キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: 公務員の仕事道具

就職活動の頃から履いてきた革靴が破れてしまいました。
そんなに高価な品ではないのでお財布的なダメージはありませんが、それでも愛用の品がダメになるのは結構辛いものがあります。

というわけで次の革靴を探している最中なのですが、改めて革靴について考えてみると、腕時計と同じく役所特有のセオリーがあることに気がつきました。
 
地方公務員(男性)は、黒色ストレートチップ内羽根で爪先が丸い革靴を最低2足用意して、うち1足は安価なものを選べば間違いないでしょう。

以下、地方公務員における特殊事情を書いていきます。
革靴にまつわる一般常識は別サイトを参照下さい。
靴の取説_知りたい!靴のお手入れ | リーガルコーポレーション
 

フォーマルかつ地味なものを履けば間違いない

僕がお勧めする「黒色ストレートチップ内羽根」は、革靴の中でも一番フォーマルなタイプです。
爪先の形状は、尖っている方がファッショナブルとされます。
とりあえずフォーマルで落ち着いたものを履いておけば問題ないというのが僕の考えです。

いちゃもん予防

腕時計の記事でも紹介したとおり、地方公務員が良いものを身につけていると因縁をつけてくる方が一定数います。
参考:地方公務員の腕時計事情とは?高級時計・Gショックは避けるべきなのか?
 
革靴も同様です。腕時計とは異なり一目で良し悪しがわかるものではありませんが、明らかに装飾が派手だったり爪先が尖ったものを履いていると危険です。

礼儀対策

そこそこ社会的身分の高い方のお相手をする場合には、カジュアルな革靴だと不快感を与えてしまう危険があります。
僕も過去に「外羽根はサンダルと一緒」と強弁する大学教授とお会いしました。最初は冗談かと思いましたが本気でした。
いつこういうお客さんが来るかわかりません。この点でもフォーマルな革靴を履いておくほうが無難です。 

フォーマルさが求められる業務も多い

地方公務員は表彰式のような式典業務で「もてなす側」に回ることも多いです。
この時は全身フォーマルに固めます。足元はもちろん黒色ストレートチップ内羽根です。
通常は式典業務の無い部署にいても、突然別部署から応援要請されることもあります。
そのため、履き慣れた黒色ストレートチップ内羽根の革靴を一足は持っておきたいです。

スケープゴートも1足必要


正直、地方公務員の仕事と革靴は相性が悪いです。
地方公務員は俗にいうホワイトカラーではありません。頻繁に走るし、雨に打たれるし、泥道や砂利道や獣道を歩くし……革靴をダメにする要素満載の仕事です。
とはいえ、こういう仕事が毎日続くわけではありません。時々こういう仕事が入るだけなので、こういうハードな仕事の日をやり過ごすための革靴があれば良いのです。
そのため、履きつぶしてもいい安価な革靴というスケープゴートが必要になります。靴には申し訳ないですが……


無難にリーガルをお勧めします

僕は4足体制で回しています。
うち1足が破れてしまったので現在は3足体制ですが、すぐに買い足すつもりです。

同じ革靴を毎日履き続けると、靴がダメになりますし、臭います。
アラサーでオタク顔で足が臭いって最悪じゃないですか?
害悪要素を減らせるなら、革靴をストックすることくらい安いものです。

内訳は以下のとおり。

  • リーガルの黒色ストレートチップ内羽根 2足(うち1足が先日破れました)
  • ジャランスリワヤの黒色ストレートチップ内羽根 1足
  • 汚れてもいい廉価品 1足

革靴にあまりこだわりのない方は、リーガルを選んでおけば問題ないと思います。
全体的に爪先が丸めで無難なデザインです。



 
若い人向けのおすすめ革靴としてよく個人ブログでおすすめされている「ジャランスリワヤ」も、お手頃価格でデザインも履き心地も良く個人的には好きなんですが、地方公務員が仕事で履くのは結構危険です。
よく見ると紐の通し方が独特で(ここがかっこいいのですが)人によっては派手だと認識されるようです。

置き革靴という文化

ちなみに、リーガルの1足は職場に置いてあります。
うちの役所内ルールで、一定の役職者以上の前に立つ時には革靴を履かないといけないからです。
ひどい大雨で長靴でしか出勤できないような日であっても、役職者の前に長靴で出向くことは許されません。そのため常時1足は職場に置いておかないと仕事にならないのです。

ブラック企業にありがちな、仕事用の道具を自腹で購入させるという風習。
地方公務員の場合は、基本的にはありえません。

ありえないとは言っても、備品購入予算が潤沢にあるわけでもなく、コンプライアンスがしっかりしているわけでもありません。
一職員が勝手にものを購入してはいけない、という意味合いです。

役所がものを購入する際には、公平性・透明性を保つためのルール・手続きを守らなければいけません。
その最たるものが、入札や見積り合わせ(複数社から見積もりを取り寄せて比較する)ですね。

こういう手続きを踏まずに勝手にものを購入すると、自腹であろうと不適切な会計処理にあたり、新聞沙汰にもなりかねません。
そのため、職員の自腹購入も、厳に慎まれています。

……というのが表向きの話。
実際は結構、職員が自腹で色々買っています。

名刺

別途記事にしています。
地方公務員はなぜ名刺を渡したがらないのか?本当に自腹で作っているのか?

緊急時の消耗品

例えば、イベント当日に突然ガムテープや段ボールが足りなくなったり、のぼり旗の棒が折れたりした場合。
いちいち手続きを踏んでいたら、絶対に間に合いません。
こういう時は、ホームセンターに駆け込んで自腹購入せざるをえません。

こういう消耗品であれば、大問題にはなりません。財布へのダメージも小さいですし。

書籍や資料

業務上絶対に必要な「〇〇六法」みたいなものを除き、原則、書籍は公費では買ってもらえません。

環境六法 平成30年版
中央法規出版
2018-03-17



僕も観光施設の訪日外国人対応を考えたくて、『ロンリープラネット』を買ってもらおうとおねだりしたのですが、あっさり断られました。
結局自腹で購入。生まれて初めての洋書です。





別部署で訴訟対応していた時には、原告側弁護士の思想を探れという指示の下、原告側弁護士の連載が載っている『法学セミナー』を自腹で半年分くらい買ったり、新聞へのインタビューを見るために有料オンラインサービスに登録したりもしました。

なんだかんだで、毎年2万円くらいは資料代に費やしている気がします。
もっとリッチな自治体だったら、バンバン公費で買ってもらえるのでしょうか……?

役所PCでは力不足なパソコンソフト

出費額的に、書籍ならまだ可愛いもの。
うちの役所ではないのですが、自腹でAdobeCCを買わされる職場があるという話を先日聞きました。




目的はチラシ作成。経費削減のため、写真素材調達からチラシデザインまで一切外部に委託せず、全て職員でやっているらしいです。
職場のパソコンではスペックが足らずまともに動作しないので、課内の誰かをチラシ担当に任命して、私用のパソコンに自腹でインストールしてもらっているとのこと。

趣味でも使えるPhotoshopとLingtroomならまだしも、仕事でしか使わないであろうIllustratorまで自腹で買わせるのは、流石にひどいでしょ……

「怒られるくらいなら自腹切るか」の発想

消耗品であれ耐久消費財であれ、「無くてもなんとかなるもの」は、公費では買ってもらえません。
公費で買えるのは、「無いと仕事が成り立たないもの」だけです。


僕の経験談として紹介した『ロンリープラネット』の場合だと、もし自腹購入せずに仕事を進めていたら、上司からしこたま怒られていたと思います。
「全世界でシェアNo.1の書籍を見ずに、何調べてるんだ!」という感じでしょうか。

それでも、「準備が甘かったです、後で調べておきます」と弁明しておけば、なんとかなります。
つまり、わざわざ『ロンリープラネット』を買わなくても、仕事自体は成り立つのです。

こういうケース、つまり自腹を切らなくてもなんとかなるけど、管理職から怒られるだろうと推測される場面で、リスク回避のために自腹を切ってしまう職員は、結構いると思います。
人によっては、「自腹を切れ」と暗に圧をかけられているように感じることもあるでしょう。

ちなみに僕は形から入るタイプのオタクなので、圧を感じる・感じないに関係なく、ついついなんでも買ってしまいます。
ネット情報によると『ロンリープラネット』内にちょいちょいハッテン場情報が載ってるらしいのですが、まだ見つけられていません……


経費の自腹負担にまつわる過去記事も併せてどうぞ。
地方公務員の出張手当とは?懐的には得なのか損なのか?
地方公務員業務ではどれくらい、どのように携帯電話を使うのか?業務用携帯電話は支給されないのか? 

入庁前の僕は、地方公務員といえば眼鏡野郎ばっかりだと思っていました。
実際は全然違います。男女ともにコンタクト派のほうがやや多いくらいです。
ちょっとショックでした。

しかし、実際に働くうち、実際には全員眼鏡派だと言ってしまっても間違いではないくらい、全員が眼鏡頼みの生活をしていることに気づきました。
普段はコンタクトレンズ着用の職員も、大半がデスクの引き出しに眼鏡を忍ばせています。

緊急時のお守りとしての眼鏡

パソコンを長時間使う仕事は、コンタクト着用だと目がものすごく疲れます。
公務員の場合、議会やマスコミ絡みで、急に夜中までパソコン作業を強要される場合もあります。
夜中までコンタクト着用でパソコン画面を凝視していると、目が乾燥するどころか、焦点が合わなくなってくるでしょう。

こういった緊急時への備えとして、眼鏡が欠かせないのです。
頭痛薬や下痢止めと同じような位置づけですね。

これから地方公務員に就職する方の中にも、コンタクト派の方がいると思います。
夜間に車を運転できるくらいには視力矯正できる、度のあった眼鏡を用意しておきましょう。

ただ、一年目って急に視力が落ちるんですよね。
多分、パソコン画面を長時間眺める生活に慣れないせいでしょう。
既に眼鏡を持っているなら、それをそのまま使えばよいでしょう。

地方公務員として働くにあたり、手帳は必須です。
スケジュール管理だけならスマートフォンのカレンダーアプリで十分なのですが、仕事中にスマートフォンを触っていると高確率でお客様(来庁者)からお叱りを受けてしまいます。

入庁以来、毎年色々なタイプな手帳を試してきましたが、2年前に暫定結論が出ました。
地方公務員なら見開き1週間のレフトタイプがオススメです。

レフトタイプってどんなもの?

こういうやつです。

出典:No.66 デスクダイアリー 高橋書店
https://www.takahashishoten.co.jp/notebook/31066.html 

僕の場合、左側のページを予定用、右側のページを記録用として完全に分けています。
記録用スペースが足りなければ、付箋で拡張したり、後ろのフリースペースを使います。

記録用スペースが不足しないよう、ちょっと大きめのB5サイズを使っていますが、僕にはこれくらいがちょうどよく、ほぼ毎週記録用スペースがきっちり埋まります。

地方公務員のスケジュール管理の特徴

地方公務員のスケジュール管理の特徴を考えてみると、レフトタイプが最善であるという結論に自然と至りました。

予定(アポイント)が少ない

大抵の地方公務員、特に平職員は、そもそも予定が少ないです。
そのため、一日のスケジュールを子細に組む必要がありません。
1時間刻みのタイムテーブルがメインの手帳もありますが、こういうページは不要です。

締切が多い

一方、資料作成や照会回答など、締切はやたらと多いです。
締切は日単位なので、時間刻みで管理する必要まではありません。
見開きページで1ヶ月分の締切スケジュールを見渡しつつ、週間予定のページに細かい注記事項を書き込んでおけば、万全です。

記録が重要

地方公務員の仕事では、予定と並んで、「いつどこで誰がどういう発言・行動をしたのか」という記録が非常に重要です。
手帳とは別にノートを用意する職員もいますが、2冊を同時に持ち歩くのは結構面倒です。
それに、仕事のために2冊も買うのはなんだか癪なんですよね。

これらの理由、特に手帳に記録機能を持たせたいという理由から、レフトタイプがベストだと考えています。

1月始まりor4月始まり

役所のスケジュール的に4月始まりの方が使いやすいので、僕はずっと4月始まり派です。

ちなみに、過去の手帳は一応残しておいて、異動時に後任者に渡しています。
捨てるかどうかの判断は、後任者にお任せです。

名刺事情の記事が、先月から急に伸び始めました。
参考:地方公務員はなぜ名刺を渡したがらないのか?本当に自腹で作っているのか?

新規採用職員がそろそろ同じような疑問を持ち始めたのでしょうか?
それとも、どこかで「地方公務員が名刺をくれないのはおかしいのでは?」という動きが始まったのでしょうか?
いずれにせよ、今後の推移を見守っていこうと思います。

今回は名刺に関係して、名刺入れについて紹介します。

どういう名刺入れを使っているのか?

地方公務員が使う名刺入れは、とにかく地味です。
黒地革製のものが主流で、時々銀色のメタルケースを使っている人がいるくらいです。

腕時計と同じく、パッと見てブランドものだとわかるようなものは使いません。
(参考;地方公務員の腕時計事情とは?高級時計・Gショックは避けるべきなのか?

伝統工芸の織物や漆器がある地域の公務員だと、宣伝目的で伝統工芸の名刺入れを使うこともあるようです。
その場合はやたらと派手です。
ある意味「ツッコミ待ち」なので、どうして派手なのか(または男性なのに女物を使っているのか)聞いてみると喜ぶでしょう。



大半の地方公務員にとって、名刺入れの使用頻度は低いです。
普段から持ち歩く必要もなく、デスクの引き出しに突っ込んだままの人が多いでしょう。

僕は職場用と鞄用に、2つ持っています。
引き出しと鞄を行き来させるのが面倒で、よく忘れてしまうからです。

名刺入れの選び方

たとえ自分の名刺を持たなくても、名刺入れは必須です。
自分の名刺を持たなくても、名刺をもらう機会は多々あります。
その際、もらった名刺を汚さず収納するために、名刺入れは欠かせません。

とはいえ、使用頻度は少ないので、良いものを使う必要も無いと思います。
大手メーカーの定番品の中から、好みに合わせて選べばいいでしょう。

ただし、他地域の伝統的工芸品は避けたほうが無難です。
地方公務員という立場上、「どうして他地域の応援をするのか?」と厳しく見てくる人が必ずいます。

この意味でも、大手メーカー(海外ブランドだと尚良し)の製品をお勧めします。




ETTINGER製品が似合うダンディーなおっさんになりたい……

このページのトップヘ