キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

タグ:受験生向け

前回記事では、
  • 就職してしまうと余暇時間が著しく制約される
  • 地方公務員の場合、立場的にできなくなることがある
という前提に立ち、自由な大学生のうちにやっておくべき事柄を列記しました。

今回はその続き、いわばダークサイドです。

前回記事: 現役県庁職員が日々悔やんでいる「学生時代にやっておくべきだったこと」とは?


就職したらオタク趣味に費やすエネルギーがどんどん失われていき、いつの間にか単に気持ち悪い外見をした無趣味な人間に堕していた……という話は実際よくあります。
仕事をしながらがっつりオタクしている人は本当に尊敬します。

聖地巡礼

旅行と同じじゃないかと言われそうですが、

僕の場合、聖地巡礼の目的は、作中で描かれる感情や言動が一体どういう環境下で生じたのかを体験することです。
単に作中に出てきた場所や名物を味わいたいだけでなく、土地の雰囲気を感じたいのです。

そのためには地域の日常を体験する必要があります。
住民と同じように寝て起きて通学通勤して買い物して……等々、やることはたくさんあります。

これには時間がかかります。できれば2泊3日欲しい。
しかも平日も絡めないといけません。
就職してしまうとなかなか時間が取れません。年1回できれば上出来なくらいです。

長編シリーズの履修

実は僕、スターウォーズを一作も見たことがありません。
これがオタクする上で相当なハンデになっています。
同作絡みのパロディや伏線が全くわからないのです。

単発作品なら就職してからでも視聴できるものの、長期の休みが取れないせいで、スターウォーズみたいなシリーズ作品は手出しができずにいます。

最近の作品は最新作だけ見ても面白いように配慮して作られているものも多いですが、過去作全部見ていると別格です。
今だとアベンジャーズ作品あたりでしょうか?
少しでも興味があるのなら、学生のうちに全部見ておくことを強くおすすめします。

難解な作品を味わう(特にPCゲーム)

地方公務員として就職すると、作品を堪能するための基礎能力(鑑賞力)がどんどん劣化していきます。

審美眼や抽象的思考力、想像力等々の鑑賞力は、いずれも地方公務員稼業には不要です。
むしろ邪魔でしょう。
こういった能力があると仕事中の自分の言動に違和感を覚え、かえって仕事に差し支えます。

鑑賞力が低下していくと、難解な作品を理解できなくなります。

表現の機微を味わえなかったり。
伏線に気づかないどころか、種明かしをされても関連性が理解できなかったり。
作品のテーマそのものが何言っているのか理解できなかったり。

コミックマーケットに参加

独身若手地方公務員にとって、コミケの開催時期は、夏冬ともに休みにくいです。
夏はお盆、冬は年末と、家庭を持つ中堅公務員に休みを譲らないといけません。
その代わりに、独身若手が出勤せざるを得ないのです。

公務員への内定をゲットした皆様、おめでとうございます。
この時期、ツイッターなんかで大学4年生の様子を見ていると本当に羨ましくなります。
特段不安のない自由な時間。字面だけでも素敵です。

僕の場合、訳あって卒業単位数が足りていなかったので、大学4年下半期も毎日大学に通って必死に講義を受けていました。
そのため、自由の歓びを知らないまま、労働に囚われてしまいました。

就職してからというもの、この時期になると「ああしたかった」「こうしたかった」という後悔が次々浮かんできます。

休めるようで休めない若手地方公務員

本題に入る前に、若手公務員の余暇形態の特徴を整理します。
「人生の夏休み」とも言われる大学時代と比べると、地方公務員の生活は制約だらけです。

長期の休み(4日以上)が取りづらくなる

ゴールデンウィークと年末年始以外だと、長い休みはなかなか取得できません。
そのため、長期間にわたる娯楽や、数日間の休養が必要なハードワークは、就職してしまうとなかなか実行できなくなります。

休暇予定は易々と潰される

前々から休暇を申請していたとしても、突発的な仕事が発生したら出勤を命じられます。
「友人の結婚式」くらいの重要イベントでも仕事優先です。
どこの部署でもよくあるのは議員関係とマスコミ対応。あとは部署ごとに色々あります。

身分上の縛りができる

たとえ休日であっても、地方公務員という身分から解放されるわけではありません。
「副業禁止」などの規則は常につきまといますし、ボランティア団体やNPOによっては公務員を排除しているところも結構あります。
とにかく自由な大学生の頃と比べると、かなり行動が制約されます。


僕がやりたかったこと(陽キャ編)

遠方への旅行

定番中の定番ですが、一番後悔しているのはこれ。
3日以上の休みが取りづらくなるので、旅行するとしても1泊2日がメインになります。
そのため、移動だけで半日以上かかるような場所へはなかなか行けません。
道央〜道東を旅したかった……

怪しい単発バイト

ブログでおおっぴらに公表するのが憚られる怪しいバイトを、もっとやっておくべきたったと後悔しています。
怪しいバイトをこなした数だけ、会話のネタが増えます。

未経験のスポーツや楽器

新しく始める楽器やスポーツは、最初にがっつり基礎を身につけられるかどうかで、後々の上達具合が変わってくると思います。
一旦就職してしまうと、がっつり練習できるのは土日の二日間のみ、次の練習まで5日間も空いてしまいます。

特に初心者のうちは、5日間ブランクがあると未経験者並みに腕が衰えてしまうもの。
自由に時間が使えるうちにがっつり練習してある程度上達しておかないと、習得効率がガクッと落ちてしまいます。

陰キャ編も書きました。こちらからどうぞ。

その他(同期職員から聞いたこと) 

自治体主催ではないボランティア・勉強会

有志でやっている活動に地方公務員が参加すると、主催側に「役所お墨付きだ」という誤解(あるいは意図的にそう解釈)を与えてしまい、トラブルになるケースがよくあります。

そのため、興味があっても近寄らないのが基本です。
参加するなら学生のうちしかできません。

博物館・美術館巡り

公務員は基本的に土日休みなので、どこに行くにしても混雑を避けられません。
学生のうちは学割が効く上、平日に行けます。

奇抜なファッション

公務員は無難な格好を求められます。
特に男性の場合、髪染めNG、長髪NG、装飾具一切NGという役所も少なくないようです。
ファッションで自己表現したいのであれば、学生のうちに心ゆくまでやっておいたほうがいいでしょう。

遅ればせながら『FACTFULNESS』を読みました。



データをしっかり見ることの重要性を説いた本書。面白かったです。
僕もデータに基づいた推論をやってみたくなりました。
最近役所内でまことしやかに囁かれている噂を検証してみます。

地元国公立大学の県庁離れ?

僕の勤める県庁では、ここ数年、新規採用職員に占める地元国立大学卒の割合が漸減している説で盛り上がっています。
飲み会でも一番ホットな話題です。
これを公表資料の範囲で定量的に調べてみました。

※実際の数字を書いてしまうと勤務先がバレるので隠します。

今回使った資料は以下のとおり。
 
地元大学(近隣県含む)の進路実績
ホームページに掲載されている進路実績データと、各校で開講している公務員講座の募集要項に載っていた合格実績を使いました。

地元資格予備校(近隣県含む)の進路実績
各校で配っていた公務員講座の募集要項を使いました。

各種SNS
新規採用職員の名前をググってSNSアカウントを探しました。
フェイスブックとEightが特に使えました。

県庁離れの傾向顕著、市町村と国に二極化

地元国立大学の県庁離れは、ホームページを見たらすぐわかりました。
県庁への就職人数が年々減少しています。
 
ただ、公務員試験の合格者総数は減っていません。
ここ3年くらい全体採用数が減少傾向であるにもかかわらず、です。

つまり、地元国立大学では、「公務員離れ」ではなく「県庁離れ」が進んでいるようです。

一方、市町村職員と国家公務員の合格者数は増えていました。
特に国家の増加幅が大きく、総合職・一般職ともに増加。

僕の学生時代の感覚では、地元国立大学からの国家総合職はあり得ないと思っていたのですが、どうやら時代が変わったようです。

その他(国税、裁判所など)は横ばいでした。

地元私立大学の躍進

県庁合格者の減少分を補っているのは、一体どこなのか。

可能性として考えれらるのは以下3つ。
  1. 地元国立大学以外の地元大学
  2. Uターン者
  3. 新卒者以外

①に関しては事例を見つけました。地元の私立大学です。
ホームページの進路実績を見ると、県庁が大幅増加しています。
 
偏差値的には地元国立よりも大幅に劣る(併願先にすらならない)にもかかわらず、大学側がしっかりサポートすることで合格実績を伸ばしているようです。

大学主催の公務員講座募集要項によると、現役職員(もちろん同大学OBOG)との交流会なんかも開催していました。
合理的に複数人にOB訪問できる良い取組だと思います。

②③はよくわかりません。
地元資格予備校の資料だと、合格者数に大きな変化はありません。
Uターン者が激増しているのであれば、合格者数が落ち込むはずなので、②はあまり関係ないと思われます。


地元の雄である国立大学からの就業者数減少。
僕の勤める勤務先だけなのか、地方県庁全般に当てはまる傾向なのか。
気になるところです。

これまで何度か、地方公務員に向いている/向いていない人間の特徴を取り上げてきました。
参考:地方公務員の適性とは?「有能」と「向いてる」は別問題?
参考:中学・高校の文化祭の準備に黙々と取り組んでたタイプの人間は地方公務員(特に県庁)に向いている?

ニーズがある話題だと思うのですが、書くのがものすごく難しい
どれだけわかりやすく正確に書こうとしても、それぞれの単語の解釈は読み手次第です。
僕の意図が伝わっているとは限りません。
言葉の力の限界を感じます。

そこで今回、公務員への向き不向きを説明する新たな手法として、アニメの登場人物を挙げて、公務員適正を考えてみることにしました。
現実と虚構の区別がついていないオタクなので。

公務員適性を言葉で定義するよりも伝わりやすいのではと期待しています。

オタクの戯言はどうでもいいから結論示せという方は、最後のまとめをご覧ください。

第一回はラブライブ!シリーズより黒澤ルビィちゃんです。
1477861388-623f0777fd4bda852884595c8320684f
 
ラブライブ!というコンテンツは複雑で、雑誌連載・漫画・アニメ・ゲームそれぞれで若干キャラクター設定が異なります。
本稿はアニメ版に準拠します。

黒澤ルビィちゃんとは 

浦の星女学院の1年生。花丸とは仲良しで、いつも一緒にいる。泣き虫で臆病だけれど、名家のお嬢様だけあって芯は持っている。ずっとアイドルに憧れていた。唯一の得意は裁縫。

もっと詳しいプロフィールはピクシブ百科事典をどうぞ。

弱気だけど一本気が通っていて、大事な時には譲らない。
ハイカラな名前に反し、彼女は王道クラシックなキャラクターです。
黒澤ルビィちゃん以外にも思い当たるキャラクターがたくさんいるでしょう。リアルなお知り合いでもいるのでは?

アニメ版は彼女の成長物語でもありました。
最初は「与えられる」「守られる」側だった彼女が、周りの助けを借りながら少しずつ弱気を乗り越えていって、2期ではしっかり「与える」「守る」側として役目を果たします。

アニメシリーズはいくつものテーマが輻輳する物語であり、黒澤ルビィ成長譚はサブテーマの一つという位置付けです。
解釈が難しいサブテーマもある中、ほぼ満場一致で視聴者から歓迎されました。
 

役所勤務との相性は……

弱気だけど一本気が通っていて、大事な時には譲らない。

かっこいい生き様です。
現実であれフィクションであれ、憧れられる存在です。

しかし、こういうタイプの人間は、残念ながら地方公務員には向いていません。
黒澤ルビィちゃんがもし役所に入ったら、「仕事できないのに頑固な子」という烙印を押されてしまいそうです。

能力的に適性がない

自分の意志・理想をしっかり持っているけど、それをうまく外部に発信するだけの度胸や器用さ、手際に欠ける彼女。
2期4話のアルバイトしてるシーンなんかが典型ですね。

地方公務員に求められるのは、意志や理想よりも実務能力です。
素質としては真逆です。

役所全体で見ると、彼女のようなパッションを秘めた人材も必要です。
ただし、その役割を担うのは管理職です。ヒラの担当職員ではありません。

ヒラ職員の仕事は、パッションを実現するための実務。
他者のパッションをただ受け入れるだけでよく、自ら考える必要はありません。
 

性格が合わない

さらに地方の役所では、担当職員の考えよりも政治的事情の方が優先されます。
自分の意志をしっかり持っているほど萎えてしまう世界です。

与えられた既定路線に従って淡々と実務をこなして行くのが地方公務員。
自分の意志に反した仕事もたくさんあります。
彼女のように自分の意志をしっかり持っていて譲らないタイプには、やりがいを感じないどころか、ストレスを抱えやすい環境でしょう。

そもそも彼女は大きな組織自体に向いていないのかもしれません。

彼女の良さを引き出すには、周囲の人間のサポートが不可欠です。
内気な彼女と打ち解けるには時間を要します。
作中では、中学校時代からの親友である国木田花丸ちゃんがいたから、彼女は一歩踏み出すことができました。

彼女の本質を知るには、時間をかけて密なコミュニケーションをとらなければいけません。
しかし、定期人事異動で周囲の人間がごっそり入れ替わる環境では、彼女の良さを引き出す前に人間関係がリセットされてしまいます。

役所適正=乗り越えるべきハードル、捨てるべきネガティブ要素

アニメシリーズ1期4話にて、彼女にとっての第一のターニングポイントが訪れます。
以前から興味があったスクールアイドル活動(≒部活動)を始める機会に巡り会えたのに、色々理由をつけて躊躇します。

2b2690fd


そんな彼女に、親友の国木田花丸ちゃんが投げかけた一言。

「ルビィちゃんはもっと自分の気持ち、大切にしなきゃ。自分に嘘ついて、無理に人に合わせても辛いだけだよ」

自分に嘘ついて、無理に人に合わせる。
これこそ、地方公務員業務に求められる素養です。
辛さを感じていたら仕事になりません。

作中でネガティブ要素扱いされたものが適性という皮肉。
地方公務員はダークサイドの存在だった……?


まとめ

黒澤ルビィちゃんみたいな人、つまり
  • ドジで手際が良くないけど
  • 芯が通っていて自分なりの信念を持っている
こういうタイプは地方公務員に向いてないと思います。
地方公務員に求められる資質はむしろ上記の真逆、信念は無くとも実務能力が高い人です。

この結論だけを示しても伝わりにくいかと思い、黒澤ルビィちゃんという実例を引用してみました。

ちなみに、Aqoursで一番地方公務員に向いてるのは津島善子ちゃんだと思います。
彼女も信念をしっかりと持っていますが、仕事は仕事と割り切れそう。

SNSの鍵垢で毎日愚痴るけど、職場ではそんな素振りを見せず的確にこなしてる姿が目に浮かびます。

最後に

本稿に着手したのが4月頃で、書き上げるまでに3ヶ月もかかってしまいましたが、なんとか劇場版ブルーレイ発売までに間に合いました。
ラブライブ! サンシャイン!!劇場版ブルーレイ、ついに7月26日発売です。
アニメシリーズ26話かけて成長した黒澤ルビィちゃんの集大成がここにあります。
 


ドラゴンボールで例えるなら、ギニュー特選隊を倒したところで終わったような作品でした。 
後ろに肝心のフリーザ様が控えているのに、謎の余韻を残してEND。こんな感じ。
続編があるものと信じています。頼むよ……


地方公務員に向いているアニメキャラも現在執筆中です。
まずは羽沢つぐみちゃんの予定なのですが、キャラクターの解釈が難しくてなかなか進みません。

役所の仕事は内部のローカルルールに縛られることが多く、入庁前の経験が実務に役立つ場面はなかなかありません。

それでも即戦力となるスキルを見つけました。茶道と華道です。 

手っ取り早く日本っぽい

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、どこの自治体もインバウンド対応に奔走しています。
インバウンド向けの旅行モデルコース策定とか、観光施設でのインバウンド向け体験メニュー整備とか……

茶道や華道は、外国人が抱く日本のイメージと合致し、ウケが良いです。
そのため、インバウンドに関係する事業では、なるべく取り入れたいと考えます。
着物や浴衣の着付けなんかも定番ですね。

茶道や華道に詳しい職員は少ないです。
少しでも知識を持っていると重宝されます。
全然関係ない部署に所属していても応援要請があるくらいです。

どこだったかは忘れましたが、知事自ら茶道に取り組んでいる自治体もあると聞きます。
それくらい注目されているのです。

面接では要注意

採用面接でも、茶道・華道経験は良いアピールネタになると思います。
ただし、極力平易な言葉で、わかりやすく話さなければいけません。

専門的な話をわかりやすく説明する能力は、公務員実務に必須です。
面接でも重視されているでしょう。
参考:地方公務員にコミュニケーション能力は必要なのか?

前提知識の無い相手に対して、茶道や華道を説明するのは難しいです。
  • 専門用語が多い
  • 精神論も多い
  • 日常生活とは関係のない
この辺りのハードルをいかに処理するか、面接官としたら気になるところ。
説明能力を測る絶好のチャンスです。

エントリーシートに茶道や華道の文字が入っていたら、面接官は多分食いつきます。
専門用語をなるべく使わず、日常生活に絡めて、わかりやすい説明を事前に用意しておいた方が無難でしょう。

このページのトップヘ