キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

カテゴリ: お金の話

以前の記事にて
  • 民間生命保険に入るのは公的保険の仕組みと中身をしっかり勉強してから
  • 守るべきもの(子供など)ができてから考えればいい
という内容をお送りしました。

ただ、僕自身は月2万円を民間生命保険につぎ込んでいます。
独身なのに。

今となっては若干後悔していますが、勧誘当時は確固たる理由がありました。

保険料の内訳
・掛け捨ての終身保険 1万円/月
・年金保険(確定給付型) 1万円/月


遺伝的持病のリスクがある

掛け捨て終身保険の方から説明します。
 
こちらは特約のせいで保険料が跳ね上がっています。

僕の家系は代々とある臓器が弱く(個人特定を避けるためにぼかします)、この特約にお世話になる可能性が結構高いのです。
保険勧誘員に自ら申告して特約をつけてもらいました。


浪費遺伝子のリスク

年金保険(確定給付型)の方は、とにかく現役時代の所得を老後に先送りしたかったので加入しました。

僕の一族は揃って浪費家です。
父は車道楽、母は服道楽。
祖父に至っては、2ヶ月で退職金を使い切ったらしいです。

僕自身も、お年玉を三が日で使い切るタイプでした。

「金銭感覚ガバガバな自分なんだから、給料も絶対すぐに使い切ってしまう」
「借金まではしないにしても、老後資金は絶対に貯められない」

恐怖のあまり、そもそもの手取りを減らすことにしました。
 
そこで目をつけたのが低解約返戻金型の年金保険です。
浪費家だけど損するのは嫌なので、これなら解約できないだろうと踏みました。

さらに言えば、僕の就職当時はNISAもiDeCo も無く、投資信託の積立も一般的ではなく、資金を拘束するなら年金保険が一番手っ取り早かったです。
(財形貯蓄程度の弱い拘束だと、解約して使ってしまいます)

年金保険は正直余計だった?

どちらの保険も就職1年目に加入したまま放置してある状態です。
 
今のところは浪費癖をうまく抑えられており、年金保険の分は無駄だったかなと思っています。
参考:(自分語り)公務員程度の種銭だとETFや投資信託で十分すぎるのに敢えて個別株投資を続ける理由とは?

僕の就職当時、今と同じく優良投資信託の積立サービスがあれば、年金保険ではなくそちらを使いました。

僕みたいな血脈の呪縛に囚われていないのであれば、保険もリスク資産投資も焦らずじっくり考えれば良いでしょう。

冷静に計算すればするほど、地方公務員程度の給与収入で個別株に投資するのはリスクが不当に高いと思ってしまいます。
十分な投資資金が無いために、分散したポートフォリオが作れないのです。

参考:アラサー独身地方公務員の2018年末時点の収入・資産状況&2019年投資計画

しっかり考えるべきはアセットクラスの割合だけで、投資先はそれぞれのアセットクラスのうちしっかり分散されて運用コストが低いもの、つまり定番を思考停止で選ぶだけでいいのではと思います。

ただそれでも僕は個別株投資を末長く続けていきたいと思っています。

購買欲求を抑える

僕は自他共に認めるお買い物ジャンキーです。
常日頃から購買欲求と死闘を繰り広げています。

本ブログ「公務員の仕事道具」カテゴリの記事も、この悪癖の産物です。

モノを買うまでの比較検討過程、購入する瞬間の高揚感、「所有している」という満足感……
買い物という行為にまつわる全てが強烈な快楽です。

ここ数年、僕の購買欲求は主に株式をはじめとしたリスク資産に向いています。
つまり僕は、資産運用について勉強して、日々マーケットを見て割安なタイミングを探して、注文を出して現物を購入して、評価額の推移を見守ることで、強烈な快楽を得ているのです。

個別株投資を辞めたら、購買欲求の行き場がなくなって暴走するでしょう。
多分、家電製品を買いまくるのではないかと思います。

しかも今はブログという免罪符があります。
「買って記事にすることで誰かの役に立てる!」という大義名分の下、浪費しまくること間違いありません。

購買欲求の奴隷になるとしても、モノよりは個別株の方がマシだと思っています。
株式は資産です。自ら価値を生み出していきます。
他の資産と比べてリスクは高いかもしれませんが、浪費ではありません。

対してモノは減価していく一方です。

将来のことを考えると、個別株に軍配があがるでしょう。

民間企業へのコンプレックス解消

これまでも度々記事にしている通り、僕は民間企業への就職活動に失敗した果てに、地方公務員になりました。
参考:(自分語り)公務員試験・就職活動の足跡

言い方を変えると、行政以上に携わりたい業界がいくつもありました。

例えば洋上風力発電。
日本が自給でき、しかもクリーンなエネルギー源として、絶対に開拓が必要な分野だと今でも思っています。

今から転職するほどの気合はありませんが、それでも何らかの応援がしたい。
こんな時の個別株投資です。
応援したい業界に投資することで、一体感を得るのです。
業績に一喜一憂したり、新プロジェクト開始の情報をリリースした瞬間に株価が暴落して涙を飲んだり……スポーツ観戦に近いかもしれません。
洋上風力の場合、行政でも関われないことはないのですが、地方自治体の場合はどちらかというと洋上風力反対の立場です。
地元住民の声、特に漁業への悪影響を、住民に代わって訴えていくことになるでしょう。

若かりし恋を忘れない

最後は非常にキモい理由です。

僕は長らく二次元オタクを続けていますが、人並みにリアルな人間にも恋をしてきました。
結果は全敗。恋人いない歴=年齢のピュアオタクです。

好きになった気持ち、駄目だったときの爽やかな悔しさ、不随意的に流れてきた涙と鼻水の味……
そういう青春の酸い甘いを忘れないための秘策が個別株投資。
恋煩いの相手が勤務している会社の株を購入し、資本的につながるのです。

一回やってみてください。変な気分になりますよ。

投資は自己責任

個別株に手を出すことでリターンは損なわれるかもしれません。
しかしそれでも、僕の場合は金銭以外のところでメリットを得ていると考えています。

メリットとは、浪費防止自己満足
どちらも今のところ、個別株投資以外では得られない効果です。

というわけで僕はこれからも個別株投資を続けていきます。

※個別株への投資にはリスクを伴います。僕の考えに共感できる/できないにかかわらず、個別株への投資は自己責任でお願いします。 

公務員になったら周囲の見る目が変わってモテ始めるのではという希望。
僕にもありました。

この希望は部分的真理です。
保険営業のお姉さま方からはものすごくモテます

僕の職場だと、だいたい6月頃から、無知な新人職員目当てに続々と各社の営業のお姉さん(時々お兄さん)がやってきます。

僕は保険のプロでもなんでもないので、「入っとけ」とも「要らねえよ」とも言えません。
ただ、何も考えずに適当に入ってしまうと確実に後悔するとだけは確実に言えます。

保険勧誘員はマネープランのプロでもないし、保険のプロでもありません。
しかし、相手の不安を掻き立てるトークスキルにおいては確実にプロです。

民間保険に入る前に少なくともこれを読んで、公的保険の仕組みを勉強して下さい。
本題ここまで。
残りは保険勧誘の罠について経験談ベースで紹介します。

公的保険を知らないと保険勧誘員の食い物にされる

我々は既に公的保険に強制加入させられています。
民間保険に入らなくても、ある程度はリスクヘッジされているのです。

ただ、具体的な保険内容は誰も教えてくれません。
実際に公的保険のお世話になって初めて中身を知る方もけっこういるくらいです。
「医療費の7割が保険から払われている」くらいは皆さんご存知でしょうが、障害年金や高額医療費制度あたりは、自発的に勉強しないと気づかないのでは?

特に若い人ほど、公的保険に触れる機会が少なく、知識に乏しい傾向があります。

保険勧誘員は、若者の「公的保険への無知」を的確に突いてきます。
「事故の後遺症で目が見えなくなったら、いくら公務員とはいえ失職して収入無くなるよ。だから~~」みたいな営業トークは当たり前です。
失明した場合、障害年金が貰えるはずですが、保険勧誘員は意図的に無視して触れません。

公的保険を意図的に無視して不安を抱かせ、保険契約につなげていく。
これが保険勧誘員のセオリーです。

保険勧誘員には、公的保険についての説明義務はありません。
勧誘相手の知識量を慮る義務もありません。
「知らないほうが悪い」、弱肉強食の世界です。

保険に入れば税金は安くなるが、手元に残る現金は減る

「保険に入れば税金が安くなりますよ!」という勧誘文句も頻出です。
もちろんこれも罠です。

確かに、保険に入れば税金が安くなります。
一年間に支払った保険料をベースに係数を乗じたりして算出した金額が、生命保険料控除として年間所得(所得税や住民税のベース)から差し引かれます。

支払った保険料が多ければ多いほど、年間所得から差し引かれる金額も大きくなり、所得税や住民税が減ります。

ただ、あくまでも所得の控除であり、軽減される税額=支払った保険料×税率です。
税率はもちろん1より小さいので、軽減される税額<支払った保険料となります。

つまり、保険に入った場合、税金の額は減りますが、保険料の方が高くつくため、手元に残る現金は減るのです。

保険勧誘員には、税制の説明義務はありません。
勧誘相手の知識量を慮る義務もありません。

勿論、明らかに間違った説明をするのは許されませんが、「保険に入った分だけ税金が返ってくる」くらいの不親切な説明は横行しています。

会社の利益>>>>>>>>>>>契約者の利益

若者に対して特におすすめしてくるのが、「貯蓄性がある」とか「元本割れしない」という保険です。
こういう保険は一見お得なように思われますが、機会費用の観点から考えると、お得ではありません。
たいていの場合、保険会社の取り分(手数料)が法外に高いのです。

そのため、掛け捨て保険+他の資産(株式や債券)に分割したほうが、トータルではお得になります。

そもそも民間保険会社は営利企業です。
契約者のためではなく、自社のために保険を売っています。
おすすめしてくる保険は、当然ながら、自社の儲けが大きいものなのです。

金融工学が発展すれば、保険会社も儲かるし契約者もお得という夢の保険商品が生まれるのかもしれませんが……今のところは無いのでしょう。


そもそも自分だけの問題ではない

民間保険は

自分が万一働けなくなった場合に、本来なら自分の給与で養うべき人たち(配偶者、子ども、親)を食わせていくためのお金を捻出するためのもの

だというのが、僕の持論です。

そのため、独身かつ親が働いているうちは、入る必要が無いと思います。
守るべきものができてから、そのときにベストなものを選べばよいでしょう。

とは言いつつも、僕は毎月2万円ほど民間生命保険に支出しています。
勿論、特別な理由があって、あえて払っています。
理由はいずれ別記事にて紹介します。

職場に時々かかってくる不動産投資営業。
2〜3月が特に多いです。年度末ということで、ノルマ件数をなんとかこなそうと必死なのでしょうか?

営業の電話口で必ず言われるのが、「公務員だからこそ不動産投資がおすすめ」という一言。
他の営業だと「適当に『だからこそ』と言ってるだけだ」とスルーできるのですが、不動産営業の場合はちょっと引っかかります。
当事者たる公務員が書いているブログの中にも、マンションやアパートでの不動産投資が推奨しているものがあるからです。
ある意味、セカンドオピニオンがあります。

ただ、僕の感覚では、普通の地方公務員は現物不動産投資に手を出すべきではないと思います。

地方公務員程度の収入で現物不動産を買うと超集中投資にならざるを得ない

資産運用の基本は分散です。
資産の種類(アセット)の分散、投資時間の分散、投資先(地域)の分散。
リスクを抑えるためにはどれも重要です。

一方、現物不動産投資は、膨大な初期投資(不動産の購入費用)が必要です。
そのため、よほどのお金持ちでない限りは集中投資になります。

全資産のほとんど(場合によっては借入して)を、一度に、一箇所に集中させるという行為。
アセットも集中、投資時間も集中、投資場所も集中。
ものすごくハイリスクではありませんか?
この不動産が駄目になったら一文無しです。
怖すぎます。

サラリーマンの現物不動産投資を推奨する本には、
  • リスク分散のためにたくさん不動産を持とう
  • 賃料収入を再投資して時間的分散を図ろう
とは説明されているものの、アセット間の分散には全然触れていないんですよね。
一つのアセットに集中投資するのが一番危険だと思うのですが……

不動産というアセットそのものは悪くないと思います。
僕自身、REITで不動産投資してますし。
ただ、集中投資は避けるべきではと思うのです。

地方公務員の場合でいえば、給与を現物不動産に突っ込むのは賛同しかねます。
せいぜい2億円弱しかない生涯所得を、不動産という流動性が低く取得単価の高いアセットに突っ込むと、アセット間のバランスが歪むからです。

レバレッジをかけられるのかもしれないけど、余計に怖くなるだけ

「公務員だからこそ不動産投資!」と説くブログには、必ず「公務員が借入してレバレッジを効かせられる収入源は不動産だけ」という説明があります。

確かにその通りかもしれませんが、借入するとさらにアセット間のバランスが歪みます。
レバレッジを効かせる分、さらにリスクが高まります。
余計に怖いです。

レバレッジをかけたいなら、FXで十分では?
今ならドル円が円高に傾いたときにドルをロングして長期保有しておけば結構勝てません?
しかもロスカットという救済措置までついてますし……
勿論おすすめはしませんが。 

相続で不動産を取得できる人が強い

僕の個人的な見解ですが、現物不動産への投資って、ちゃんと勉強して経験を積めば着実に利益を出せるものだと思っています。
購入するのではなく相続で取得するのであれば、アセット間のバランスも保たれますし、末長く運用していけばいいのではと思います。

結局、地主の家に生を授かるしかないんですね……

12月はひどい値動きでした。
ボーナスで高配当株を買うぞと意気込んでいたものの、びびって手を出せないまま終わってしまいました。

基本的な考え方
田舎地方公務員の生涯賃金(僕の場合、退職金込みで1.5億くらいと思われる)では、十分に分散された個別株ポートフォリオを組めません。
そのため、
  • インデックスファンドの積立メイン
  • トッピングで高配当株(セクターが偏っても構わない)
  • キャッシュを厚めに持ってリスク低減
という方針で運用しています。

キャッシュを厚めに持つかわりに債券で運用する方向も検討中。


2018年の収入状況


2018給与


給与総額は437万円、うち手取りは350万円でした。
残業手当は350時間分です。実際の残業時間は600時間くらいでしたが……

このほか、配当収入が5万円ほどありました。

年末時点の資産状況

評価額ベースでこんな感じです。
2018末資産


日本株も米国株も、個別株はとにかく配当重視です。
銘柄は以下のとおり。
  • キヤノン
  • SUBARU
  • 大和証券
  • 三井物産
  • アルトリア・グループ
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
  • ビザ(これだけ配当関係なし)
  • AT&T
JTを買おうかとも一瞬迷ったのですが、配当性向が高すぎるので止めました。

「投資信託」の大部分が、iDeCoとつみたてNISAになります。
つみたてNISAは「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)」、iDeCoは「DCニッセイ外国株式インデックス 」メインです。

「新興国債権」は上場インデックスファンド新興国債券(1566)です。
高利回りかつ株価との連動性が低いのですが、信託報酬が高め(0.5%弱)なので、あんまり増やせません。加えて、先行き不透明すぎるというリスクもあります。

スイングトレードの結果

マイナス50万円でした。
7〜8月のボックス相場で結構稼がせてもらったものの、新規上場株の暴落に巻き込まれてしまい、初めての年間マイナスです。
適当に買って、含み損が出ても握っていればいつの間にか復活してた時代が終わりそうなので、来年はやりません。
確定申告して損失を繰り越すので、来年は配当全部非課税になります。上限なしNISA状態ですね。

FXは微益

今年から始めたFXは、プラス2万円でフィニッシュです。
12月に入ってからはノーポジで放置しています。
株式市場が混乱しているのに、やたらと円安な気がするからです。

円高に傾いたときにドル円をロングしておく作戦で今年は安定しましたが、来年以降はどうなるんでしょうね……こちらも当分様子見します。

BTCは冬眠しました

いつの間にか評価額が10万円まで落ちていた仮想通貨。
当分放っておきます。

含み損は気にならない

ポートフォリオ全体で15%くらいの含み損が出ています。
信用取引で元本以上に含み損が発生した経験があるので、このくらい全然平気です。
現物ならどれだけ含み損が出ようとも構いません。

2019年は守りの姿勢で

2019年は下落基調のような気がするので、機械的なインデックス積立メインで、現金ストックも増やしていきたいと思っています。 
ポートフォリオに占める個別株の比率が高すぎるので、個別株はこれ以上増やさないつもりです。投資信託やETFメインで分散投資を進めていきたいです。

ルール1
メイン証券口座(SBI)にて年間約52万円、米国株式インデックスファンドへの積立投資(つみたてNISA、iDeCo)

ルール3
サブ証券口座(楽天)にて年間12万円、米国株式インデックスファンドへの積立投資

ルール3
メイン証券口座に25万円、サブ証券口座に年間10万円分のタイミング投資。ただし日本株は買わない

サブ口座では、「楽天VTI」と「eMaxis slim 全世界」を5千円ずつ積み立てます。

タイミング投資35万円分は、メイン証券口座ではVYMかHDV、サブ口座は米国REITのインデックス(1659)を考えています。
購入するのは、少なくとも12/25よりも5%は下げたタイミングです。
待ち続けた結果買えなくても仕方ないかなと思っています。

ちなみに、証券口座を2つに分けているのは、結婚後のへそくり用です。
職場の先輩から強く勧められて、今年から分けることにしました。結婚の予定はありませんが……

このページのトップヘ