キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: オタク

ブログ開設当初からお話ししている通り、僕はいわゆる隠れオタクです。
僕のオタク趣味は、東京にいた頃の友人しか知りません。
就職してからは誰にも打ち明けていません。

オタク文化が露出する機会が増えた

長年隠れオタクをやっている身としては、オタク文化の日常への露出具合に日々驚いてばかりです。
紅白歌合戦にアニメ枠が設けられたり、深夜以外にもソシャゲのCMが放送されたり、田舎の書店にも「アニメ化コーナー」が開設されていたり。
数年前だったら「見てはいけません!」と親が子の目を覆い隠したであろう光景が、当たり前にあちこちに広がっています。

経済産業省の方でクールジャパンをしてアニメを世界に打ち出していく試みも始まり、オタク文化自体を誇りへと高めていこうという機運すら感じるところですが……それでも僕は隠れオタクを貫きます。

やはり田舎はオタクに厳しい


露出がどれだけ増えようが、田舎社会でのオタク文化蔑視は相変わらずです。
オタク=不可触民です。
 
露出具体が増えているのは上述の通りなのですが、オタクの地位向上の兆しは全く見えません。
ブロガーの皆様が大好きな「単純接触効果」はどこに?

僕の住む田舎では、ポケモンGOですら許容されません。
土日をポケモンGOのために費やしているなんてバレようものなら、飲み会でいじられまくること必至です。
「いい年して何やってんの?」とマジ説教されるかもしれません。

もちろん、田舎の人間全員がオタク文化に厳しいわけではありません。
多様性の一つとして許容してくれる人もいます。
しかし、厳しい派のほうが圧倒的多数です。

隠れオタクというステータス

幸いにも、今は通販とSNS があるので、隠そうと思えば隠しきれます。
通販を駆使してオタクコンテンツを手にしている姿を人に見せず、オタク関係のコミュニケーションは全てSNS経由だけの集約してリアルバレを防ぐのです。


加えて……オタクの皆様ならきっとわかってくれると思いますが、「僕には秘密がある」というステータス、ドキドキしませんか?
昔の女児アニメは、自分が特別な存在(魔女見習いとかカードキャプターとかプリキュアとか……)であることをひたすら隠していて、バレそうになってあたふたするシーンがたくさんありました。
多感な時期にそういうシーンをたくさん見て育ったので、つい憧れてしまうんですよね。

http://www.ibakira.tv/movies/view/101869

茨城県公式バーチャルユーチューバーの名前が正式決定。
オタクとしては、中の人がどうなるのか、ものすごく気になります。
有名どころにお願いするのか、それともオーディションで若い芽を見つけるのか……
引き続き要チェックです。

茨城県って確か、アサツーディケイと関係が深いはずなんですよね。
これのほかにも、広報系の大型業務をいくつか委托していたはず。

バーチャルユーチューバーのアイデアも、アサツー発なのかもしれません。


もし群馬県庁がcv内田彩さんのバーチャルユーチューバー事業を始めたら、経験者採用にチャレンジします。


先日のイベント「新緑のラルゴ」にて、ついに弓道シーンが描かれたわけですが、これについて弓道経験者の観点から補足したいと思います。 
もちろん粗探しではなく、弓道関連の描写から読み取れる氷川紗夜さんの人物像について、私見を述べていきたいという意図になります。

細々とではありますが、もう10年以上続けているので、意見具申しても許してもらえますよね……?

以下、専門用語の解説は極力省きます。

星4カード「正射必中」


3e19454f13e33c04f93db9f65be01417


まずは星4カード「正射必中」の様子から。
全体のバランスが良く、とても上手いです。基本を徹底していて、彼女の性格がありありと表れています。

ただ、本番に強い射(試合で勝てる射)かと言われると……残念ながら否です。
バランスで中てる射は、バランスという大変抽象的なもの、つまり意図的に調整ができないものに全てが掛かっているので、一度調子を崩すと挽回が難しいです。
試合当日の1本目を中てることができれば、そのまま中て続けられますが、外してしまったら立て直しが非常に難しい。そんな射に見えますね。

バランス良い状態を保つには、何より精神力が重要です。
これまでの練習、いつもの自分を信じ、いつも通りを心がけること。
これができないと、試合では結果を残せない射です。

僕が顧問だったら、
・妻手肘(右肘)をもっと下ろし、右手首を若干折って、引き尺をもう少しとる
・弓手(左手)親指と中指をくっつける
ように指導したいですね。


イベント「新緑のラルゴ」


IMG_0213

さらっと真ん中に中てています。すごいですね。
弦音から的中音のラグを考えるに、弓力は12キロだと思われます。女子高生の平均くらいですね。

特筆すべきはキャプの部分。
矢を番える(つがえる)位置を低めにすると、相対的に矢が上を向くので、飛距離が伸びます。

この方法は、はっきりいって邪道です。
自分の狙ったところに飛ばすのではなく、狙ったところよりも上に飛んでいくので、そもそも実用性がありません。
早気(狙いを合わせる前に矢を放ってしまう、心理的なパニック)を治すための練習法としてなら、時々使いますが……

こんな邪な方法を氷川紗夜さんが提案するとは、あまりに意外でした。柔軟な対応です。
本日限りの体験でなんとか的に中てて欲しいという、優しさの表れですね。

フィールド会話より



スクショ撮り忘れのため、動画を貼ります。
弓道について「達成感がある」「間違いなく努力が結果に繋がる」と表現していますが、目を疑いました
努力が結果に繋がらないどころか、下手な努力はマイナスにしかならないのが弓道だと思ってきたので……

よくよく考えてみると、この発言、「音楽と比較して」という前提ありきのコメントなんでしょうね。
弓道と音楽、どちらもたくさん努力した上で、このような結論に至ったのでしょう。


以上、るんっときたので書いてみました。
今後も弓道描写、増えて増えてほしいですね。

バンドリ!ガールズバンドパーティ!

配信直後から細々と遊んでいます。

今のところ無課金ですが、ストーリーを全部読むくらいなら余裕で可能です。

 

本作のテキストは読む麻薬とか言われてますが、言外の部分というか、裏設定もきっちり作ってある印象を受けます。

今のところは明らかにされていませんが、もしかしたら闇深設定があるかもしれないものについて、メモです。

 

二つある女子校の関係

花咲川女子学園と羽丘女子学園。設定上、どうやら結構近くに立地している様子。

同じような学校が近接しているというのも違和感があるうえ、 公式もこんな美味しい題材を放っておくようなことはしないだろうと推測されます。

 

2校の関係は、氷川姉妹の関係を暗に示すものにもなりえます。

例えば、受験偏差値に差があるとすれば、その差はそのまま氷川姉妹の学力差になります。

努力家の姉と天才の妹。どっちの方が偏差値高いのでしょうか……

 

白鷺と松原の関係

白鷺にとって、松原は特別な存在です。

仕事とは無縁のオフの世界を体現し、最も素の自分をさらけ出せる相手と思われます。

パスパレのドラム役に松原を誘わなかったことからも、仕事の世界と関わらせたくなかった白鷺の気持ちが見て取れます。

オフの世界の住人という意味で、オンリーワンの存在です。

 

一方、ハロハピを始めてからの松原は、乙女ゲーの主人公のように、メンバーに振り回されています。今回のイベントでは氷川姉との接点まで発生し、さらに混迷を極めています。

松原にとって白鷺は、親友ポジションでしょう。かけがえのない存在であることは間違いありませんが、乙女ゲーの渦中にいる松原にとっては、優先順位の劣後する相手です。

 

要するに、好意の熱量が均衡していないんですよね。

この不安定なところに、丸山と瀬田が絡んできて、ものすごく混沌としています。

 

白鷺と松原の関係は、今のところはあんまり掘り下げられていません。

公式もまだどういう風に展開していくか決めあぐねているものと推測します。

闇のポテンシャルがうまく爆発することを期待しています。

読みこなせるかどうかわからない学術書を、タイトルにつられて衝動買いしてしまうのは、キモ・オタクの悲しい性です。

今回紹介するのも、そんな経緯で購入した一冊です。

 

親密な関係のダークサイド

親密な関係のダークサイド

  • 作者: B.H.スピッツバーグ,W.R.キューパック,William R. Cupach,Brian H. Spitzberg,谷口弘一,加藤司
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

対人関係の良い面と悪い面の両方を研究するもともとの理由はさておき、われわれは、たんに、ダークサイドのたとえ話が知的な興奮を引き起こすものであることに気づいている。それは、興味をそそり、関心を高め、心をかき立てるものである。また、それは、重要であるがしばしば無視されてきた現象に関する研究を活気づけ、特に、隠れた禁断の、逆説的で反語的な対人関係の要素を考慮することを促す。

 (中略)

まとめると、本書で行われた学問的冒険は、親密な対人関係プロセスに含まれる道徳的・機能的複雑性を解説することを目的としている。この目的は、親密な関係のダークサイドを安定維持させることでもなければ、悪霊として描くことでもない。むしろ、対人関係における日々の行動の重要性を強調することである。こうしたプロセスが対人関係に必要不可欠であることを受け入れることによってのみ、それらの役割を十分に理解することが可能になる。

(『親密な関係のダークサイド』北大路書房(2008.9)原書まえがき vーvii)

 

 

本書は、親密な人間関係にありがちな暗い部分=ダークサイド(嫉妬、噂話、片思い、ストーキングなど)に関する学術論文集の抄訳です。

まえがきにもある通り、ダークサイドを無くそうとするわけではなく、ダークサイドをあるがまま捉え、解説します。

 

どんな感じで議論が進んでいくのか、第7章「片思い」を例に紹介します。

 

そもそも「片思い」はダークサイドなのか?

「恋愛は良いことだからどんどんやれ」というのは、オタクコンテンツにおいてはいうまでもなく、我々の日常生活でも当たり前の考えです。

ここでいう恋愛とは、もちろん相思相愛の関係性ですが、その前段階として、まずは何より、恋心を抱くことを奨励します。

 

恋心を抱いたら、次は愛の告白を促します。恋心を伝えずに、自分の内に秘めたまま終わらせるのは、NGです。

愛の告白が成功すれば、大成功です。恋が実らず、片思いーー相手からは愛されず、一方的に恋い慕うだけに終わってしまうことーーに終わってしまっても、徒労ではありません。意味のある失敗です。

自分は傷つきますが、次の恋への経験値になります。

告白された相手の方も、断ること自体は苦痛ですが、好意を示されること自体は嫌な気はしません。

 

出典:僕の中高時代の思い出

 

……自分の過去を思い出しながら書いて見ましたが、アラサー婚活世代に突入するまでは、どこもこんな感じではないでしょうか?

この考え方では、告白した側が傷つくという意味で、ダークサイドが存在しています。

 

 

断った側のほうがダメージ大きい

ここから、本文の内容を少しだけ紹介します。

本文に合わせて、以下の通り用語を定義します。

・告白した側 → 求愛者

・告白を断った側 → 拒絶者

・片思い → 出会い~恋心の芽生え~告白~拒絶 までの一連の流れ

 

本書では、求愛者と拒絶者のそれぞれについて、どのような苦痛を感じるかを解説します。

 

求愛者は、自尊心を喪失します。自分は愛されるに足りない存在なんだと思い知らされるからです。

拒絶者は、罪悪感に苦しみます。拒絶者もまた求愛者たりうることから、断った相手が感じているであろう苦悩に共感してしまううえ、そもそも他者からの愛を拒絶することは、生来的な人間の所属欲求に反するからです。

本書では、拒絶者の苦しみについて、より多く解説をしています。例えば、愛の拒絶に際し、拒絶者はまず求愛者の情動に目を向けるのに対して、求愛者は自分の気持ちに焦点を当てがちで、拒絶者が抱く苦痛に意識が回らない、など。

 

続いて、告白の拒絶からしばらく時間が経った後では、片思い経験がどのように感じられるのか、論じられます。

いくつかの論点が挙げられますが、共通するのは求愛者と拒絶者で片思いエピソードへの評価がかなり異なることです。

 

求愛者は、ポジティブ・ネガティブ両方の感情を抱いています。失恋自体は悲しいことですが、関係性構築の段階、恋に燃え上がったことはむしろ楽しい思い出で、なかったことにしたい、忘れたいとは思いません。

拒絶者は、ネガティブな感情しか抱きません。望まない相手から注目される困惑、拒絶を通して求愛者に苦痛を与えたことへの罪悪感。綺麗さっぱり忘れてしまいたいとも思います。

 

これらのような、求愛者と拒絶者の間の非対称性も、ダークサイドの一つです。告白を断った後も何らかの関係が続くとしたら、拒絶者だけが一方的に苦痛を感じ続けることになります。

 

このほか、議論の前提として、恋愛の進展のあり方や、片思い状態が生じるパターンの整理など、ダークサイドとは直結しないものの、興味深い説が紹介されています。

 

 

拒絶者サイドの苦痛を描こう

本文中の端々で、「粘り強く愛を訴え続けることを推奨する風潮」の存在、そのせいで拒絶者側の苦痛が過小評価されている危険性をほのめかしています。

最初に「一般的な恋愛観」を挙げました。これはこの記事を書くために僕がしたためたもので、自分の中高時代を思い出しながら書きました。あくまでの僕が経験した、狭い世界での常識です。

しかし、玉砕覚悟で告白することを是とするまでは、どこでも共通している発想ではないでしょうか?

 

拒絶者側の苦痛は、確かに過小評価されていると思います。

さらにいえば、拒絶者側の苦痛を先取り共感して告白をためらう者の優しさもまた、「臆病」のひところで断じられており、正当な評価がなされていないのではと思います。

 

現実世界だけでなく、オタクコンテンツの中においても、告白を断る側の苦痛は軽視されているように思います。愛の拒絶はネガティブな行為であり、盛り上がりに水を差すことになりますし、愛を拒絶した後の苦痛も一般受けする要素ではないでしょうが、リアルな人間を描くためには必要ですし、一部には需要のある要素だと思います。。

 

つまるところ……二次創作で補完すべき要素なのかなと。

 

 

今回は「片思い」についてのみ紹介してみましたが、他の章でもオタクの好きそうな単語をみっちりと取り上げています。

俗にいう「ノンスマイル」「ダウナー交際」を真剣に考えるにあたり、大変参考になる一冊かなと思います。

 

もう一冊類書があるのですが、まだ積んでいます。読まなきゃ。

対人関係のダークサイド

対人関係のダークサイド

 

 

このページのトップヘ