キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: 公務員の仕事術

観光部局を経験したオタクとして、自治体のアニメタイアップネタは絶対書かなきゃと思ってはいるものの、難航しています。
ここ半年くらい書いては消してを繰り返してきました。

とうとう観光部局から異動になってしまったので、ここで一回切り上げて投稿します。
現時点でのまとめです。もっといい展開が思いついたら加筆修正していきます。


アニメタイアップは難しい

ここ最近、アニメとタイアップした地域振興や観光誘客が下火になってきているような気がしています。
一見簡単なようで実際は非常に難しいことが知れ渡ってきたのでしょうか?

短期的にオタクを呼び寄せるだけなら簡単です。
声優さんを呼んだイベントを開催したり、駅近物件でコラボカフェを期間限定で開いて限定グッズを配布すれば、大抵集まります。

ただ、これだけだと地域は潤いません。
アニメの版権側の取り分が大きく、地元業者はほとんど稼げないでしょうし、何より一時的な盛り上がりで終わります。持続性がありません。

アニメをきっかけに来訪した新規観光客に対しては、本地域の魅力を最大限PRすることを通して、アニメ効果抜きでもリピートしてもらえるよう、努めてまいりたい」

あえて議会答弁風に書いてみました。
こういうふうに考えている自治体も多いでしょうが、実際は難しいです。

オタクは浮気性な存在です。
新しいアニメが始まったら、そちらに気を取られてしまいます。
舞台となった土地に足を運んで一泊2日で観光したくらいでは、よほど印象に残らない限り、忘れてしまいます。

オタクの心を掴むには?

どうやったらオタクにリピートしてもらえるのか?
僕もずっと考えているところです。

僕自身、そこそこ聖地巡礼(アニメの舞台となった地域を実際に訪問すること)しているほうですが、また行きたいところもあれば、もういいやと思うところもあります。
その違いは何なのか?自分にもよくわかりません。

インフルエンサーオタクは必ず取り込む


イラストレーターや評論家(空想家)のようなインフルエンサーのオタクを早々に取り込んでおくことが重要なのは、断言できます。
こういう人たちに好かれる作品は、寿命が伸びます。

通常のアニメ作品は、テレビオンエアが終わると、一気に話題に上らなくなります。
話題にならなくなると、どんどん忘れられていきます。

しかし、インフルエンサーのオタクがイラストや評論を投稿しているうちは、作品がオタクの目に触れます。定期的にリマインドされることで、オタクの記憶に残ります。

しかも、俗にいう単純接触効果も働きます。
「放送当時は興味が無かったけど、頻繁にイラストが流れてくるこの作品、今になって気になってきたな……」という経験。オタクならわかってもらえると思います。

インフルエンサーのオタクを取り込むにはどうすればいいのか?
これは作品次第です。地域サイドで取り組める対策は、今のところ思いつきません。
「我々もこの作品好きだぜ!」とアピールするくらいでしょうか?


アニメツーリズム関係の記事には、「ファン同士の交流の場として定着する段階までいけば成功」というゴール設定が多いように思います。
これは僕も全面的に同意です。

難しいのは、そこに至るまでの過程。
「地域が自主的に、アニメファン向け集客策(イベントなど)を地道に続けることが肝要」という分析が主流のようですが、これには正直物足りなさを感じます。

観光イベントの現場に出ると、僕が明らかにオタク顔なせいか、いろんなジャンルのオタクから話しかけられました。
普通の職員からすると、彼らはめんどくさい相手でしょうが、僕は良いお客さんだと思っています。
淡々とお金を落としてくれるし、リピート率も高いからです。

何回かに分けて、オタク観光客とのコミュニケーション方法を書いていきます。
まずは交通系のオタクです。 

交通系オタクは地方公務員とのコミュニケーションを欲している 

交通機関に興味津々なオタクは、時代を超えてたくさんいます。
鉄道オタクが特に有名ですが、バスオタクや道オタクも相当数います。

彼らは古き良きオタクです。
若年アニメオタクのようにつるんで騒ぎたいというよりは、自分の知識欲や収集欲に忠実なタイプです。

大抵の情報がインターネットで簡単に手に入る今の時代、彼らの関心は地元民しか知らないローカル情報にシフトしています。
混雑状況、利用者層の割合、便数やルート等の推移あたりが特に人気の情報でしょうか。

鉄道やバスを乗りつぶしつつ、沿線住民からローカルな情報を仕入れる。
これが交通系オタクの旅行スタイルです。

彼らにとって、地方公務員は貴重な情報源です。
観光客への対応は公務員の立派な仕事という認識なので、遠慮なく長々と質問してきます。

交通系オタクには丁寧に対応したほうがいい

ここまで読んだ大半の方が「めんどくさいな」と思っていることでしょう。
しかし、観光振興の観点からは、彼らを丁重にもてなしたほうがいいと思います。

彼らはちょっとしたインフルエンサーです。
旅の様子をまめに記録してブログやSNSに載せてくれます。

地方公務員の対応状況も、もちろん旅行の一幕として触れてきます。
楽しげにすらすらと答えてくれたら高評価するでしょうし、冷たくあしらわれたらネガティブに評価するでしょう。

一個人のアカウントとはいえ、反響がどこまで広がるかは予想できません。
なるべく好印象を与えたほうがいいに決まっています。

楽しげに答えるのが最重要

交通系オタクの質問は難しいものばかりです。
彼らの質問に全て対応できるよう勉強しようとすると、きりがありません。
 
そのため
  • 彼らの質問内容を理解できるよう、路線名のような固有名詞をしっかり覚えておく
  • 交通機関にまつわる体験談のような楽しいエピソードをストックする
あたりの対策がコスパ的にも有効だと思います。

何より重要なのが、「私もその交通機関が好きなんですよ」という雰囲気を伝えること。
誰だって、自分が好きなものを肯定されると嬉しいものです。

中国地方の人間としては、いまのうちに「サンライズ瀬戸・出雲」に乗っておきたいところ。 

自己啓発ならとりあえず宅建がモットーの当ブログなのですが、最近は決算書の読み方も重要と思っています。

決算書をはじめ企業会計の知識は、いつの世も自己啓発の定番。
書店に溢れる「決算書が読める!」系の書籍をみれば明らかです。

企業会計の中でも入門編に位置付けられるのが簿記です。
とりあえず簿記2級をとってからステップアップ!みたいな風潮があります。

ただ、地方公務員に限っていえば、簿記を勉強せずにいきなり決算書の読み方を勉強すればいいと思います。

簿記は決算書を作るための知識です。
勿論、作り方を知っている方がより深く決算書を読めるのでしょうが、地方公務員にはそこまで高度な読込は求められません。
そのため、簿記を勉強するよりも、実際に決算書を読んで勘所を抑える方が効率的だろうと思います。

公務員を縛るのは公会計という独自ルール

役所にも経理業務はあります。
ただし、民間企業とはルール体系が異なります。

「統一的な基準による地方公会計マニュアル」p.3より抜粋
平成27年1月 総務省
http://www.soumu.go.jp/main_content/000335891.pdf

お金をどう使ったかを細かく整理している「企業会計」に対し、お金をどう使うかを細かく決めているのが「公会計」といえるでしょう。

公会計でも決算書類のようなものを作りますが、企業会計とは中身も作り方が全く違います。
そのため「企業会計の決算書を作るための知識」である簿記が活きないのです。

会計学の観点から公会計を考えたい等、真剣に公会計に向かい合いたいなら簿記知識も必要でしょうが、少なくとも実務には役立ちません。

出向という罠

ただし、役所の外へと出向すると状況は一変します。
公社や第三セクター、○○協会、○○連盟等々……出向先はいろいろありますが、いったん役所の外に出てしまうと、当然ながら企業会計のルールに縛られます。

出向先で経理担当に配属されると、民間企業並みの決算書類を作ることになります。
こうなると、簿記知識は必須です。

出向先の経理担当を経験する地方公務員は、ごくごくわずかです。
定年まで一度も担当せずに役所人生を終える職員が大多数でしょう。
そのため、事前に勉強しておく必要性は薄いと思います。

決算書を作る業務とは滅多に巡り合わない一方で、決算書を読む業務とはいろんな部署で遭遇します。 
実態は別記事にて紹介します。

名著には、大きく分けて2種類あると思っています。
一つは何度も繰り返し読んで人生の糧とする本。
もう一つは誰もが一度読むべき本です。

今回紹介する『悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術』は、後者の名著です。

悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術 [ 小田 順子 ]
悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術 [ 小田 順子 ]
 

公務員以外の大半の人間にとって、公務員の書く文章は読みにくいです。
原因はいろいろありますが、中でも大きいのが過度な一犠牲追求。

誤解やクレームを警戒するあまり、文章の解釈の幅を狭めようとする結果、修飾語てんこ盛りの長文&複文構造が生まれてしまいます。

受け手の誤解予防のための配慮の結果、かえって読み手に不親切な文章になってしまうのです。

本書はこういう役所特有の読みづらい文章をなんとかしたい方向けの指南本です。

【第2章 正確な理解がお互いの手間を省く 手続きの説明文の書き方】
・対象者で条件分岐する
・なくても意味が通じる言葉は削る
・専門用語は置き換える
・二重否定は使わない
・「未満」は避ける
・使える! 基本フォーマット-記事作成シート 

学陽書房ホームページ http://www.gakuyo.co.jp/book/b245527.html より


公式サイトから目次を引用しました。
こういった具体的なノウハウが満載の1冊です。

ガチガチの役所文を一通り身につけた後、入庁3年目くらいの職員は全員必読だと思います。
 

ツイッターで時々話題に上っている「メール送りました」という電話連絡。
コメントを見ていると「無意味だ」という愚痴が大半ですね。

相手がちゃんと見てくれたか、意図が正しく伝わっているか、気分を害していないか……等々。
メールだけでの連絡だと、発信者には不安が残ります。
不安を解消するためには、直接声を聞くしかありません。

こういう発信者側の不安を解消するためだけの電話は、受信者側にとっては無駄迷惑です。
愚痴って当然です。

ただ、メールと電話を併用してもいい場面も、例外的に存在すると思います。
 

メールは相手想いの連絡ツール

メールと電話を比較すると、メールには
自分の時間と労力を犠牲にする代わりに、相手の時間と労力を節約する
という特徴があると思っています。

発信者側としては、メールよりも電話の方が楽です。
全く同じ文面を伝えるにしても、キーボードで文章を入力するよりも電話で喋った方が圧倒的に早いです。
一方、受信者側は、電話の方が面倒です。
現在進行中の作業を中断させられますし、電話対応する時間を拘束されます。
ものによっては、伝達内容をメモして改めて文章化しなければいけません。

メールの場合は逆です。
発信者が「文面作成」という手間と時間を費やすことで、受信者側の負担が軽減されます。

メールと電話を併用すると、どちらのメリットも潰れてしまいます。
発信者・受信者ともに手間と時間を費やしてしまうのです。

コストをかけるべき場面

この通り、電話とメールの併用はものすごく高コストな伝達形態です。
これだけの高コストを費やすべき場面に限り、電話とメールの併用が許されると思います。

ものすごく急いでいる相手への連絡

まず思いつくのが、ものすごく急いでいる相手への連絡です。
コストをかけてでもいち早く連絡が欲しい場合は、仕方ありません。
この場合、電話は「データ送った!」くらいの簡潔な内容で済むので、コスト自体もあんまりかからないでしょう。

本音を伝える

地方公務員が送受信するメールは公文書です。公文書公開請求されたら開示しなければいけません。
そのため、コストをかけてでも隠したい情報は電話で伝えざるを得ません。

議員さんの思いつきで、「一日に何回caps lockキーを押しているか」を庁内各部署に照会するとしましょう。

目的は、新たに購入する職員用パソコンの機種を選ぶためです。
連絡する相手先が多いので、メールで一斉に照会します。

「新たに購入する職員用パソコンの機種を選ぶための調査です。一日に何回caps lockキーを押しているか、部署内の職員分取りまとめて報告してください。」

この文面がいきなり送られてきたら、受信者側は無視するか、怒りのメールを返してくるでしょう。
荒唐無稽すぎます。

協力してもらうためには、「〇〇議員から『どうしても調べよ』と強く指示されている」「ただのアリバイ作りなので適当でいい」という背景を伝えなければいけません。

ただし、この背景をメール本文で一緒に伝えるわけにはいきません。
「議員の思いつきで全庁調査しました」「適当でいい」なんて内容、公文書に残せないからです。

そのため、照会メールを送ったあとで、
「先ほどのメールなんですけど、ご迷惑おかけして申し訳ないんですが、〇〇議員がどうしてもやれって聞かなくて……適当でいいので協力して……」という電話をして背景を伝えなければいけません。

メールを見ない・文章理解能力が低い・電話しないと怒る相手への連絡

こういう相手に対しては、とにかく情報を伝えることが重要です。コストどうこうを考える余裕はありません。

「メール電話併用」以上の問題

冒頭で安心するためだけの電話は無駄だと書きましたが、僕は大して問題視していません。
時間のロスがあるとしても数分ですし。

それよりもっと問題なのが、メールの文面が意味不明すぎて受信者側から委細を聞き取りしなければいけないケースです。
「送ります、ご確認ください」という本文にPDFファイルを10個くらい添付してくるとか。
「中身を見て、使いたい補助金があったら、各自申請してください」みたいに具体的に書けばいいものを……

人事担当の方。
もしこの記事を見ていたら、メールの書き方を研修でしっかり教えませんか?
相当良い働き方改革になると思います。 
参考:国家公務員(一般職)と地方公務員の能力差とは?一番でかいのはメール作文能力だと思う
 

このページのトップヘ