他人に見せるかどうかは置いといて、書くこと自体が癒しになるんです。


あえて牧歌的な記事ばかり書いています

弊ブログですが、最近はあえて新コロ関係の記事を避けています。

思うところは多々あります。
最近は疲労よりも苛立ちのほうを強く感じます。

よく言われているとおり、新コロのせいで新たな社会問題が発生したというよりは、これまでも存在していたけど後回しにされていた諸課題の一部が新コロのせいで表面化・深刻化しているように感じます。
そのため、もし感染症が一段落しても、役所が今直面している諸課題は解消せず、末長く付き合っていくことになるでしょう。

それゆえ、「つらたん」「ぴえん🥺」で済ませずに、苛立ちポイントを起点にもっと調べたり考えたりして、論点を一般化することに意義を感じているところです。
書くのに時間がかかってしまい、タイムリーさは逃してしまいますが、その分長生きする記事にして行きたいです。 

あと、最近のネット上のテキストは読んでいて苦しくなるものばかりなので、少しくらいは暢気なものを投稿したほうが、読者ニーズに応えられるのではとも思っています。


例年なら今週はお盆休みで開店休業状態なのですが、今年はそうもいきません。
「お盆」という年中行事を実施する雰囲気でもありませんし、何より仕事が盛り沢山です。
いつもは4〜6月にやっていた仕事が後ろ倒しになった分のしわ寄せを挽回するべく、明日(というか今日)からまた一週間、勤務してきます。

先日ついに30歳を迎えてしまいました。
実感は全くありません。というか、精神的には25歳くらいから変化している気がしていません。
体力の衰えも感じません。もともと貧弱で下限に近いだけかもしれませんが……

変わったのは周囲の目くらいでしょうか。
30代独身は田舎だと相当に異物なようで、マジトーンで「これからどうするの?」と聞かれるようになりました。

結婚もせず大した挑戦もせず、総じて安穏とした20代を過ごしてしまいました。
見る人によっては「貴重な時間をドブに捨てた」と思われるでしょうが、自分としては心身を壊さずに仕事を続けてこられただけで合格点です。

ただ、それでも少しは後悔もあります。
自戒と反省を込めて「20代のうちにやっておきたかったこと」を挙げてみます。

仕事関係:概ね満足

休職を経ずに閑職コースに潜り込むという理想的な初期キャリア形成に成功したので、トータルでは満足しています。
後悔らしい後悔はありませんが、強いて挙げるならば、慶弔、席次(上座下座の位置など)、お茶の出し方のような社会常識を身につけておくべきだったと思っています。

30歳近くになると、当然知っているものとみなされて、誰も教えてくれなくなります。
そのため慌てて調べることが増えました。

私生活関係:食に後悔あり

二郎系ラーメンなどデカ盛りメニューを食べておくべきだった

胃のキャパシティが明らかに落ちて、大盛りメニューが食べられなくなってしまいました。
二郎系なんてもってのほかで、普通のラーメンでも大盛りやセットメニューはオーダーできません。

困ったことに、「食べきれない」だけであって「食べたくない」わけではありません。
定期的に禁断症状のように二郎系ラーメンを欲してしまいます。
しかし、食べきれないことが目に見えているので、我慢せざるを得ないのです。

大盛りメニューは食べられるうちにしっかり食べておいたほうが無難です。
気になるお店があるのなら、後回しにせず、すぐに行っておくべきです。

家系ラーメンも厳しくなってきました。
僕は「油多め+のりトッピング」というオーダーが好きでよく注文しているのですが、最近これを食べると高確率で後からお腹を下します。
食べてるときは幸せなんですけどね。じきに食べることすら叶わなくなるのかもしれません。


クリーム系のスイーツをもっと食しておきたかった

ミスドといえばエンゼルクリーム一択、上京するたびにHerbsのミルクレープかEggs 'n Thingsのパンケーキを摂取するというクリーム大好き人間だったのですが、最近はあまり美味しく感じられなくなりました。

大盛りメニューとは異なり、受け付けられないわけではありません。
気になるお店はまだまだたくさんあり、これからも開拓を続けて行くつもりではありますが、以前ほどの感動はもう得られないのかと思うと、もっと早いうちに行脚しておくべきでした。


友人と出かけておきたかった

歳をとるにつれて、友人と一緒に遊びに行く機会が減っていきました。
理由は明確です。休日に一緒に外出するような社交性のある友人が、どんどん結婚して家庭を持ったからです。

地方在住の友人は27歳までに一通り結婚しましたし、東京在住の友人も去年あたりから続々結婚しました。
今となっては誘える相手がいませんし、誘われることもありません。
休日はいつもガチぼっちです。

独身のまま暇を持て余しているのは、揃って非社交的な人間ばかりです。
彼らとは会えば話は弾むものの、休日に一緒に遊びに出ることはあり得ません。
みんな一人の時間を重んじるタイプで、休日にわざわざ人と会うのは論外という思考の持ち主だからです。

自分もどちらかといえばこっちのタイプなのですが、それでも時々さみしくなります。


この記事を書く前に、インターネット上の類似記事をいろいろ読んでみたところ、「20代のうち」と「独身のうち」を混同しているものが多いように感じました。
年齢よりも結婚のほうが、生活に与える影響はずっと大きいです。

特に公務員の場合、民間企業と比べて出世する年齢が遅いので、30代になったところで業務時間も職責も変わりません。
少なくとも30代前半は20代と同じような生活が続くと思われます。

このページのトップヘ