キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

タグ:職場環境

老後資金2,000万円不足に続き、興味深いレポートが国から発表されました。


厚生労働省若手による緊急提言という形で、
  • 業務改善
  • 人事制度
  • オフィス環境
上記3点にフォーカスして、厚生労働省の労働環境がいかにひどいかの具体的指摘と、改善に向けての具体的提言をまとめています。

とても読みやすい「概要版」もあるので、公務員であろうとなかろうと、万人にぜひとも読んでほしいです。
むしろ本体よりも概要版を読んでほしい。役所が作るレポートとしては近年稀に見る怪作です。

あくまで僕の推測ですが、このレポートは社会に広く読まれることを目的として作られています。

類を見ない気合の入り具合

僕がこう考えるのは、体裁があまりに役所っぽくないからです。
 
役所がまとめるレポートの類は、普通もっと無機質です。
ワードで手作りした感が満載のシンプルなつくりで、お世辞にも読みやすいとは言えません。
そもそも役所関係者以外には読ませるつもりがないので、読みやすくする労力を節約しているのです。

一方、今回の緊急提言(概要版)は、役所っぽくありません。
ビジュアルにとことんこだわり、読みやすく感情を揺さぶります。巧いです。

ここまで作りこむのはものすごく大変です。しっかりお金をかけて外注しているでしょう。

官僚が作成した原文をプロのライターが改稿し、デザイナーがオリジナルのイラストやピクトグラムを作り、InDesignあたりの専用グラフィックソフトを使って紙面レイアウトを作り……という複雑かつ豪華な工程が眼前に浮かびます。

「お金と手間と時間をかけてでも役所以外の人間にも広く読んでもらいたい」という強い意図を感じます。

役所はマジで職場環境にお金を使わない

大手優良企業にお勤めの方がこの報告書を見たら、厚生労働省の職場環境があまりに時代遅れなことに驚くでしょう。
冷房が効かなくて夏場32度あるとか、ブレーン担当の官僚が会場設営と荷物運びに忙殺されているとか、スケジュールが共有されていないとか……

実際のところ、これらは厚生労働省に限った話ではありません。
ほとんどの役所も似たような状況です。

役所ごとに理由はいろいろあるのでしょうが、どこでも共通して最大のネックなのが、職場環境改善のための予算が全然認められないこと。

地方自治体の場合、職場環境改善のために予算を使おうとすると、ほとんどの場合、議会や住民から反発を受けます。

彼ら彼女らへの恩恵が無いからです。

「職員の勤務環境改善」なんて言い出したら、次回の選挙で落ちてしまいます。
そのため、トップダウンでは絶対出てこないし、ボトムアップでも途中で圧殺されるのです。

国の状況はよくわかりませんが、似たような状況なのかもしれません。

「役所はやる気がないからいつまでも旧態依然としているのだ」と思っている方もいるかもしれませんが、それ以前に予算が全然無いから改善できないという事情も知ってほしいです。

報告書の目的

このレポートは単なる現状暴露ではなく、厚生労働省が堂々と職場環境改善のための予算要求をするための布石なのだと思っています。

ただ「職場環境改善の予算をくれ」と要求しても却下されてしまうので、世論を味方にするために、このような緊急提言を出したのでしょう。

「職場環境がダメだから役所はダメなんだ!しっかり改革しろ!」
こんな感じの国民の怒声を財務省にぶつけることで、予算要求を通そうとしているのです。

もしかしたら、老後資金2,000万円不足の報告書がバズった様子を見て、二匹目のどじょうを狙ったのかもしれません。

この予算が通過すれば、自治体も追従する流れが生まれるかもしれません。
僕の勤める自治体も例に漏れず超絶ローテク環境です。
職場で使っているパソコンはWindows Vista時代の年代物で、エクセルファイルを3つ以上開くとフリーズします。 10MB以上のPDFはメモリ不足なのか開けません。

みんな読もう!そして声を荒げましょう!


個人的に一番僕が紹介したいページがこちら。
IMG_0296


会議参加者用のお茶を発注したり、会議室の冷暖房や照明をオンオフしたり、会議室のマイク電池残量を確かめたり……
いずれも国家公務員(総合職)若手の重要な仕事です。

答弁準備とかで疲弊している中、こういう単純作業もしっかりこなせるかどうかが、若手官僚の評価基準だともっぱらの噂。
どう考えても非効率というか、頭脳の無駄ですよね……

改正健康増進法の規定により、今年7月1日から病院や学校、行政機関での敷地内全面禁煙が義務化されました。

なくそう!望まない受動喫煙。(厚生労働省特設サイト)
 

僕の勤める役所からも喫煙スペースが消えました。
来庁者用の喫煙スペースとして隔離部屋が設けられていて、職員もそこを使っていたのですが、7月1日に張り紙が出されて施錠されてしまいました。

公務員スモーカーは少ない

僕の身の回りだと、地方公務員の喫煙率は10人に1人くらい。
統計調査だと20%弱くらいなので、世間一般よりも少ないと思われます。
喫煙者率(JTウェブサイト)

感覚的には、県庁よりも市町村役場の方が喫煙者が多いです。

元喫煙者はたくさんいます。
お子さんへの配慮とか、値上げで手が出なくなったとか、断煙に踏み切った理由は様々です。
飲み会のときだけ貰いタバコしている光景もよく見かけます。


ヘビースモーカーに公務員は難しい?

前述のとおり、法令により行政機関は敷地内全面禁煙が義務化されてしまいました。
僕の勤める職場の場合、喫煙したいときは徒歩10分かけて最寄りの喫煙スペースまで行かなければいけません。
もはやタバコ休憩は不可能です。

喫煙できるとしたら、昼休みくらいでしょうか?
半日タバコを我慢できないのであれば働けない環境と言ってしまっても過言ではないでしょう。


僕自身は一切喫煙しませんが、煙草と同じくアングラな趣味(オタク)の愛好家なので、同情してしまいます。
紙巻き煙草も、シーシャみたいに、特定のスポットに集約されていくのでしょうか……

地方公務員という職場の良いところ。
体が弱くても活躍できるところだと思っています。

もちろん体力勝負の部署もありますが、体が弱くても問題ない部署も多いです。
体の都合であれば、配属や担当業務も考慮してもらえます。 

ただ、埃っぽい環境が駄目な方は、地方公務員は相当きついと思います。

紙の山から逃れられない

役所はとにかく大量に紙を使います。
棚はいつも満杯で、そこから溢れた冊子や紙束が床に積み上がっています。

そのため、役所の中は常に埃っぽいです。

加えて、最近の財政難傾向もあり、庁舎清掃にかける予算もどんどん減ってきているようです。
僕の勤める県庁でも、定期清掃の頻度が半分くらいに減りました。
来客スペースはまだ綺麗に保たれていますが、職員しかいない執務室は一層埃っぽくなりました。

改善の見込み無し

最近の公文書関連のニュースを見ていると、これまで以上に保存文書すべき公文書の幅が広がりそうで、執務室内の紙の量も増える一方だと思われます。
 
公文書の保管スペースを別途作ってくれればいいものの、庁舎内環境改善のような職員しか喜ばない予算は通らないのが役所の常。
努力でスペースを捻出しろという流れになるのは目に見えています。

つまり、地方公務員として働く限り、紙だらけ埃だらけの環境から逃れられないのです。 

鼻の粘膜が弱くて鼻血が出やすいタイプの方にとっては、かなりきつい労働環境になると思います。
僕もかつてはそうでした。小学校時代は図書室に行くたびに鼻血出してましたね。

もちろん、役所によって事情は異なります。
ただ、こういう一般的傾向があることは確実です。


どこも暑い日が続きますね。「2010年以来の猛暑」という表現も度々耳にするようになりました。
2010年当時、僕は東京にいました。8月は連日スコールが降って、ついに日本も熱帯気候に入ってしまったのかと絶望した記憶があります。

今回は地方公務員の冷房事情について紹介します。

定時内のみ・弱冷房

大半の自治体では、冷暖房ともに定時内のみ運転させているようです。
僕の勤めている自治体もきっちり定時内のみ、終業のチャイムとともに冷房が切れます。 
そのため、残業中は冷房無しです。さっさと帰れというメッセージですね。

定時内しか運転しないため、月曜日の午前中は地獄のように暑いです。
月曜日だけでいいので始業30分前から運転してくれないかなと毎週思います。

設定温度は、多分28度くらいだと思われます。
僕は冷房が苦手なタイプなのですが、それでも半袖で過ごせています。

集中管理(例外あり)

庁舎内の空調は、総務系部署が一括して運用しています。
各部屋にも壁面にスイッチがありますが、押しても反応しません。オンオフも温度調整もできません。

そのため、我々一般職員は、設定温度がどれくらいなのかすらわかっていません。
前節で「設定温度は、多分28度くらいだと思われます。」と表記したのは、このためです。

集中管理だと、どうしても休日出勤しないといけない場合が悲惨なんですよね。
暑い中とにかく耐えるしかありません。年齢・役職にかかわらず、皆で汗をダラダラ流します。

ただし、集中管理を逃れている聖域もあります。サーバールームです。
サーバールームは常時室温を一定に保つ必要があり、集中管理ではなく、部屋ごとに個別に空調が設定されています。
そのため、サーバールームを持っている部署の職員は、例外的にいつでも涼めます。
僕も防災部局の時はお世話になりました。


今話題の公立学校の冷房設置率。
都道府県別のデータはこちらで見られます。(文部科学省ホームページ)

滋賀県がどうして高いのか、個人的に気になります。

小学生のお子さんがいる職員によると、熱中症関連でほぼ毎日児童が搬送されているとのこと。
救急車沙汰くらいでは動かないんですね……
もはや業界の闇すら感じるくらいです。ブルマみたいに何らかの利権が絡んでいるのでしょうか?

観光部局の僕が言うのもアレですが、観光振興みたいな消え物より、確実にストック(人的資本)が残る教育に予算を割くべきではないかと思うんですけどね……

今や事務作業の大半がパソコン作業になってしまいましたが、まだまだ紙と筆記用具も現役です。

僕の場合、資料の大筋をまず紙に書いて考えてから、パソコン作業を始めます。
パソコン画面を見る時間を最小限に抑える目的もありますが、アナログ作業の方が捗る気もしています。

文房具は仕事で誰もが使うものなので、もちろん公費で買ってもらえます。
ただ、仕事で使うからといって、なんでも買ってもらえるわけではありません。

公費で購入してもらえる文具


僕の職場だと、鉛筆、消しゴム、シャーペン、ボールペン、フリクションボールペン、ホッチキス、ハサミ、のり、修正液、付箋あたりは購入してもらえます。

利用頻度の高いものの中でも、マジックペンは買ってもらえません。なぜか自腹です。
ハンコを押すための朱肉も自腹です。黒色のスタンプ台はあるんですけどね……

鉛筆やシャーペン、ボールペンは、まとめて大量購入しているようで、1本30円くらいのクオリティのものです。

フリクションボールペンを買ってもらえるのは、ものすごくありがたいです。
文章の校正をするときに役立ちます。
できれば、フリクションの蛍光マーカーも買って欲しいのですが、今のところ許してもらえていません。

他にも、課の共有物として、ものさしやカッター、カッターマットあたりも、公費で購入しています。
「羽箒を買ってくれ」と庶務担当に懇願している同僚がいましたが、もちろん却下されていました。


あえて私物を使う人も

文具は毎日使うものなので、私物を別途購入して使っている職員も多いです。
僕もその一人です。
立ったままメモを取る機会がものすごく多いので、インクが濃くて写りやすいものを愛用しています。

万年筆にこだわる職員も一定数います。
特に、国から出向してきたキャリア官僚の方に多いです。
霞ヶ関では万年筆が流通しているのでしょうか……?

このページのトップヘ