キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: 公務員の仕事術

そろそろ上司から「食品衛生責任者の講習に行ってこい」と指示される職員もいるのでは?
ほぼ一日潰れて、しかも自腹で8,000円払わされるのは無駄だと思う方も多いでしょう。
僕としては、いい勉強になるので自腹でも行っておいたほうがいいと思っています。

食べ物を取り扱うために絶対必要な資格

食品や料理を提供するには、食品衛生法に基づく営業許可が必要です。
営業許可を得るための条件の一つに、この「食品衛生責任者」資格保有者を確保することがあります。
つまり、食品や料理を提供するために、絶対必要な資格です。
詳細はこちら。

講習を1日受講すればだれでも取得できます。試験はありません。
ただ、講習会は定員を設けていることが多く、満席で受講できないケースがよくあります。
特に年度初めは要注意です。就職や異動で資格が必要になった人が押し寄せます。
 
野外フェスの出店のような一時的な販売でも必要で、小売・飲食業に携わる方なら免許証レベルに必須の資格です。
(調理しているお兄さんお姉さんの誰かが本資格を保有しているはず。)

特に東京が厳しい

最近、東京都の食品関係衛生指導がものすごく厳しくなっています。
これまではグレーゾーンだった部分が細かくルール化されてチェックが厳しくなっただけでなく、ルールとして明文化されていなくとも、指導担当職員の裁量で色々な制限を課されるようになりました。
補足資料提出くらいなら面倒なだけで済みますが、自主検査のような費用の嵩むオーダーもあるとのこと。

自治体職員でも、首都圏の屋外イベントに出店したことのある方なら、痛い目を見た経験があるかもしれません。
例年通りの準備をして臨んだら、あれこれと注文をつけられ、既決予算では賄いきれず参加中止……とか。
昨年度よく聞いた話です。

食品衛生責任者についてもオーダーが厳しくなっています。
最近は「食品衛生責任者の売場常駐」を求めるイベントが増えてきています。

これまではイベント開始前に食品衛生責任者が現地チェックすれば常駐までは不要なパターンがほとんどでした。
常駐を求められると、食品衛生責任者の拘束時間が長くなり、人件費が嵩みます。
長時間のイベントだと、休憩回しのためにもう一名追加で必要になります。
人件費は事後的に手当てできますが、食品衛生責任者の頭数を増やすのは、急には対応できません。


東京都の規制強化路線は、オリンピック・パラリンピックを見据えての判断なのでしょう。
ということは、オリンピック会場になりうる関東圏全域には、少なくとも広がっていくと思われます。

食品衛生の知識が身を助く?

自治体職員が食品衛生責任者資格を取得するメリットは、大きく2つあります。

一つは頭数の確保。
とにかく人数が必要とされる資格になってしまったので、とりあえず取っておくだけでも安心感があります。

もう一つは、食品衛生の知識が今重要だから。
東京と田舎とでは、食品衛生への意識が全く異なります。雲泥の差です。
例えばHACCP。都内では既に、取得していないと正規ルートの流通に乗れないようですが、田舎ではまだまだ全然対応できていません。

今後は東京基準(厳しい)がスタンダードになっていくでしょう。
早く東京基準に対応していかないと、首都圏の販路を失います。いち早く対応した業者に取引先を奪われます。
 
役所としても、生産者の食品衛生リテラシーの向上が喫緊の課題です。
既に取り組んでいる自治体もたくさんありますし、この記事を読んで「2年遅い」とせせら笑っている職員も多いでしょう。
ただ、対応できていない自治体も多いと聞きます。

まずは職員が食品衛生について勉強しなければいけません。
そのための端緒として、食品衛生責任者の講習会が役立ちます。

どこの自治体でも定期的に講習会を開催しているので、調べてみてはどうでしょうか?

役所の仕事は内部のローカルルールに縛られることが多く、入庁前の経験が実務に役立つ場面はなかなかありません。

それでも即戦力となるスキルを見つけました。茶道と華道です。 

手っ取り早く日本っぽい

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、どこの自治体もインバウンド対応に奔走しています。
インバウンド向けの旅行モデルコース策定とか、観光施設でのインバウンド向け体験メニュー整備とか……

茶道や華道は、外国人が抱く日本のイメージと合致し、ウケが良いです。
そのため、インバウンドに関係する事業では、なるべく取り入れたいと考えます。
着物や浴衣の着付けなんかも定番ですね。

茶道や華道に詳しい職員は少ないです。
少しでも知識を持っていると重宝されます。
全然関係ない部署に所属していても応援要請があるくらいです。

どこだったかは忘れましたが、知事自ら茶道に取り組んでいる自治体もあると聞きます。
それくらい注目されているのです。

面接では要注意

採用面接でも、茶道・華道経験は良いアピールネタになると思います。
ただし、極力平易な言葉で、わかりやすく話さなければいけません。

専門的な話をわかりやすく説明する能力は、公務員実務に必須です。
面接でも重視されているでしょう。
参考:地方公務員にコミュニケーション能力は必要なのか?

前提知識の無い相手に対して、茶道や華道を説明するのは難しいです。
  • 専門用語が多い
  • 精神論も多い
  • 日常生活とは関係のない
この辺りのハードルをいかに処理するか、面接官としたら気になるところ。
説明能力を測る絶好のチャンスです。

エントリーシートに茶道や華道の文字が入っていたら、面接官は多分食いつきます。
専門用語をなるべく使わず、日常生活に絡めて、わかりやすい説明を事前に用意しておいた方が無難でしょう。

地方公務員には武道経験者が結構多いです。
武道やると公務員になりたくなるというよりは、武道の道を志すタイプと、公務員を選ぶタイプが、性格的に被っているのだと思っています。

指導者ニーズ高し

教員多忙化の解消策として、部活動指導者として外部人材の登用が必要だと昨今叫ばれています。
地方公務員はこの外部人材にぴったりです。
遠くへは転勤しないので長く続けてもらえますし、土日はだいたい休みですし、何より学校側の事情を(少なくとも民間企業勤の人よりは)理解してくれます。

外部人材の中でも、武道は需要が高いです。
「道」の部分(精神論)や、専門的な技術の話など、体育教師では指導しきれない分野が多いからです。

公務員稼業そのものには、武道経験は活きません。
しかし、武道経験のある地方公務員はニーズが高いです。
�外部の部活動指導人材として適任なのです。

地方公務員として働くなら、武道経験があることを公表するかどうか、慎重に考えた方がいいでしょう。
学校部活動に関わりたくないのなら、隠し通した方が無難です。

部活動の指導に興味があるけど教員になるのはちょっと……という方は、地方公務員オススメです。
武道に限らず、地方公務員が外部指導者を務めているケースは結構見聞きします。

観光部局を経験したオタクとして、自治体のアニメタイアップネタは絶対書かなきゃと思ってはいるものの、難航しています。
ここ半年くらい書いては消してを繰り返してきました。

とうとう観光部局から異動になってしまったので、ここで一回切り上げて投稿します。
現時点でのまとめです。もっといい展開が思いついたら加筆修正していきます。


アニメタイアップは難しい

ここ最近、アニメとタイアップした地域振興や観光誘客が下火になってきているような気がしています。
一見簡単なようで実際は非常に難しいことが知れ渡ってきたのでしょうか?

短期的にオタクを呼び寄せるだけなら簡単です。
声優さんを呼んだイベントを開催したり、駅近物件でコラボカフェを期間限定で開いて限定グッズを配布すれば、大抵集まります。

ただ、これだけだと地域は潤いません。
アニメの版権側の取り分が大きく、地元業者はほとんど稼げないでしょうし、何より一時的な盛り上がりで終わります。持続性がありません。

アニメをきっかけに来訪した新規観光客に対しては、本地域の魅力を最大限PRすることを通して、アニメ効果抜きでもリピートしてもらえるよう、努めてまいりたい」

あえて議会答弁風に書いてみました。
こういうふうに考えている自治体も多いでしょうが、実際は難しいです。

オタクは浮気性な存在です。
新しいアニメが始まったら、そちらに気を取られてしまいます。
舞台となった土地に足を運んで一泊2日で観光したくらいでは、よほど印象に残らない限り、忘れてしまいます。

オタクの心を掴むには?

どうやったらオタクにリピートしてもらえるのか?
僕もずっと考えているところです。

僕自身、そこそこ聖地巡礼(アニメの舞台となった地域を実際に訪問すること)しているほうですが、また行きたいところもあれば、もういいやと思うところもあります。
その違いは何なのか?自分にもよくわかりません。

インフルエンサーオタクは必ず取り込む


イラストレーターや評論家(空想家)のようなインフルエンサーのオタクを早々に取り込んでおくことが重要なのは、断言できます。
こういう人たちに好かれる作品は、寿命が伸びます。

通常のアニメ作品は、テレビオンエアが終わると、一気に話題に上らなくなります。
話題にならなくなると、どんどん忘れられていきます。

しかし、インフルエンサーのオタクがイラストや評論を投稿しているうちは、作品がオタクの目に触れます。定期的にリマインドされることで、オタクの記憶に残ります。

しかも、俗にいう単純接触効果も働きます。
「放送当時は興味が無かったけど、頻繁にイラストが流れてくるこの作品、今になって気になってきたな……」という経験。オタクならわかってもらえると思います。

インフルエンサーのオタクを取り込むにはどうすればいいのか?
これは作品次第です。地域サイドで取り組める対策は、今のところ思いつきません。
「我々もこの作品好きだぜ!」とアピールするくらいでしょうか?


アニメツーリズム関係の記事には、「ファン同士の交流の場として定着する段階までいけば成功」というゴール設定が多いように思います。
これは僕も全面的に同意です。

難しいのは、そこに至るまでの過程。
「地域が自主的に、アニメファン向け集客策(イベントなど)を地道に続けることが肝要」という分析が主流のようですが、これには正直物足りなさを感じます。

観光イベントの現場に出ると、僕が明らかにオタク顔なせいか、いろんなジャンルのオタクから話しかけられました。
普通の職員からすると、彼らはめんどくさい相手でしょうが、僕は良いお客さんだと思っています。
淡々とお金を落としてくれるし、リピート率も高いからです。

何回かに分けて、オタク観光客とのコミュニケーション方法を書いていきます。
まずは交通系のオタクです。 

交通系オタクは地方公務員とのコミュニケーションを欲している 

交通機関に興味津々なオタクは、時代を超えてたくさんいます。
鉄道オタクが特に有名ですが、バスオタクや道オタクも相当数います。

彼らは古き良きオタクです。
若年アニメオタクのようにつるんで騒ぎたいというよりは、自分の知識欲や収集欲に忠実なタイプです。

大抵の情報がインターネットで簡単に手に入る今の時代、彼らの関心は地元民しか知らないローカル情報にシフトしています。
混雑状況、利用者層の割合、便数やルート等の推移あたりが特に人気の情報でしょうか。

鉄道やバスを乗りつぶしつつ、沿線住民からローカルな情報を仕入れる。
これが交通系オタクの旅行スタイルです。

彼らにとって、地方公務員は貴重な情報源です。
観光客への対応は公務員の立派な仕事という認識なので、遠慮なく長々と質問してきます。

交通系オタクには丁寧に対応したほうがいい

ここまで読んだ大半の方が「めんどくさいな」と思っていることでしょう。
しかし、観光振興の観点からは、彼らを丁重にもてなしたほうがいいと思います。

彼らはちょっとしたインフルエンサーです。
旅の様子をまめに記録してブログやSNSに載せてくれます。

地方公務員の対応状況も、もちろん旅行の一幕として触れてきます。
楽しげにすらすらと答えてくれたら高評価するでしょうし、冷たくあしらわれたらネガティブに評価するでしょう。

一個人のアカウントとはいえ、反響がどこまで広がるかは予想できません。
なるべく好印象を与えたほうがいいに決まっています。

楽しげに答えるのが最重要

交通系オタクの質問は難しいものばかりです。
彼らの質問に全て対応できるよう勉強しようとすると、きりがありません。
 
そのため
  • 彼らの質問内容を理解できるよう、路線名のような固有名詞をしっかり覚えておく
  • 交通機関にまつわる体験談のような楽しいエピソードをストックする
あたりの対策がコスパ的にも有効だと思います。

何より重要なのが、「私もその交通機関が好きなんですよ」という雰囲気を伝えること。
誰だって、自分が好きなものを肯定されると嬉しいものです。

中国地方の人間としては、いまのうちに「サンライズ瀬戸・出雲」に乗っておきたいところ。 

このページのトップヘ