キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: オタク

観光部局を経験したオタクとして、自治体のアニメタイアップネタは絶対書かなきゃと思ってはいるものの、難航しています。
ここ半年くらい書いては消してを繰り返してきました。

とうとう観光部局から異動になってしまったので、ここで一回切り上げて投稿します。
現時点でのまとめです。もっといい展開が思いついたら加筆修正していきます。


アニメタイアップは難しい

ここ最近、アニメとタイアップした地域振興や観光誘客が下火になってきているような気がしています。
一見簡単なようで実際は非常に難しいことが知れ渡ってきたのでしょうか?

短期的にオタクを呼び寄せるだけなら簡単です。
声優さんを呼んだイベントを開催したり、駅近物件でコラボカフェを期間限定で開いて限定グッズを配布すれば、大抵集まります。

ただ、これだけだと地域は潤いません。
アニメの版権側の取り分が大きく、地元業者はほとんど稼げないでしょうし、何より一時的な盛り上がりで終わります。持続性がありません。

アニメをきっかけに来訪した新規観光客に対しては、本地域の魅力を最大限PRすることを通して、アニメ効果抜きでもリピートしてもらえるよう、努めてまいりたい」

あえて議会答弁風に書いてみました。
こういうふうに考えている自治体も多いでしょうが、実際は難しいです。

オタクは浮気性な存在です。
新しいアニメが始まったら、そちらに気を取られてしまいます。
舞台となった土地に足を運んで一泊2日で観光したくらいでは、よほど印象に残らない限り、忘れてしまいます。

オタクの心を掴むには?

どうやったらオタクにリピートしてもらえるのか?
僕もずっと考えているところです。

僕自身、そこそこ聖地巡礼(アニメの舞台となった地域を実際に訪問すること)しているほうですが、また行きたいところもあれば、もういいやと思うところもあります。
その違いは何なのか?自分にもよくわかりません。

インフルエンサーオタクは必ず取り込む


イラストレーターや評論家(空想家)のようなインフルエンサーのオタクを早々に取り込んでおくことが重要なのは、断言できます。
こういう人たちに好かれる作品は、寿命が伸びます。

通常のアニメ作品は、テレビオンエアが終わると、一気に話題に上らなくなります。
話題にならなくなると、どんどん忘れられていきます。

しかし、インフルエンサーのオタクがイラストや評論を投稿しているうちは、作品がオタクの目に触れます。定期的にリマインドされることで、オタクの記憶に残ります。

しかも、俗にいう単純接触効果も働きます。
「放送当時は興味が無かったけど、頻繁にイラストが流れてくるこの作品、今になって気になってきたな……」という経験。オタクならわかってもらえると思います。

インフルエンサーのオタクを取り込むにはどうすればいいのか?
これは作品次第です。地域サイドで取り組める対策は、今のところ思いつきません。
「我々もこの作品好きだぜ!」とアピールするくらいでしょうか?


アニメツーリズム関係の記事には、「ファン同士の交流の場として定着する段階までいけば成功」というゴール設定が多いように思います。
これは僕も全面的に同意です。

難しいのは、そこに至るまでの過程。
「地域が自主的に、アニメファン向け集客策(イベントなど)を地道に続けることが肝要」という分析が主流のようですが、これには正直物足りなさを感じます。

令和初の記事がオタクネタという残念な当ブログですが、これからも末長くよろしくお願いします。

今回取り上げるのは『五等分の花嫁』です。
最近の展開がアツすぎるのと、アツすぎるあまり近いうちに完結しそうなので、このタイミングで紹介します。
 
面白い作品は完結後に一気読みしても勿論面白いのですが、本作は絶対リアルタイムで完結を迎えたほうがより楽しめます。
というか、現世に生きながらリアルタイムで楽しまないと損です。断言します。


作品概要は公式ページをどうぞ。



以下、ネタバレしない程度に本作の魅力を紹介していきます。

非典型的だけど正統派なラブコメ


本作の面白さは、謎解き要素テンポの速さ、そして五つ子要素にあると思います。

謎解き要素ーー花嫁は誰?

本作のゴールは決まっています。
五つ子ヒロインの誰かと主人公が結婚します。
そこに至るまでの過程が本編の中身です。

五つ子のうちの誰と結婚するのかは、わかりません。
小出しにヒントを与えられながらも、決定的な手がかりは今のところありません。

常に関係性が変化していくーー展開の速さ

しかも、展開が速く、状況がコロコロ変わります。
ヒロインを順番に取り上げていく、ラブコメあるあるな輪番制ではありません。
ラブコメ作品に詳しいオタクでも先が読めないどころか、オタクほど予想を裏切られます。これまでの読書経験が通用しないのです。

関係性の矢印が輻輳するーー五つ子要素

本作のヒロインが五つ子であるという設定が、さらに作品を面白くします。
よくあるラブコメ作品では、ヒロイン同士の関係はあまり深くありません。
一方本作のヒロインは五つ子で、物語開始時点からものすごく深い関係が出来上がっています。

ラブコメの本題は、主人公とヒロインの関係性です。
最近は百合ブームもあってヒロイン感の関係性も注目されていますが、あくまでもサブテーマです。メインは主人公とヒロイン。

本作では、もともとヒロイン間の関係性がしっかり出来上がっているため、メインテーマの主人公とヒロインの関係と、サブテーマであるヒロイン間の関係が、緊密に結びついています。
つまり、何をするにしても、主人公+五つ子の六角関係になるのです。
 
本作はこれまでのところ、六角関係を見事に描いています。
着地点をどうするのか本当に難しいところですが、きっと綺麗に描き切ってくれると信じています。

終わりないループに囚われたオタク達

六角関係にもなると、一読しただけでは理解しきれません。何度読んでも新たな発見があります。
再読の楽しみがあるのも、本作の魅力です。

読者は「一体勝者は誰なんだ」とモヤモヤさせられています。
モヤモヤを解消すべく再読すると、新たな発見があります。
その発見のせいで新たな説が脳内に芽生え、新たなモヤモヤが生じます。無限ループです。

繰り返しになりますが、完結してしまった後では、このモヤモヤ感を味わえません。
リアルタイム読者だけの特権です。

あと、マガジン連載なのにサービスシーンが少ないのも僕的には高評価です。
本筋に関係ないお色気は不要論者なので。

大型連休後半に差し掛かり、正直暇を持て余している人も多いのでは?
外出する元気は無いけど有意義に過ごしたいとお考えなら、『五等分の花嫁』おすすめです。

タイトルの意味が気になる方は、是非原作コミックスを読んでみてください。
原作です。アニメのほうはそこまで行かないので……

「かぐや様は告らせたい」と同じく、本作もアニメ化された部分よりも先が面白いです。

そろそろ記事ストックが尽きてきたし書き足さないとなーと思いつつも全然進んでいません
原因は劇場版ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow。
封切り早々に見に行ってきて以来、二次創作熱が再燃してしまい、地方公務員どころではないんです。


劇場版シングルも全部発売されたことですし、そろそろネタバレ書いても許される頃合いでしょう。
このブログの更新が止まったら、沼に沈んだんだなと思ってください。

以下、ネタバレ全開です。






サンシャインは難解な作品

TV版からずっと思ってきましたが、サンシャインって描かなきゃいけないもの、ファンから期待されているものが多すぎるんですよね。
ざっと思いつくだけでも、これくらいはあるでしょう。
 
  • 時間的に繋がってる路線(雪穂&亜里沙も出てくる)
  • ポストμ’s世界のスクールアイドル界隈
  • 本物のアイドルとの比較路線
  • 東京・山手のお上品路線とは一風変わったマイルドヤンキー路線(1stシングルはこういう路線だったと思う)
  • 廃校とガチで向き合う路線
  • 学校を超えた地域話
  • 海辺という地理要素を活用路線

これらは多岐にわたりすぎていて、一本のストーリーにまとめ上げるのは至極困難。
制作サイドとしては、どれか一要素に集中するという決断もできたでしょうが、なるべく多くの要素を取り入れる路線を選んだと思われます。
 
結果、いろいろなサブストーリーが輻輳して進んでいくことになり、何回も視聴しないと味わいきれない難解な作品になっていると思います。

例えば、国木田花丸ちゃんの「『無』ずら」という発言を掘り下げていくだけでも1クール持つんですよ。
高校の部活に全力を尽くして結果を出したところで思い出以上の何になるのか?という問いへと発展させて、その答えを断片的に1クールかけて削り出していって、最終話で悟って終了。これよくない?

要するに、「これ描くだけで1クール要るわ」という要素てんこ盛りの素材を、頑張って2クール+劇場版にまとめようとしたのが、ラブライブ!サンシャイン!!アニメシリーズなんです。

渡辺高海幼馴染問題!解決したはずでは……

本編で取り扱ったサブストーリーの一つが、渡辺曜ちゃんと高海千歌ちゃんの関係です。
ほぼ2クール全編使って丁寧に描写を重ね、最終的に良い感じに落ち着きました。オタク達は素直に安堵の涙をこぼしたものです。
不完全燃焼なサブストーリーもある中、これはかなり綺麗にまとまったと思います。
めでたしめでたし……かと思いきや、劇場版でいきなりこれを再燃させてくるんですよ。

渡辺月さんの登場です。

渡辺月さん。渡辺曜ちゃんのいとこであり、浦の星女学院の統合先である静真高校の生徒会長です。
彼女、劇場版のほぼ全編にわたりAqoursの面々に同行することになるのですが、その動機も語らなければ感想も特に無し。何考えてるかよくわからないんです。

初見時は「この子がラスボスなんだ、この子がスクールアイドル活動を、浦の星を受容することでハッピーエンドなんだ」という黒幕説にすぐ思い至ったわけですが、そういう訳でもなく……

渡辺月さんのポジションは、正直誰でもいいはずなんです。
Aqoursメンバーとの血縁関係は不要ですし、 同世代である必要もない。
あえて渡辺のいとこにしたということは、何らかのメッセージがあるはず。

ここで思い出すのが、1期11話。
渡辺曜ちゃんの「大切な人に対して本音を打ち明けられない」「同性に嫉妬しちゃう」ところが濃密に描写されます。

これです。
渡辺月さんも「大切な人に対して本音を打ち明けられない」し「同性に嫉妬しちゃう」んです。
統合先の生徒会長というポジションをあえて渡辺のいとこにすることで、新たな伏線が張られてしまったんです。


伏線放置問題

「大切な人」が誰で、嫉妬の相手は誰なのか。
これらは最初の出会いのシーンで明示されています。

曜ちゃんに対して「一緒の高校に行きたかった」という一言。これです。
あとは「君が千歌ちゃんだね」という台詞。(うろ覚え)

大切な人=渡辺曜、嫉妬の相手=高海千歌なのだろうと思われます。
「一緒の高校に行きたかった」という気持ちももちろん本音なんですが、これは氷山の一角。より強大な本音が潜んでいるはずです。
曜ちゃんと一緒の高校に通えるものと思っていたのに、幼馴染を優先して遠くの高校に行ってしまったことへの……強い感情。巨大な感情。

具体的な中身はわかりません。
本当ならここから数話使って渡辺月さんの内面を掘り下げて伏線回収していくところなんですが、残念ながらアニメシリーズはここで終わり。描かれないんです。
視聴者はあからさまに伏線を目の当たりにするも、永遠にお預けを食らったままなんです。

しかも声を演じるのが黒沢ともよさん。
巨大な感情を演じることにおいて随一の配役です。
渡辺月さんの感情爆発シーンがあるとすれば傑作間違いなし。
それなのにお預けなのです。

 

本当にモヤモヤする映画です。いい意味で。

このモヤモヤを少しでも紛らすための唯一の手段が二次創作です。
現時点では創作というより分析でしょうか。
渡辺月さんの巨大感情について、あらゆる可能性を探っています。

ツイッターを見ていると、自分みたいなオタクが結構発生しているようで心強い限りです。
140字ギリギリツイートのぶつけ合い、やっぱ楽しい。


ゾンビランドサガ、最終回まで神作でした。
自治体コラボアニメという観点から見ても、本作は間違いなく伝説になりました。

佐賀じゃなくてもできるのに、佐賀抜きでは成り立ち得ない 

「ゾンビランドサガ」のメインテーマは、ゾンビの方にあります。
佐賀県ご当地ネタがふんだんに盛り込まれてはいるものの、ストーリー展開上必須かといえば、そうではありません。
極端な話、「ゾンビランドシガ(滋賀)」でも、「ゾンビランドカガ(加賀)」でも、同じくらい面白く、話題になったでしょう。
もっと極端にいうと、架空の街でも問題なかったはずです。

お話がしっかり出来上がっているところにご当地要素を詰め込もうとすると、不自然になります。
作中人物の感情や言動と、ご当地要素が衝突するのです。

特に、有名な観光地や名産品を無理矢理入れると、ものすごく浮きます。
かつてはこの浮きっぷりが逆に話題になって功を奏したこともありました。

しかし、最近は逆です。
ノルマのように詰め込まれたご当地要素を見ると、オタクは萎えてしまいます。
「聖地巡礼してね」「お金落としてね」というメッセージが見え透いているのです。


そんな中、「ゾンビランドサガ」は、ご当地要素とメインテーマ(ゾンビ)を見事にマッチさせ、ご当地要素を活用しながらストーリーを展開しました。
無くてもいいはずの佐賀要素を上手く調理して、展開に不可欠なパーツへと仕上げているのです。
ドライブイン鳥の使い方は、本当に見事でした。

もし「ゾンビランドシガ」だったとしても、琵琶湖や彦根城をうまく使って、それはそれで神作品になったことでしょう。
ここまでうまくいったのは、ひとえにスタッフの力量だと思います。

ゾンビという死後の存在を題材にしたアニメに表立って協力する決断をした佐賀県にも感服です。
うちの自治体だったら「寺社仏閣から苦情がくるから絶対だめ」と即断されそう。

「色づく世界の明日から」と比べて

同じく2018年秋クールに放送された、これまた同じく九州地方(長崎県)を舞台にしたアニメ「色づく世界の明日から」は、「ゾンビランドサガ」とは異なり、長崎舞台でないと描き得ない作品でした。

  • 出島があった名残で西洋イメージが強く、「魔法」が出てきても違和感ない
  • 舞台を色彩豊かにするための「海」「広い空」「夜景」が揃っている
  • 60年後でもあんまり街が変わっていなさそう(都会すぎない)

パッと思いついたものを列記してみました。
どれが欠けたとしても、本作は成り立ちません。

新感覚ご当地アニメ

これまでの自治体コラボアニメは、「色づく世界の明日から」タイプの作品ばかりでした。
地域の魅力を最大限活かしたアニメ、とでもいえばよいでしょうか。

前述のとおり、ご当地要素とストーリーを融合させるのは、とても難しいです。
過去の伝説級作品は、「true tears」「たまゆら」のように地域と完全融合するか、ご当地要素を薄くしてストーリーで魅せるかのどちらかでした。

そんな中、「ゾンビランドサガ」は、ご当地要素をふんだんに使ってストーリー(ご当地要素関係なし)を進めていくという難業を成し遂げたのです。
そして見事に、佐賀県をPRしました。広報戦略としても大成功です。

観光や広報に携わる地方公務員なら、視聴必須の作品だと思います。

クールジャパン戦略について、いちオタクとしての見解を置いておきます。
参照:内閣府ホームページ

コンテンツ制作・クリエイターへの支援が足りない

ルネサンス期にメディチ家が果たした役割を持ち出すまでもなく、クリエイターの育成にはパトロンが必要です。
クールジャパンの対象となるコンテンツでも、特にアニメ制作や伝統工芸分野では、現状パトロンたりうる存在が欠落しており、大成したクリエイター以外は厳しい生活を迫られています。
生活すら厳しい中で、世界的にも通用するコンテンツを製作するのは、不可能でしょう。

現状の日本のコンテンツは、バブル期の残滓とも言われているようです。
(僕がこれまでお話ししてきた伝統工芸業界の方は、口を揃えてこう言います)
現在の主力クリエイターは、バブル期に舞い込んできた潤沢な資金により、しっかりと経験を積めました。
しかし、現在は日銭を稼ぐのに精一杯で、後進の育成にまで面倒を見られません。
人材面での衰退は既に始まっています。

「市場の失敗」が生じているとも言えるでしょう。
「市場の失敗」を是正するのは、政府の役割です。

戦略を読む限りでは、クリエイターよりも、コンテンツをマネタイズする人材の育成に注力しています。
現状は多分、売り込むコンテンツには事欠かないため、マネタイズ人材育成のほうが急務なのでしょうが、かといってクリエイター支援をないがしろにすると、じきに売り込むコンテンツがなくなってしまいます。

クリエイター奨学金のようなダイレクトな支援に加え、もっとコンテンツの制作現場にお金が落ちる仕組みづくりが必要だと思います。


既存コンテンツのマネタイズも急務

一方、既存のコンテンツを使って手っ取り早くお金を稼ぐことも必須です。
先日の阿波踊り騒動のように、うまくマネタイズできていない(または特定のセクターの既得権益化している)せいで、コンテンツの存続自体が危ういという状況も、全国各地で発生しています。

マーケットインとか、分野横断的に取り組むとか、インバウンド需要を取り込むといった観点は、既存コンテンツのマネタイズの方法としては王道だと思います。
ただ、行政が絡むと、「公平性の観点」「政治的な配慮」といった事情のために、金稼ぎに最適化できません。ここが不安要素です。
(マネタイズ失敗という意味では、自治体アンテナショップが好例です。)

広報戦略も重視していますが……必要あるのでしょうか?


つまるところ、明らかに「市場の失敗」が生じているコンテンツ制作現場を救済するのが、行政の役割では?ということです。
既存のコンテンツを使って稼ぎつつ、稼いだお金を広告代理店が全部持っていくのではなくコンテンツ制作現場にも回していく、という環境ができればいいのですが……

このページのトップヘ