キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

タグ:ブログ運営

現役地方公務員のブログやSNS投稿を見ていると、役所語法に毒されているなあと感じるものを時々見つけます。

ブログの差別化、つまり地方公務員らしさを出すための戦略として、役所語法を盛り込むのは大いにアリだと思います。
しかし、役所語法は概して一文を長くしがちなので、ウェブ上で発信するための文章とは相性が悪いです。

まずはどういうものが役所語法なのかを自覚して、意図的に使い分けをしなければいけないでしょう。


よくある役所語法

〜については

主に話題の提示に使います。書き出し部分でよく見かける表現です。
主語を明示しなくても話を進められるので、ついつい安易に使ってしまいます。

〜ところ(である) 

こちらも主語をごまかす表現です。一般論っぽく見せかける機能もあります。
「〜については」と合わせることで、当たり障りのないイントロダクションが簡単に作れます。

(例)
外見に気を使わない成人済オタク男性(以下「キモオタク」とする。)、昨今より国内外から問題視する声が強まりつつあり、今後のインバウンド推進の観点からも、速やかな根絶が望まれているところである。

→キモオタク根絶を一般論っぽく見せつつ、明示はしていません。「印象操作だ!国民はむしろキモオタクを愛している!」という反論がきたら、「望んでいるのはインバウンド業界のことでして…」等、後出しで主語を出して逃げることができます。

〜において

一般論ではないことを示す表現です。誤解・曲解を防ぐために使われます。


(例)
外見に気を使わない成人済オタク男性(以下「キモオタク」とする。)については、昨今より国内外から問題視する声が強まりつつあり、今後のインバウンド推進の観点において、速やかな根絶が望まれているところである

→キモオタクを根絶したいのはインバウンド業界だけで、その他の観点では中立であることを示しています。

〜である/〜することから 

主に因果関係を示しますが、単なる順接としても使われます。
格式張った文章では重宝しますが、安易に使うと一文が長くなり文意がわかりにくくなります。
ここぞというときだけに抑えたい表現です。


(例)
外見に気を使わない成人済オタク男性(以下「キモオタク」とする。)については、昨今より国内外から問題視する声が強まりつつあることから、今後のインバウンド推進の観点において、速やかな根絶が望まれているところである

→役所的には美文なのですが、よく読むと意味がわかりません。
一見「問題視する傾向が強まりつつある」 と「根絶が望まれている」の間に因果関係が成立するように読めますが、それぞれの主語が何なのか不明ですし、問題視→根絶希望という因果関係も飛躍しすぎています。

ちなみに、僕のブログの記事タイトルは、意図的に機関委任事務時代の質疑集・通達集っぽくしています。
許認可事務担当の方であればピンときてくれるはず。

急に寒くなりました。
職場でも風邪をひく人が増えています。
インフルエンザが流行り始めたところもあるらしいですね。 

75時間残業

予算要求業務が始まり、早速残業しまくっています。
今年の財政部局は事細かに「根拠資料をよこせ」と指示してくるので、残業もエクセル作業ばかり。
とにかく目が疲れるので、外付けモニターを導入しようか検討中です。

株価急落&アクセス数急落

一時は25,000円台まで届くかと思われた日経平均が急落しました。
同じタイミングで、このブログの訪問者数・PV数もなぜか急落しています。
今月の総PV数はギリギリ1万超え。先月よりも1000以上減ってしまいました。

一体何が原因なのでしょうか……

ゾンビランドサガ

秋クールアニメが始まりました。
僕の今期イチオシはゾンビランドサガです。

最初はトンデモ枠かと思いきや、今のところはすごく上質なご当地アニメという印象です。
地方公務員なので、ご当地アニメはどうしても気になってしまいます。

内容は勿論ですが、佐賀県としてどう絡んでいくのかも非常に気になるところ。
そもそも、佐賀県はどうやってサイゲマネーを誘致したんでしょう……

夏クールも終わりましたね。
毎週「プラネットウィズ」を楽しみにしつつ、「ハッピーシュガーライフ」の声優さん怪演を満喫しながら、「ヤマノススメ サードシーズン」の黒崎ほのかちゃん登場回を繰り返し視聴する日々でした。
やや陰気な東山奈央さんの演技、やっぱ最高ですよね……

謎の体調不良


上半期は原因不明の体調不良に襲われていました。
謎の微熱(37.5度くらい)が治らず、ずっと頭がぼーっとしている状態です。
ちょうど業務繁忙期だったので休みも取れず、強めの薬を飲んで定時まで全力を尽くして即帰宅……という生活を10日くらい続ける羽目になりました。

心身ともに辛いし、薬代で懐も痛むし、散々でした。
健康は大切です。

読書の秋

せっかくの二連続三連休。
どこかに小旅行に出かけようかとも思ったのですが、上半期の体調不良が再発しても困るので、家に引きこもって『金色のガッシュ』を久々に読み返していました。

そうしたらムクムクと心の力が湧いてきて、何かを成し遂げたくなり……投資本の名著を手当たり次第読むことにしました。
今回読んだのは、以下4冊。



株式投資 第4版
ジェレミー・シーゲル
日経BP社
2009-07-23







最後の一冊だけは若干毛色が違いますが、高PERの株に手を出すなという忠告は一緒なのが面白かったです。
とりあえず暴落が怖くなくなりました。


めんどくさい時期

これから予算要求業務が本格化してきて、役所拘束時間がどんどん伸びてきます。
絶対満額残業代申請してやるからな……
 

『迷わず書ける記者式文章術:プロが実践する4つのパターン』という本を読みました。



 
文章術についての書籍はこれまでも何冊か読んできましたが、「ブログを書く」という観点ではこの本が抜きん出て役立つと思いました。
今回は具体的に本書ベースでどのようにブログを書いているか、紹介します。

なぜ「記者式」を採用するのか?

このブログの大半の記事が、新聞記事と同じく「情報伝達」目的だからです。

このブログは、特異な着眼点内容の具体性を意識して書いています。
ロジックや文章の美しさは二の次で、大事なのは情報です。

本書の中でも説かれていますが、新聞は情報伝達目的の媒体として長い歴史があり、情報をうまく伝えるノウハウを蓄積しています
記者式の文章術は、このノウハウそのものです。

記者式文章術の活かし方

本書の中でも、第4章「設計図を描く」の部分を特に参考にしています。

スケルトン(設計図)を作る

本書では、設計図の要素として以下3点を挙げています。

  1. 仮見出し
  2. 要約、要旨(150〜200字程度)
  3. 本文の構成(1段落を1行に)
『迷わず書ける記者式文章術:プロが実践する4つのパターン』 p.67〜68

ブログの場合、見出し=記事タイトルです。
「タイトルは記事全体の要約になるよう最後につけるべき」というブログ界の鉄則があり、最初にタイトルを決めてしまうのは異端派のようですが、ここで決めるのは「仮のタイトル」です。記事作成後に違和感があったら最後に修正します。


要約は、「最大200字」という字数制限厳守で書きます。
こうすることで、絶対に盛り込むべき・盛り込みたい内容を整理できます。

最後に、本文構成を考える前段階として、盛り込みたい情報をリストアップして整理します。

ここまでの作業を終えてから、本文の構成を考えます。

文章構成の基本パターン

本書の中では、文章構成の基本パターンが示されています。

  1. 逆三角形(重要なことから順番に伝えていく)
  2. 三部構成(序論・本論・結論)
  3. 起承転結
  4. 起承展転結
『迷わず書ける記者式文章術:プロが実践する4つのパターン』 p.75〜76


僕はこのうちの三部構成を採用しています。
事実を伝えるだけなら逆三角形スタイルの方が効率的ですが、ブログ記事としては味気なさすぎるからです。

三部のうち、最もボリュームが多くなるのが本論です。

本論の展開

本論は、事実の並列または因果関係の説明という形で展開します。(p.89)
この2つを組み合わせる場合もあります。

この考え方は、『考える技術・書く技術』とも共通します。

書く内容は、スケルトン作成の段階でリストアップできています。
しっくるくる順番にこれを並べ替えることで、本論の骨子が完成します。

スケルトンの完成

本論の大まかな内容が決まったら、本論の中身に対する興味をかきたてそうな序論を考えます。
ここが曲者です。すぐに思いつくこともあれば、かなり時間を要することもあります。

結論は、200字要約をさらに要約して作成します。

これでスケルトンの完成です。
一度休憩して気分転換してから、スケルトンを見ながら記事を書いていきます。

記者式文章術のメリット

設計図を作ることで、記事作成のスピードがかなり上がりました。
行き当たりばったりで書き進めるのも楽しいのですが、時間がかかりすぎます。

読者にとってもわかりやすくなっていれば嬉しいのですが、これは今後のPV数が教えてくれるでしょう。当面はこの書き方を続けていきます。


『迷わず書ける記者式文章術:プロが実践する4つのパターン』のうち、今回は第4章のみ取り上げましたが、他の章も大変参考になります。
実用的な文章術が、具体的な手順として紹介されていて、応用もしやすいです。
日頃から文章を書く方は、一読をお勧めします。

豪雨のせいで慌ただしい夏でした。
ボランティアに来てくださった皆様、募金等を通して遠方から応援くださった皆様、本当にありがとうございます。

なんとか趣味時間を確保できるくらいまで落ち着いてきました。 
予約投稿のストックが切れる前で良かった。

 

アクセスアップチャレンジの結果

参考記事:7月のブログ更新について。アクセスアップに挑戦します

別ブログ運営からの経験上、8月はアクセス数が伸びます。
この機を生かし、区切りのいい10,000アクセス/月を目指すべく、いろいろ取り組んでみたところ……
現時点で11,500を超えています。
やったぜ。

記事別にみてみると、STEP1として投稿した「潜在需要のありそうな記事」がいずれもアクセスされていて、これらがアクセス数を上乗せで稼いでくれたおかげだと思われます。

STEP2以降は手が回りませんでした。
時間ができたときに、再度挑戦したいと思います。


お金の話

「生き様」から分離させて、新しく「お金の話」というカテゴリを作りました。
キーワードプランナーによると需要のあるジャンルのはずなのですが、アクセスが全然伸びません。
強力なサイトに検索順位上位をがっちり握られていて、食い込む余地が無いようです。
入庁からの具体的な手取り額のように、オリジナリティある情報も結構あるはずなのですが……

ネタを蓄えてから、一気にテコ入れを図ってみようと思います。

果たして僕はオタクなのか

「キモオタク」とあえて名乗っているにもかかわらず、キモオタクだからこその記事が最近書けておらず、深く反省しています。
「お金の話」よりも優先してテコ入れしていきます。

今期は「プラネット・ウィズ」がやっぱり面白いです。
銀子ちゃんだけキャラデザがものすごく細かいところもきっと伏線なんだろうと思いながら見ていたら、見事に伏線でしたね。

「ヤマノススメ サードシーズン」も外しません。きっと来るであろう江畑諒真さん作画回も楽しみです。

あと、今年のポケモン映画。
ポケモンというコンテンツが重大な節目を迎えているのだと痛感しました。
伝統的な意味でのポケモントレーナー(ポケモンに指示を出してバトルさせる人)が、サトシと最序盤のモブキャラしか出てこないんですもの。

ポケモンGO的な世界観に、今後より本格的に移行していくのかなと思いました。

溜まっているアニメ録画を崩しつつ、ブログも書きつつ、仕事もそこそこやっていきたいと思います。  

このページのトップヘ