キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

タグ:ホームページ

観光部局に異動して一番初めにやった仕事が、パンフレットの校正でした。
正直、お年寄りでもインターネットを使うようになりつつある時代なのに、紙媒体にがっつり予算と時間を割く必要はあるのか疑問でしたが、半年も経たないうちに考えを改めました。

知名度が非常に低いものを告知するときには、インターネットよりも紙媒体の方が安上がりかつ効果的です。

インターネット上の情報を探すときは、ユーザーが見たいものが自然と集まってきます。
見たくないもの、そもそも存在を知らないものは、なかなか表示されません。

検索すらされないワードを告知するには?

ファーノー・ジョーダンという人物をご存知でしょうか。
C.G.ユングの著書『タイプ論』の中にちょろっと出てくる方で、『身体と血統に見られる性格』という本を書いたらしいです。

「らしいです」という無責任な表現になっているのは、この人物についてこれ以上の情報が見つからなかったためです。
少なくとも日本では、かなりマイナーな人物といえるでしょう。

図書館でこの人物の特集を組むことになったと仮定します。

この特集企画の場合、インターネットでの告知には期待できません。
豪華な告知サイトを作ったとしても、アクセス数は少ないでしょう。
そもそも誰も「ファーノー・ジョーダン」を知らないからです。

「ファーノー・ジョーダン」で検索すれば最上位にサイトが表示されるでしょうが、そもそも誰も検索しません。
「タイプ論」であればまだ検索数は多いでしょうが、関連性が非常に薄いので、優先順位は相当劣ります。

知名度皆無な情報をインターネットで広めたければ、ポータルサイトの力を借りるか、バズる必要があります。
前者にはものすごくお金がかかります。後者は狙ってできるものではありません。
どちらも現実的ではありません。

一方、紙媒体(例えばチラシ)であれば、「ファーノー・ジョーダン」を知らない人にも簡単にアプローチできます。
人通りの多いところに設置するだけでいいのです。
手に取ってもらえるかは別としても、とりあえず視界には入ります。

遠方に旅行に行くと、インターネットで事前調査したときには全然ヒットしなかった観光地やイベントのチラシと遭遇することが多々あります。
「〇〇市 観光地」で検索しても全く見つからず、名称を直接入力しない限りヒットしないのです。

地方自治体が告知したい情報って、こういうものばかりです。
そもそも知名度が低すぎて、ネット上だと誰の目にも触れません。
そのため、紙媒体の併用が不可欠なのです。

もともと知名度の高い情報ばかりが優先して表示されるのは、最近のインターネット(検索システム)の宿命でもあります。
自治体が自前で強力なポータルサイトを持つ等、弱い情報を披露する場所をインターネット上にも設ける必要があるのかもしれませn。 

名著には、大きく分けて2種類あると思っています。
一つは何度も繰り返し読んで人生の糧とする本。
もう一つは誰もが一度読むべき本です。

今回紹介する『悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術』は、後者の名著です。

悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術 [ 小田 順子 ]
悩まず書ける!伝わる!公務員のSNS・文章術 [ 小田 順子 ]
 

公務員以外の大半の人間にとって、公務員の書く文章は読みにくいです。
原因はいろいろありますが、中でも大きいのが過度な一犠牲追求。

誤解やクレームを警戒するあまり、文章の解釈の幅を狭めようとする結果、修飾語てんこ盛りの長文&複文構造が生まれてしまいます。

受け手の誤解予防のための配慮の結果、かえって読み手に不親切な文章になってしまうのです。

本書はこういう役所特有の読みづらい文章をなんとかしたい方向けの指南本です。

【第2章 正確な理解がお互いの手間を省く 手続きの説明文の書き方】
・対象者で条件分岐する
・なくても意味が通じる言葉は削る
・専門用語は置き換える
・二重否定は使わない
・「未満」は避ける
・使える! 基本フォーマット-記事作成シート 

学陽書房ホームページ http://www.gakuyo.co.jp/book/b245527.html より


公式サイトから目次を引用しました。
こういった具体的なノウハウが満載の1冊です。

ガチガチの役所文を一通り身につけた後、入庁3年目くらいの職員は全員必読だと思います。
 

個人ブログを運営し始めてから、地方自治体のホームページ運用方法の歪さに気がついてしまいました。仕方ない部分もあるとはいえ、正しい情報をより多くの人に届けるという意味では、現状の運用方法は相当まずいのではと危機感を抱いています。

原則上書き、コンテンツ総量は据え置き

自治体のホームページは、上書きが基本です。
新たな情報を掲載するたびに、古い情報を消していきます。
 
総ページ数は原則増やせません。
同じURLのページを、内容を変えて使い回すイメージです。
そのため、コンテンツの総量はいつまでたっても増えません。

こういう運用になっている理由は、大きく二つあります。

サーバー容量への配慮

一つは、サーバー容量の都合です。
各部署で好き放題にコンテンツを増やしていったら、サイト容量が際限なく増えていってしまいます。
サーバー容量のパンクを防ぐため、自主規制が敷かれている状況です。

粗探し対策

より重要な理由は、過去のページの粗探し対策です。
 
行政の粗探しをしたい方にとって、過去のWebページは格好の攻撃材料です。
ページの作成者がすでに異動してしまったであろう更新日時の古いページを探して、「文言の使い方がおかしい」「そもそもの制度趣旨がおかしい」などなど指摘してくる方が、結構います。
 
古いページの中身だと、現在の職員では即時回答できないことも時々あります。
この場合、回答に詰まること自体を嬉々として非難され、そのまま小一時間サンドバッグにされてしまいます。

こういった案件が頻繁に発生するので、用済みになったページはすぐに消してしまうのが、行政のサイト管理の原則です。

僕のような観光系の部署の場合、終わったイベントの情報は全部消しています。
特に、毎年恒例のイベント情報は念入りに消します。過去の情報を残しておくと、「現在との違い」について粗探しされるリスクがあるためです。

「なんで去年は来場者特典が『先着100名』だったのに、今年は50人に減ってるの?」とか、「ステージイベントの開始時刻を繰り上げたのは何故?」とか、とにかく邪推して揉め事にしたがる方が多くて……

コンテンツ価値の観点

上書き保存のみの運用だと、サイト上のコンテンツの総量が増えません。
コンテンツの総量が増えないと、サイトとしての価値は低いままです。
そのせいで、公式サイトなのに検索順位が低くなってしまいがちです。
 
自治体の公式サイトであれば、検索上位に来るように配慮されているようですが、公式サイト外に独自ドメインを取得して掲載しているサイトの場合は、「〇〇県お出かけ情報」みたいなキュレーションサイトの方がだいたい検索上位に来ます。

書籍名を検索した際に、出版社サイトよりもAmazonの方が上位に表示されてしまうのと同じですね。

キュレーションサイトの方が先に表示されたとしても、内容が正しければ問題はありません。
ただ、結構な頻度で間違いがあり、実際問題になっています。

現に、僕の課が管理している観光施設でも、「ウェブ上に載っている開館時間が間違っている」とのクレームがありました。
もちろん、公式サイトでは正しい時間が掲載されています。
最初は誰も意味がわかりませんでした。

よくよく調べてみると、いくつかのキュレーションサイトで開館時間が間違っていることが発覚。
各サイトのご意見フォームから訂正依頼を送り、現在は修正されています。

こういった事件が今後多発していくのではないかと危惧しています。

サジェスト汚染の危険も?

公式サイトの検索順位が低いと、サジェスト汚染への耐性も弱くなってしまいます。
ネガティブワードで一度バズってしまったら、なかなか修復できないでしょう。

幸いにも?今のところ実例は見たことがありません。
ただし、マイナーな観光地に対して有名ブロガーが「がっかり観光地だ」という記事を投稿した結果「がっかり」 がサジェストされるようになってしまう……くらいの展開は近々起こりそうですし、実際既にどこかで発生していそうです。
 

より良いサービスのため、粗探しは勘弁してほしい

少なくとも観光振興においては、「これから何をするのか」と同じくらい、「過去にどういうことをやっていたのか」も、重要な情報です。
そのため、なるべく過去イベントの情報も残しておきたいと常々思っています。

ただし、「粗探しして説教してやろう」という方が多数いらっしゃる以上、過去イベント掲載はハイリスクです。
今後の地域の発展のため、粗探しは勘弁していただけないでしょうかね……?

ワードやエクセルのファイルには、作成者が入力した中身のほか、作成者や作成日、最終更新日なども、パソコン側で自動で記録しています。
これらは「プロパティ」を開くと見られます。
これらの自動で記録される情報をまとめて「メタデータ」と呼びます。

デジタルカメラで撮影した写真にも、メタデータがたくさん含まれています。
「プロパティ」を開くと、撮影日時や機種名、シャッタースピード、焦点距離などが記録されているほか、GPS機能が内蔵されたカメラであれば、位置情報も入っています。
これらをまとめて「Exif情報」と呼びます。
写真好きの間では常識なのですが、そうでない方にとってはどうでもいい情報で、あまり知られていません。

あまり知られていないものの、このexif情報を野放しにしておくと、トラブルの原因になりかねません。
今回はExif情報丸出しのリスクについて紹介します。
本記事を読んで、「Exif情報を消す」一手間をかける公務員が一人でも増えてくれることを祈っています。

Exifは誰でも見られる


Exif情報は、画像をダウンロードしてプロパティを覗けば、誰でも確認できます。
ポインタを合わせるだけでExif情報を覗けてしまうGoogle chromeの拡張アプリもあります。

数年前、インターネット上にアップされた写真のExif情報から個人情報を漁る悪い人が問題になりました。幸いにも、現在は多くのWebサービスでExif情報自動削除機能が装備されてきて、実際にトラブルになるケースは減っているようです。
フェイスブックやインスタグラムは勿論、ライブドアブログも、Exif情報を自動で削除してくれます。

しかし、地方自治体のサイトコンテンツ管理システム(CMS)には、自動削除機能がついていないものがまだまだ多いようで、Exif情報丸見えのサイトを時々見かけます。

Exif丸出し事例

最近見つけたのは、このサイト。
http://www.kumamon-tokyo.com/category/blog
 
くまモンの東京活動記録ですね。

キャプチャ

こんな風に、撮影日時や、iPhone7で撮影したことがわかってしまいます。

この写真の場合であれば、わかったところで全く問題ありません。
ただ、Exif情報丸見えだと、トラブルにつながるケースも想定されます。

例えば、もしカメラの内部時計がずれていて、Exifデータ上の「撮影日」が実際の撮影日から1日遅れていたとしましょう。
サイトの閲覧者からすると、本文では4/28のイベントについて書いてあるのに、写真は4/29に撮影されたもので、ちぐはぐに見えてしまいます。
これでは、「このイベント、本当はくまモンが来ていないのでは?」と疑われても仕方ありません。

こういうトラブルの可能性を根絶するためにも、Exifデータを事前に消しておいた方が安全だと思います。
消すのは簡単です。右クリックで「プロパティ」を開き、消したい項目にチェックを入れれば完了です。
枚数が多いと手間がかかりますが、その時はフリーソフトを使えばいいでしょう。


公文書管理との関係

Exifデータの取り扱いは、今話題の公文書偽造問題にも関連してくるかもしれません。
 
公文書の定義自体いろいろあるのですが、だいたい「公務員が職務として取得・作成した紙文書及び電子データ」で、「組織的に保管しているもの」が公文書に該当します。
この定義によると、職員が撮影した写真データも、「職務上作成したもの」で「組織的に保管」されていれば、公文書にあたります。
具体的には、自治体主催のイベント風景を撮影したもので、職場の共用サーバーに保管されていれば、その写真データは公文書です。

保管中の公文書を事後に書き換える行為は、公文書の偽造です。
これは電子データでも同じです。
僕は、「Exifデータの削除」も、この「データの書き換え」という禁止行為に該当するのでは?という議論が、いずれ交わされるのでは?という予感がしているのです。

例えば、水害訴訟。
川が溢れた瞬間の時刻が、原告(住民側)と被告(行政)との間で見解が異なり、争点になっているとします。
 
原告側は、13:00に川が溢れたと主張し、これは12:58に行政側が実施した「ダムの緊急放流」が原因だと主張しています。
一方行政側は、川が溢れたのは12:55で、ダムの緊急放流とは関係が無いと反論しています。
行政側は、その証拠として、12:55に撮影した写真を提示しています。
この写真では、すでに川が溢れています。

ここで、原告側に写真に詳しい人間がいたら、その写真の電子データを公文書公開請求することでしょう。
入手次第、Exifデータを確認します。
もし「撮影日時」が12:55を過ぎていれば、被告は虚偽の主張をしていることになり、一転攻勢を仕掛けられます。
また、Exifデータが削除されていれば、「わざわざ削除するという一手間かけたということは、やましい事情があるに違いない」という攻撃を仕掛け、世論を味方につけることができます。


今のところ、Exifデータが原因の行政関係トラブルは聞いたことがありませんが、いずれ問題になるような予感がしています。 
何らかのルールができるまでは、安全側をとって、公開するものは少なくとも消しておく方が無難かなと思います。

このページのトップヘ