キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: 公務員の仕事道具

iPhone8に機種変更して3ヶ月ほど経ちました。
内蔵カメラ、本当にすごい性能ですね。
画質どうこうではなく、マジョリティの好みに合わせた写真が吐き出されてくるんですよね。

機種変更以来、プライベートのSNSにアップする写真は、ほとんどiPhoneだけで完結するようになりました。
デジカメで撮影した写真をいちいち取り込まなくても、十分なクオリティが保てて、本当に楽です。

プライベートのSNSに限らず、仕事でもスマホカメラだけで十分では?という声も聞こえてきますが、僕はまだまだデジカメも必須だと考えています。

理由1 広角すぎる

スマートフォンのカメラには、俗にいう「広角単焦点レンズ」が使われています。
言葉の意味はカメラーメーカーのサイトなどをご覧ください。
ニコンへのリンク

広角だと、1枚の写真で広い範囲を写せます。
記録写真としては、広く写るほど便利です。
モノとモノの位置関係がわかりやすくなるためです。

一方、広い範囲が写る分、一つ一つのモノは小さくなります。
特に中心部分のモノが極端に小さくなるため、主役が何なのかよくわからない写真になってしまいがちです。
主役が目立たないと、写真のメッセージがわかりにくくなり、広報用には使えません。
今の時代、広報用に使えない写真を撮ってばかりだと、怒られてしまうかもしれません。
参考過去記事はこちら


IMG_1509
例えばこの写真。
中心部の標識を主役だと思って撮影しました。
人間よりも背の高い、大きな標識です。
しかし、ものすごく小さく見え、存在感がありません。
パッと見て、何を撮りたかったのか、撮影者しかわかりません。

主役に接近して撮影すれば、主役が大きく写るので、「よくわからない」事態は解決できます。
ただ、ゆるキャラのステージイベントや首長の講演会など、主役に接近できない場面も多々あります。
「ズームすればいいのでは?」と思うかもしれませんが、スマホカメラだとそうはいきません。

理由2 ズームが弱い(できない)

スマートフォンのカメラに装着されているレンズは、「単焦点レンズ」と呼ばれるもので、光学的なズームができないものです。
そのため、デジタルズームという、実質トリミング&拡大表示を行っています。
これだと、ただ引き延ばしているだけなので、画質が悪化します。

理由3 暗所に弱い

随分改善されてきているものの、スマホカメラは暗所に弱いです。
撮影できないことはないにしても、ざらついた写真になってしまいます。
コンデジも暗所は苦手ですが、スマホカメラよりは綺麗に写ります。


おすすめの機種は?

安価なコンデジは操作性がよろしくなく、仕事では使えません。
そのため、若干お値段は張りますが、このあたりの製品がおすすめです。





スマートフォンだけで綺麗な写真を撮っている方も世の中にはたくさんいますが、そういった方はセンスが段違いに優れています。
広い範囲、たくさんのモノを写しながら、主役をはっきりと目立たせるのです。
俗にいう「インスタ映え」とは全く別の、美術センスの次元だろうと思います。
 

世間から遅れているイメージが強い地方公務員ですが、スマートフォン普及はなかなか速かったと思います。
今では、定年間際のおっさんでも大半がスマートフォンを使っています。
金銭的には余裕があるので、販売店に勧められるままにスマホに機種変更してしまうのでしょう。

僕の職場でも、店員さんに勧められるままに、ガラケーからiPhone8Plus(256GB)に機種変更した先輩がいます。
「カメラ機能を使うならPlusの256GB一択」と迫られたらしいです。
カモ以外の何者でもない……

スマートフォン市場は、今やiPhoneとAndroidの2強です。
僕が初めてスマートフォンを買った時は、Blackberryと国産Android端末の間でかなり迷いました。僕はサポートの関係でAndroidを選びましたが、Blackberryを使っていた友人も多数いましたね。
今となっては超少数派です。
Windows Phoneも見なくなりましたね……東京にいた頃(2013年頃)は度々見かけたのに。

地方公務員はAndoridユーザーが多め?


日本と世界におけるスマホOSシェア率分析 XERA
この記事によると、日本国内では7割弱がiPhoneユーザーらしいです。

一方地方公務員では、Androidユーザーの方が多いように思います。

少なくとも、僕のこれまで勤めてきた部署では、いずれもAndroidの方が多かったです。
理由はわかりません。


iPhoneしか使えないと将来困る?


携帯電話がiPhoneでもAndroid端末でも、仕事には関係ありません。そもそも私物ですし。
ただ個人的には、iPhoneユーザー公務員は今のうちからAndroid端末の操作にも慣れておいたほうがいいのでは?という気がしています。

今後、職場での携帯端末仕様が本格化して、各部署や職員にスマートフォンやタブレットが配布されるようになったとしたら、多分アンドロイド端末が採用されるでしょう。
理由は単純で、安いからです。


先日AndroidからiPhoneに乗り換えたばかりの僕としては、保存したデータの閲覧方法が一番の迷いどころかと思います。あとはスクリーンショットの撮り方。
正直、ググればすぐにわかるので、「慣れておく」までの対応は不要かもしれません。


オタクを自称するブログとしては「地方公務員ならBlackberryを使うべき10の理由」みたいな記事も書いてみたいところなのですが、なにぶん田舎なので端末が手に入らないんですよね……
あと、私用パソコンがMacなので、iPhoneの方が全てにおいて便利ですし。

ちなみに、日本郵政グループにはBlackberryユーザーがめちゃくちゃ多いという噂を聞いたことがあるのですが……目下調査中です。

ずっとガラケーにこだわってきた職場の後輩が、ついにスマートフォンに切り替えました。
電話代が跳ね上がるのがどうしても嫌だったものの、業務に支障が出るので、変えざるをえなかったとのこと。
要するに、仕事のために私物の携帯を機種変更したのです。

仕事にも私物を使わざるを得ない

仕事用の携帯電話が支給されるのは、首長秘書のようなずっと外出続きのごく一部の職員だけです。
大半の職員は、仕事でも私用の携帯電話を使うことになります。
 
僕のように観光イベントの仕事をするとなると、単日バイトの大学生に対しても、私用携帯番号を教えることになります。
結構な数の女子大生に携帯番号教えているはずなんですけどね……一度もワンチャンありません。
迷惑電話がかかってきたことは無いので、今のところ悪用はされていないようです。

通話以外にも使う

上司がスマートフォンに慣れてきたせいか、通話以外の機能もばんばん仕事に使うようになりました。
LINEは当たり前です。文字情報だけならSMSで十分対応できますが、画像を送りたい場合に、LINEは重宝します。
個人的にはSlackを使いたいのですが、誰も賛同してくれないでいます。

「上司からSNSの友達申請が来る」という状況は、今のところ発生していません。
端末利用に慣れるにつれ、SNSのマナーも浸透してきているようです。

そういえば最近、「ネチケット」って言葉を聞かなくなりましたね。
「毒吐きネットマナー」のバナーを貼ったホームページも、久しく見ていない気がします。



仕事上の電話は長引くことも多く、できれば仕事用の携帯電話が欲しいです。
ただ、2台持ちすると紛失しそうな気もするので、当面は私物を使うしかないかなと思っています。

以前の記事でも少し触れましたが、地方公務員におけるパソコン仕事は、Microsoft Officeを使ったデータ入力と資料作成がほとんどです。
 
ほとんどの仕事がOfficeだけで完結するとはいえ、あったら滅茶苦茶便利なソフトウェアというものもやはり存在します。
かなりハードルは高いですが、有料ソフトであっても、職場で買ってもらえることもあります。

Adobe is God.

 
例えば、Adobe Acrobat。PDFを合体させたり分割するために、一旦印刷してからスキャンするという阿呆らしい手順を踏めば、目的自体は達成できますが、Acrobatを使ってパソコン上だけで完結させる方が楽だし、見栄えも良いです。

こういうソフトは、予算制約上、買えたとしても所属内で1ライセンスまでです。
そのため、誰か一人のパソコンにインストールしておいて、Acrobatを使いたくなるたびにその人のパソコンを借りに行くことになります。

防災系の部署にいたときは、僕のパソコンが唯一のAcrobatインストール機でした。
PDFデータをいじりたい時には、みんな僕のパソコンを借りにきます。
こんな時、トラックボールマウスを使っていると、ちょっと迷惑をかけてしまうんですよね……

現在の所属では、Adobe Acrobatに加え、illustratorも保有しています。
イベントのたびにチラシを作らないといけない部署なので、たった1ライセンスとは言え、大変重宝しています。全然使いこなせていませんが……

技術職の場合


もちろん、技術系職種の方々は、いろいろな専門ソフトを使っていました。
今でも覚えているのは、「autoCAD」、「QGIS」、「カシミール3D」。

QGISは行政職の仕事でも役立ちそうなので、一度チャレンジしてみたいのですが、田舎だとインプットに使えるオープンデータが皆無なんですよね。
バス路線ベースの商圏分析とか、面白そうだなーと思いつつも、インプット用のデータを作るのは独力では無理です…… 

カードキャプターさくらクリアカード編のせいで懐中時計熱がぶり返してしまいました。
アラサーのオタク顔が使ってるとマジでキモいから駄目だという自制が働き、実行には至っていませんが……cv花江夏樹のイケメンになりたいですね。

時計繋がり?ということで、今回は地方公務員の腕時計事情について書いてみます。

腕時計は必須


地方公務員として働くうえで、腕時計は必須アイテムです。 

単に時刻を確認するだけであれば携帯電話で十分ですが、腕時計のほうが確実に素早く時刻確認できますし、携帯電話を取り出せない場面もあることから、腕時計も必要です。

加えて、スマートフォンを人前で取り出すと、相手に警戒感を与えてしまうこともあります。
アプリを使えば、無音で写真撮影や録音ができてしまいますからね。
余計なトラブルを増やさないためにも、時刻確認しかできないアナクロなデバイスとして、腕時計は必須です。

高級時計は自粛するほうが無難?

周りを見ていますと、2〜3万円の国産時計が、どの年齢でもボリュームゾーンかと思われます。
 
公務員は質素に暮らすべきだと考えていて、高級品をひとつでも身につけていると糾弾してくる方が一定数いることから、腕時計に限らず装飾品にこだわりすぎると、身を滅ぼす(滅ぼされる)おそれがあるんですよね。

そのため、この価格帯のものを選んでいるのだろうと思われます。
 
「隠れオメガ」みたいな、高級ブランドっぽくない高級ブランド時計を使ってる方もいます。

ちなみに僕はSEIKOのWIREDを使っています。お値段は2万円ちょっと。
いつかはLongines(ロンジン)を使ってみたいのですが、地方公務員の給与では絶対手が出せません…… 
 

「Gショックは社会人向きではない」という流説

就職活動の心得として「Gショックはダメ、社会人としての常識に欠ける」と説かれていますが、就職してからは関係ないと思います。
公務員の場合、土木や防災のような大自然に出て行く職種であれば、むしろGショックがベストでしょう。
 
個人的には、スーツにあんまり似合わないと思っているので、使うならクールビズ期間限りかなと思いますが……完全に好みの次元です。

ちなみに、スマートウォッチを使ってる地方公務員は見たことがありません。
そもそも田舎なので売ってないので、使いようがないわけですが……都庁職員あたりは使ってるのでしょうか?

このページのトップヘ