キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

タグ:健康

改正健康増進法の規定により、今年7月1日から病院や学校、行政機関での敷地内全面禁煙が義務化されました。

なくそう!望まない受動喫煙。(厚生労働省特設サイト)
 

僕の勤める役所からも喫煙スペースが消えました。
来庁者用の喫煙スペースとして隔離部屋が設けられていて、職員もそこを使っていたのですが、7月1日に張り紙が出されて施錠されてしまいました。

公務員スモーカーは少ない

僕の身の回りだと、地方公務員の喫煙率は10人に1人くらい。
統計調査だと20%弱くらいなので、世間一般よりも少ないと思われます。
喫煙者率(JTウェブサイト)

感覚的には、県庁よりも市町村役場の方が喫煙者が多いです。

元喫煙者はたくさんいます。
お子さんへの配慮とか、値上げで手が出なくなったとか、断煙に踏み切った理由は様々です。
飲み会のときだけ貰いタバコしている光景もよく見かけます。


ヘビースモーカーに公務員は難しい?

前述のとおり、法令により行政機関は敷地内全面禁煙が義務化されてしまいました。
僕の勤める職場の場合、喫煙したいときは徒歩10分かけて最寄りの喫煙スペースまで行かなければいけません。
もはやタバコ休憩は不可能です。

喫煙できるとしたら、昼休みくらいでしょうか?
半日タバコを我慢できないのであれば働けない環境と言ってしまっても過言ではないでしょう。


僕自身は一切喫煙しませんが、煙草と同じくアングラな趣味(オタク)の愛好家なので、同情してしまいます。
紙巻き煙草も、シーシャみたいに、特定のスポットに集約されていくのでしょうか……

就職した直後って、ものすごいストレスに晒されています。

やりたくないことを毎日8時間弱やらされる。
しかもこれから30年以上脱出できない。
 
控えめに言っても地獄です。

自覚は無いかもしれません。
現実を直視するとつぶれてしまうため、脳内麻薬がドバドバ出ているのでしょう。


夜更かししない

疲れているので、とにかく休息が必要です。
休息の基本は睡眠です。寝ましょう。

地方公務員として働く以上、新人とはいえ「急に仕事を振られて帰れなくなる」なんて出来事は日常茶飯事です。
帰れないということは、眠れません。
極端にいうと、睡眠時間を上司にコントロールされているのです。

不眠不休生活が突然始まるかもしれないという可能性を忘れず、なるべくベストコンディションを保てるように務めましょう。

「自分はショートスリーパーだから大丈夫」と思っている方も要注意です。
役所で働くというストレスがあなたを過去に無い勢いで蝕んで、疲弊させるかもしれません。
とにかく最初は様子見のつもりで、しっかり寝てください。

僕もかつては深夜アニメ実況民だったのですが、就職を機にすっぱり止めました。
23:30開始の番組ですら録画で見ています。

固定費が発生するサービスを契約しない

英会話やスポーツジムのような自己啓発系、生命保険、新聞、読み放題サービスなどなど……
固定費が発生するサービスの契約は、先送りにしましょう。

前述のとおり、皆さんは疲れていて正常な精神状態ではありません。
怖いお兄さんに囲まれて契約を迫られているのと大差ない状況だと思ってください。
こんな状態では、冷静に判断できるわけがありません。

僕もついうっかり口車に乗せられてしまい、WiMAXに加入してしまいました。
外でもタブレット端末を使いたくて加入したのですが、そもそも引きこもりなので外にタブレットを持ち出しませんし、冷静に考えてテザリングすれば十分でした
端末代割引の2年縛りで契約してしまったため、解約まで結局8万円近く支払うことに……
無駄な出費でした。 

勧誘側は「今を逃すと高くなる」と言って即決を迫ってくるでしょうが、単なる定型文だと思ってスルーしましょう。

ただ、財形貯蓄だけは検討に値すると思っています。 
勧誘されたらとりあえず説明だけは聞いてみてください。

高額品を買わない

上に同じ。心身ともに弱っているときに重大な決断をすべきではありません。
自分へのご褒美がしたいのであれば、贅沢なスイーツかランチくらいに止めておきましょう。
モノを買うのは、できれば冬のボーナスまで待ったほうが無難です。

学生の頃からずっと買いたいと憧れているモノがあるとしても、ボーナスまで待つことをお勧めします。

就職を機に生活環境がガラリと変わるのは周知の通りです。
さらに環境の変化は、あなた自身をも変えていきます。

学生の頃にどれだけ欲しかったとしても、社畜となって変わってしまったあなたには既に不要かもしれません。
自分の変化を冷静に感じ取ってから、改めて欲しいかどうかを問いかけてみた方が良いと思います。

組合加入は自分で考えて

「組合に加入したら駄目」という意見がネット上では主流ですが、自治体ごとに状況が異なるので一概に断言できないと思います。

配属先の先輩職員に聞いてみるのが一番です。
できれば複数人に。



職場側としては、新人がいきなり潰れてしまうのが一番困ります。
張り切って業務後に自分磨きしたり、遅くまで職場に残って勉強するのもいいですが、毎日元気に出勤してくるだけで職場に貢献しているんだと思って、何より休息を優先して下さい。 

市役所勤務の方からは顰蹙を買ってしまうかもしれませんが、県庁職員は仕事中に結構おやつを食べています。
もちろん、窓口担当や来客中は食べません。

手が汚れないものが人気

なんでも食べられるわけではありません。
業務に支障のないよう、周囲に迷惑をかけず、目立たずささっと食べなければいけません。

  • すぐ食べられる
  • 手が汚れない
  • こぼれない
  • 音が出ない
  • 常温保存できる
  • 口の中に残らない

以上の条件を満たさないものは難しいです。
チョコレートは溶けてしまうので、冬場でないと食べません。
ガムは口に残るし、食べ終わるのに時間がかかります。何より態度が悪いと思う方が多いです。

一番人気はグミです。
糖分補給だけならキャンディーでも十分ですが、歯ごたえがあるところが魅力です。
キャンディーでは解消できない「口寂しさ」を満たしてくれます。
ある意味、ガム代わりでもありますね。




残業時にがっつり食べることも

深夜まで残業が続きそうな時は、残業突入直後にがっつり間食することもあります。
遅い夕食までのつなぎですね。

このときは、当面の空腹解消が最優先課題なので、業務時間中よりもしっかりとしたおやつを食べます。
どら焼きや菓子パンあたりが人気です。

僕はプロテインバーを推しています。


これから予算要求が本格化していくので、おやつの出番も増えてきます。
まとめ買いしておかないと……

7月半ばの3連休から10月の3連休までの期間は、だいたいどこの自治体でも週末イベントが続きます。
役所内の人間関係から解放されて気楽でありつつも、慣れない外作業が続いて、体力的にはきつい時期です。

3ヶ月予報によると、今年の夏は暑いみたいですね。
近年、全国的に極端に暑い日が増えてきているみたいですが、今年は特に7月が暑い様子。

イベント業務では特に、熱中症に気をつけなければいけません。
実際、僕も去年7月のイベント業務にて、軽度の熱中症で倒れてしまいました。

塩分が足りなかった

熱中症に倒れた当日、僕の役回りは「ゆるキャラの中の人」でした。

炎天下でのゆるキャラは想像以上に暑く、ものすごく汗を書きます。
水分はしっかりと補給していたものの塩分補給の方が追いつかなかったようで、昼過ぎから軽く吐き気と頭痛が始まり、夕方には立ち上がれなくなってしまいました。
その時点でゆるキャラの出番は終わっていたので、遠慮なく日陰で倒れていたのですが……夜になっても頭痛・吐き気ともに収まらず、経口補水液(ペットボトルとゼリータイプ)を飲んですぐ寝ました。
 

翌日以降も頭痛が残り、完全回復には3日ほどかかりました。

熱中症対策に「スープ完飲」!?

熱中症対策には、水分だけでなく塩分摂取も必要です。
最近の暑さは半端ないので、水分も塩分もやり過ぎくらい補給したほうが安全でしょう。 
とにかく水分を補給して、塩分タブレットを舐めましょう。

あとは、実際効くのかどうかはおいといて、経口補水液もお勧めです。
少なくとも僕の場合は効きました。 
体内の塩分が不足していたせいか、熱中症の夜に飲んだ経口補水液はものすごく美味でした。


プロのゆるキャラの中の人曰く、「昼食は立ち食いそばがベスト」とのこと。
手早く食べられて消化も良く、出汁を完飲すれば塩分もバッチリ補給できるんだそうです。
田舎だと立ち食いそば店自体が少なく、現実的な対策ではありませんが……こういうプロっぽい行為にはどうしても憧れてしまうので、一度は試してみたいですね。

IMG_1455

続々と新商品が登場するエナジードリンク。
強烈な糖分とカフェインは、深夜作業の強い味方です。
地方公務員も勿論、エナジードリンクに日々助けられながら仕事しています。

社会人になると、エナジードリンクよりもワンランク上の「栄養ドリンク」にも手が届くようになりうます。

栄養ドリンクの先にも、錠剤とか栄養剤注射とか、一時的パワーアップの手段は色々あるようですが……よく使うのは、やはりドリンク類です。

地方公務員はモンスターばかり飲んでる


売れ筋!エナジードリンク人気ランキング
人気投票によると、モンスターエナジードリンクが人気のようですが、地方公務員にもモンスター愛飲者が特に多いです。

田舎だと、そもそもレッドブルとモンスターしか売ってません。
両者のうち、レッドブルは通常タイプとシュガーレスタイプしか種類がありません。
一方、モンスターは味が何種類かあるので、選ぶ楽しみがあります。
そのため、モンスターを選んでしまうものと思われます。

エナジードリンクよりも本格的栄養剤の方が人気


30歳を過ぎる頃から、本格的な栄養剤を愛飲する方が増えてきます。
聞くところによると、エナジードリンクが甘ったるくて飲めなくなるそうです。
こうなってくると、瓶タイプの栄養剤を飲むようになります。
 



こういうやつですね。

お値段を残業代換算すると、だいたい1時間分に相当します。
栄養成分の効果もさることながら、「1時間分の残業代を吹っ飛ばしても構わないから、気合い入れて頑張るぞ」という自己催眠、プラシーボ効果の方が大きいかもしれません。


時代は甘酒?


個人的にはエナジードリンクよりも甘酒(米麹)のほうが効く気がします。
いくらノンアルコールとはいえ、職場で飲む度胸はありませんが……

平日夜にどうしてもブログ記事を書きたいときや、土曜の深夜にがっつり作業したいときなんかは、米麹甘酒の豆乳割りを飲んでエネルギーチャージしています。



こういうやつですね。
3年ほど前からの甘酒ブームもあり、全国の酒蔵が甘酒作りに乗り出していて、選ぶ楽しみもあります。
夏バテにも効果的なので、これからの時期にもぴったりですね。
個人的におすすめなのがこれ。プラパックなので職場でも飲みやすく、後味も爽やかなんです。

販売店舗が限られてるのがネックなんですよね……ネット販売待ってます。

このページのトップヘ