キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: 公務員の日々の仕事

田舎だと県庁はかなり大きな(人数の多い)組織です。
しかも構成員(職員)は県内全域から集まってきます。
さらに学歴も高卒から院卒まで様々で、偏差値的に見てもばらつきがあります。
 
田舎社会の中では、ただ巨大なだけでなく、多様性に富んだ組織と言えるでしょう。
あくまでも田舎では、です。都会とは勝負になりません。

この県内限定の多様性とでもいうべき性質こそ、市役所にも国家本省にも無い、県庁組織特有の強みだと思っています。

出身高校ネットワーク

県庁組織の持つ多様性の中でも、職員の出身高校の多様性、つまり県内の主要な高校のOB・OGを一通り職員として抱えていることが、最大の強みだと思っています。
特に進学校だと、ほぼ全卒業年次を網羅しています。

このため、職員の出身高校つながりをたどっていけば、正規ルートでは近寄れない要人への接触を試みたり、特定個人の情報を裏から探ることが可能になるのです。
 

個人的経験 〜政治的クレーマーの対処〜

自分の経験を紹介します。

とある業務に携わっていたとき、ものすごく執拗なクレームを特定個人から受けたことがありました。
その人に実害があるわけではないのに、正義や人権を持ち出してきて、一般論で責め立ててきます。
趣味レベルとは到底思えない執念に加え、明らかにお金のかかった資料を準備して挑んでくるので、バックに誰かいることまでは推測できていましたが、実態は見えませんでした。

そこで雑談のふりをして、出身高校を聞き出しました。
外見から年齢を推測して、高校時代の同級生の可能性がある職員に片っ端から問合せたところ、あっさり同級生を発見。
その職員に深くヒアリングして、クレーム主がとある政治団体要人の高校時代からの友人であることを突き止めました。

結局のところ、そのクレーム主は政治団体の手先で、政治団体の名前を隠しつつ行政に圧力をかけるため、資金援助を受けて活動していたのです。

次の来訪時にさりげなく政治団体の名前を出したら、ぱったりと顔を出さなくなりました。

出身高校ネットワークを使わなかったら、もっと泥沼化していたと思います。
 

田舎ならでは?

こういうアプローチを「汚い」とか「ダサい」と思うなら、田舎役所勤務は苦痛かもしれません。

僕もそろそろ30歳。かつての同級生が家業を継いで社長になったり、市町村議会に出馬したりと、社会で活躍するようになってきました。
同時に、職場で「同級生の○○さんって知ってる?」という問合せを受ける機会が増えてきました。

顔が広い職員だと、僕なんかとは比べものにならないくらい、同種の問合せを受けているでしょう。
もしかしたら顔つなぎまで頼まれているかもしれません。

プライベートの人間関係を職場にかき乱される恐れも否定できません。
 
もちろん協力するかどうかは各自の自由です。強制ではありません。
ただ、そもそもこういう質問自体が苦痛という方もいるでしょう。

出身高校情報は非常に便利ですが、「使う」側であるだけでなく「使われる」立場でもあることを理解しておくべきでしょう。

待望のiPhoneSE2の予約が始まりました。
インターネット上の評判は上々のようです。
 
「大きくなるのが嫌」という理由でiPhoneX以降の機種への買い替えを渋っているユーザーが僕の周りにもたくさんいて、そういう層にとってiPhoneSE2は理想的な端末だと思います。

ただ、現役公務員及び本気で公務員になりたい方には、僕はiPhoneSE2 はおすすめできません。
迷わずiPhone11を購入すべきだと思います。

理由はただ一つ、広角レンズの存在です。

地方公務員稼業に広角写真はものすごく役立つ

観光や産業振興、土木、農林水産といった外出の多い部署の公務員は、よく記録写真を撮ります。

記録目的の撮影では、全体像がわかる写真が欠かせません。
全体のレイアウトやモノとモノの位置関係のような情報は、何をするにも必要です。

例えば、役所によくある毎年恒例のイベント。
来年も後から同じようなことを再現するときには、全体像が写った写真が絶対に欠かせません。

他にも、必要な場所だけトリミングすれば色々な目的に使えます。

広角写真を撮る機材が無い

広角写真を撮るには、被写体から離れるか、広角写真撮影用の専用機材を使います。
ただ、前者の方法はいつでも使えるわけではありません。
室内のように、被写体から距離を置けないケースもよくあります。

そのため仕事では、広角写真撮影用の専用機材を基本に考えた方が良いと思います。
専用機材とは、具合的には、レンズ交換式のカメラ(一眼レフやミラーレス一眼)と、広角写真撮影用のレンズ(超広角レンズ)です。

ただし、特にレンズが高価で、自治体の予算では手が出しづらいです。
よほど広報に熱心な自治体でない限り持っていないと思います。

僕の勤める自治体でも、多分1本も持っていません。
そのため、広角写真が必要になったら、職員の私物で対応せざるをえない状態です。
自腹で買ったという話も聞きます。

一眼カメラで広角写真を撮るのは結構難しい

一般的に、1枚の写真に入れる空間の中に明暗差があると、綺麗に写りにくくなります。
普通の写真と比べ、広角写真は撮影する対象範囲が広くなる分、明暗差も生じやすくなります。
そのため、広角写真の撮影は難しいです。
慣れている人でないと、白飛びしたり黒潰れしたりして、記録写真としても使えない駄作を量産する羽目に陥ってしまいます。

一方iPhoneのカメラは、明暗差の自動調整が神がかっています。
「無個性だ」「撮影者のアレンジが効かない」と批判する人もいますが、地方公務員が撮影する記録写真にこんなものは不要です。
仕事用の記録写真レベルとしては十分すぎるものが、誰でも簡単に撮影できます。


過去の記事でも何度か触れているとおり、地方公務員は私物スマートフォンを仕事にもガンガン使います。
私物スマホの用途の中でも、写真撮影はかなりのウェイトを占めます。
普通の写真だけでなく広角写真も撮影できると、仕事のバリューも高まりますし、何より自分が楽になると思います。

ネット上(特にSNS)には、新人地方公務員向けのアドバイスが溢れています。
特に個人的経験ベースの情報は生々しくて有益です。読んでいても面白い。

他の方々はあまり触れていませんが、「議会や予算編成、監査のような役所全体を巻き込む行事のスケジュール」を何より抑えてほしいと、僕は思っています。
 
担当業務によっては関係のない行事もあるでしょう。
出先勤務の場合は、そもそもどれも縁遠いです。

それでも把握しておくメリットが確実にあります。
というより、把握しておかないと役所生活に大いに支障が出ます。

常識すぎて教えてくれない

全庁的業務は、役所業務の中でも優先順位が高いものばかりです。
これらのスケジュールと各部署個別業務が被ったら、全庁的業務が優先されます。
そのため、全庁的業務の大まかなスケジュールを把握しておかないと、自分の担当業務の年間スケジュールが組めません。

年休も原則取れません。
新人にありがちなのが、ゴールデンウィーク後オフシーズンの5月下旬に年休とって旅行に行こうとしていたのに、議会準備のせいで年休が認められず旅行も断念……というパターン。
旅行が潰れてがっかりするだけでなく、上司から高確率で「そもそもこんな時期に休もうとするのがおかしい」と怒られます。

ある程度の勤務年数を経た地方公務員にとって、全庁的業務のスケジュールは常識です。知ってて当たり前の情報です。
正式に開示される前であっても、感覚的に「だいたいこのあたり」と見当つけられるくらいに染み付いています。

新人も例外ではありません。知ってて当たり前とみなされます。
あまりに当たり前になってしまっているために、本来は教えなければ知り得ない情報であることを失念しがちなのです。
 

主な全庁的行事

  • 議会
  • 委員会
  • 予算編成
  • 決算
  • 監査
  • 定例の会合(知事会、市長会、町村会、国会議員との意見交換会など)
  • 選挙
このあたりのスケジュールを押さえておけばまずは安心でしょう。
ただし一つ注意があります。
ヒラ職員にとっては、行事本番よりも準備のほうが重要です。 
そのため、本番の日程だけでなく、それに先んじて発生する作業のスケジュールも押さえなければいけません。

例えば議会だと、会期を把握するだけでは不十分です。
  • 議案の提出締切
  • 手持ち資料の提出締切
  • 首長への懸案事項説明スケジュール
  • マスコミからの事前取材対応スケジュール
このあたりの議場以外で発生する諸々のスケジュールも把握しておく必要があります。

スケジュール感を覚えるためには「周りを観察する」

入庁3年目くらいになると

「6月議会に重大案件があるから、首長に事前説明しないといけない。だいたい6月第1週に議会開会だから、5月第2週に首長説明。4月中に部局内でヒアリングして宿題もらって、連休中にこなして、連休明けに再度部局内ヒアリング。ゴールデンウィークは消えたな……」

という見通しが、4月1日の異動初日で組み立てられるようになります。
むしろ組み立てられないと怒られます

スケジュール感を身につけるには、どういう行事があるのかを事前に把握しておいた上で、周りの職員がどう動くのかを観察するのが何より重要です。
目の前の仕事で精一杯かもしれませんが、ちょっと視野を広げてみましょう。

そろそろ議会対応業務も一段落して、職場内は人事異動ネタ一色なのでは?
現部署に長年在籍している人なら、そろそろ引き継ぎ資料を作り始める時期でもあるでしょう。

僕は自分の異動見込みにかかわらず引き継ぎ資料を作っておく派です。
一年間の振り返りにもなりますし、新しく着任する上司によっては「引き継ぎ資料をくれ」と新年度早々に要求されて慌てるからです。

僕はこれまでの県庁生活で3回の異動を経験しています。結構多いほうです。
異動のたびに引き継ぎを受けるわけですが、本当に人によってバラバラです。

加えて、業務によっても書類での引き継ぎ易さが全然違います。
標準化しやすい仕事は資料も作りやすいですが、コミュニケーションがメインの仕事は難しいです。

引き継ぎ資料の標準化は難しいと思いますが、どんな業務でも役に立つであろいう、ぜひ作っておくべき引き継ぎ資料をピックアップしていきます。


すぐやるべき仕事リスト

着任したての時点では、仕事の優先順位がわかりません。
ついつい単純作業のような着手しやすい仕事から取り掛かってしまいます。

そのせいで大失敗しないよう、すぐにやるべきことをリストアップしておいてもらえると、後任者にとっても組織全体にとっても助かります。

一年間の大まかなスケジュール

どんな仕事でも締切は非常に重要です。
手遅れにならないよう、一年間の見通しをあらかじめ持っておけるよう、これも確実に引き継ぐ必要があると思います。

担当業務にまつわる歴史(年表)

どんな仕事でも「過去はどうだったのか」を調べる作業が絶対いずれ発生します。
その手がかりとして、担当業務に関する過去の出来事がわかるよう

・年度別の主な出来事をまとめた表
・議会答弁
・新聞記事
・予算額と決算額

くらいは整理しておいたほうが、後任者のためになるでしょう。

人物紹介・関係者相関図

人間関係において、第一印象はものすごく大切です。
初っ端に地雷を踏んで第一印象を損ねないよう、担当業務の関係者(特に役所外部の人間)の簡単な説明と、関係者どうしの関係性をまとめておくと便利です。

観光の仕事をしていたとき、とある観光施設とトラブル寸前に陥りかけたことがあります。
 
県庁とのやりとりの窓口である事務局長と、その団体の理事長の仲がものすごく悪いことを知らず、事務局長の前で理事長を讃えてしまったために、出禁にされかけたのです。
 
僕のケースでは前任者がうまく仲裁してくれたおかげで救われましたが、実際に揉め事になったケースを全庁的に頻繁に聞きます。


 

去年の夏頃から
  • 地方公務員が自分の境遇を嘆きがちなのは自己効力感が低いせい
  • 役所は構造的に職員の自己効力感を損なっていく
という直感を抱いています。

このことを記事にまとめるべく調べ物を続けているところなのですが、その過程で読んだ本に、役所の日常業務にすぐ活かせそうな記述がありました。
 




自己効力感を高めない公衆衛生施策は無駄

本文を引用します。

いくつかの制限はあるが、一般に人は、健康につながる行動を促進するようなキャンペーンを行う自由と能力を持っている。公衆衛生のキャンペーンは、この個々人能力を支援することができる。しかし、それが特定の状況下にある人々に配慮して適切に作成されたものでなければ、そのようなキャンペーンは多くの資源を浪費してしまうことになるだろう。

心理学者は、健康を増進するような習慣を身につけたり受け入れたりすることを促進するような影響を持つさまざまな要素を特定している。例えば、目標設定やその他の意思決定の過程は、変化を促す役目を果たす。しかし、健康によいというだけでは、人々が危険な行動を繰り返すことをやめ健康な行動を受け入れるために十分とは言えない。有益な行動を身につけ保持するようになるためのさまざまな状況では、自発的な思考が必要になる。

アルバート・バンデューラ編『激動社会の中の自己効力』P.232  金子書房、1997年

もし人々が、問題を解決するための最も良い手段が存在すると信じていれば、彼らは、適切な行動を取るために自分のもつ能力について丹念に考え、自分にその能力があると感じたときだけその手段を実行するだろう。

同 p.251

具体的に言い換えると、人は「こうすれば健康にいいぞ」と目標や手段を示されたところで、自分がそれを実現できると思えないと、まともに検討もしないし、実行にも移さないということです。

「1日1万歩」という健康目標を例に考えてみます。
「1万歩歩けば腰痛対策になるし内臓も強くなる」みたいに目標の有効性をアピールするだけでは、歩く人は増えません。
「2駅分歩けば1万歩に届く」のように目標達成の具体的手段を知らせても不十分です。

目標に向かう人を増やすには、「この目標なら自分でもきっと達成できる」と思わせることが必要です。
具体的な達成方法を多数教示するとか、目標をスモールステップに分割するとか、手法は多数考えられます。

この「自分がそれを実現できると思う」「自分にその能力があると感じる」ことが、自己効力感です。
健康に限った話ではなく、あらゆる分野に適用できる概念です。

導入困難だけど不可欠な視点

健康福祉に限らず、役所の施策は目標を示すだけに止めたがります。
「『この目標なら自分でもきっと達成できる』と思わせる」という、受け手の自己効力感を高めていくという視点は、最初から検討すらされていないでしょう。
理由はいろいろありますが、深入り・具体化すればするほど批判を受けることが最大の理由だと思います。

しかし、自己効力感の観点から見れば、このような施策は資源の無駄と一蹴されるものです。

自己効力感の側面から施策を評価すべきとは思いません。
ただ、このような視点が世の中に存在することは認識しておいて損は無いでしょう。

何より直感的に正しい観点だと思います。 
何すればいいのか全くわからない空気なキャッチフレーズや、非現実的な手段を突きつけてくる施策を見かけるたびに頭を捻ってきましたが、これらが無意味だと断じてくれているわけです。

このページのトップヘ