キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

タグ:資格

新年度が始まって1ヶ月半が経過し、俗にいう「5月病」真っ盛りのシーズンがやってきました。
新しい環境に慣れてくるにつれて、いまの職場に嫌気が差してきた方もいるでしょう。

もしかしたら地方公務員という職業そのものに違和感を覚え始めている方もいるかもしれません。

あくまで僕個人の信条ですが、人生において一番勿体ないのは「不満を抱きつつも行動せずにイライラしている時間」だと思っています。
不満の原因を特定するなり、できる範囲で対策を打つなり、わずかでも状況が改善するよう行動したほうが有意義だと思います。気分転換にもなりますし。

「辞めたい」という不満に対しても同様です。
「組織が駄目」「待遇が悪い」などと愚痴っている時間を、なんらかの行動に移したほうが有意義だと思います。

役所の場合、辞めたくなる原因の解決は困難です。
独力ではどうしようもなく、諦めたほうが無難でしょう。
対策するとすれば、自分自身が抱いている「辞めたい」という感情を前向きに処理することです。

地方公務員を辞めた後に「やりたいこと」があるのならば、それに向かって着々と準備すればいいと思います。
転職や独立開業したいのであれば、新しい職に必要な能力を磨けばいいですし、早期リタイアしたいのであれば蓄財に励めばいいでしょう。答えは出ています。

「やりたいこと」が特に無いのであれば、それを探したり、退職後に何をしようとも活かせる汎用的な知識・技能習得にチャレンジしてみればいいでしょう。
手段は色々ありますが、僕の一押しは「ファイナンシャルプランナー」と「情報処理技術者」の資格取得です。

役所外では必須

言わずもがな、ファイナンシャルプランナー(FP)はお金に関する資格で、情報処理技術者はITに関する資格です。

今の世の中、この2分野と無縁な業界はありません。
公務員を辞めて別業界で働くのであればほぼ確実に必要となる、まさに汎用的な知識だと思います。

特にFPは、2級レベルの知識は不可欠だと思います。
過去に僕がFP2級に合格した際、金融業界の友人から「今更2級w」と嘲笑されたことを書きました。



その後もいろんな業界の友人知人と交流していく中で、民間勤務であればだいたい皆さん金融の知識をお持ちであることを理解しました。
それなりに大きい企業であれば、研修や実務を通して標準的に身につくようです。

情報処理技術者も同様です。
僕はオタクなのでそれなりにIT関係には詳しいつもりでいたのですが、実際に情報処理技術者試験の勉強をやってみて、ようやく自分の無知に気がつきました。

一方、民間勤務の方はちゃんと研修を受けていて、機器やサービスの背後にある原理や仕組みを知っています。
さらに役所とは違って新しい機器やサービスを利用しているので、最新の情勢にも詳しいです。


「お金」と「IT」に関しては、意識的に勉強しない限り、地方公務員は世間からどんどん遅れをとってしまいます。
むしろ、30代にもなってこれらをろくに知らないままでもそれなりに働ける役所が異質なのかもしれません。

役所を離れて働くつもりがあるなら、辞める前からキャッチアップしていかなければいけないと思います。

新しい世界が開けて「やりたいこと」が見えてくる

「お金」と「IT」の勉強は、「やりたいこと」探しにも資すると思っています。

新卒で地方公務員になった方(公務員専願だった方は特に)の場合、「お金」も「IT」も未知の世界でしょう。
知らないことを勉強するのは、最初はすごく大変です。
しかし、知らないからこそ、理解できたときには一気に知識の幅が広がり、視野が開けます。

つまり地方公務員は、「お金」「IT」に疎いからこそ、これらを知ることで世界が広がり、「やりたいこと」を見つける手掛かりになるかもしれないのです。

さらに、「お金」と「IT」の知識は、日常生活や役所勤務でも役立ちます。
地方公務員を辞めなくても無駄になりませんし、地方公務員と両立できる「やりたいこと」にたどり着けるかもしれません。

地方公務員なら「土台固め」が得意なはず

「お金」と「IT」の知識と一口に言っても、学び方は色々あります。
僕がFPと情報処理技術者という「資格取得」をおすすめするのは、2つ理由があります。

一つ目は手軽さです。
資格取得はノーリスク・ローコスト・ミドルリターンな手段です。
最近流行りの「オンラインサロン」や「スクール」に入るよりもずっと安上がりですし、いつでもどこでも、誰でも実践可能です。
途中で挫折したとしても、損するのは参考書代(せいぜい4,000円程度)くらいで、それほど痛くもありません。

もう一つは公務員としての現状の立場が活かせるところです。

退職前の自己研鑽といえば、「マーケティング」「ライティング」「プログラミング」「動画編集」みたいな実践的スキルのほうが一般的なのかもしれません。
資格取得はあくまで土台に過ぎず、資格があれば稼げるわけではありません。

ただ、今は地方公務員という安定した身分があるわけで、「稼ぐための実践的スキル」を身につけなければ食いっぱぐれるわけではありません。
ゆっくり土台を固めてから実践的スキルを身につけるという「余裕」があるのです。

さらに、過去の記事でも触れましたが、地方公務員は「公務員試験」というそこそこ難関の試験を突破した人間であり、世間一般よりも筆記試験が得意です。
ひいては「試験勉強という形での自己研鑽」が得意とも言えるでしょう。
この強みを活かさない手はありません。



わずかでも「地方公務員やめるかも」と思っているのであれば、なるべく早いうちに役所外の世界を知ったほうがいいと思います。
僕くらいの年齢(30歳過ぎ)になってから民間コンプレックスを発症してしまうと本物の地獄が始まります。


今の世の中、職業人生において、いずれは独立を考えている方は多いと思います。
このブログでも資格取得関係の記事がけっこう人気で、公務員の中にも資格を取って士業で独立を考えている方がそこそこいるのかな?と推測します。

まず数年間は公務員として働いて、開業資金を貯めつつ試験勉強して資格取得、あわよくば役所での勤務経験を強みに……というプランを思い描いている方もいるかもしれません。

こういうストーリーは不可能ではありません。実現している方もいます。
ただしなかなかの狭き門、険しい道のりだと思います。
士業で独立したいのであれば、別の方法も冷静に考えてみたほうが無難です。

独立開業までに必要になる
  • 開業資金を貯める
  • 資格取得
  • 勤務経験
の3段階について、それぞれ考えていきます。


開業資金:かなり厳しい

若手公務員の給与は高くありません。
大卒1年目だと、時間外手当・地域手当抜きのベース月収(手取額)が、だいたい14万円くらいです。
定期昇給によって、そこから1年ごとに5千円くらい手取り額が増えていきます。

もし試験勉強のために予備校に通うのであれば、さらに厳しくなります。
ホワイト民間企業にある「資格取得補助」のような福利制度は、役所にはありません。
受験費用は全額給与から賄うしかありません。

独学にしろ予備校通いにしろ、
  • 実家住まいで家賃がかからない
  • マイカーを持たない
  • 休日はずっと引きこもって勉強しているので交際費も服飾費もかからない
という苦学生活を送らない限り、開業に必要な資金は貯まらないでしょう。
それくらい若手の給与は少ないです。
 
節約のような貯蓄努力だけではどうしようもない次元だと思われるので、目標となる開業資金を貯めるには何歳まで働く必要があるのか、まず冷静に試算してみることをお勧めします。


資格取得:特段有利ではない

仕事と試験勉強は完全に別物です。
役所の仕事が資格試験に役立つことは基本的にありません。

 
資格試験で問われる法令(民法など)を仕事で紐解くことはよくありますが、資格試験に必要な知識とはずれていますし、試験並みの深さまで掘り下げることもありません。
業務外の時間に、しっかりと勉強時間を確保しなければいけません。

配属先次第で勤務環境が一変することに定評のある役所ですが、平日2時間くらいであれば、大抵の部署で勉強時間を確保できると思います。

しかし中には平日も休日も関係なく労働を強いられる職場もあります。
体感だと10分の1くらいの割合でしょうか。
こういう部署に配属されてしまったら、試験勉強どころではありません。 

試験勉強をしているからといって、配属先は考慮されません。
むしろ「自分の裁量で使える時間が豊富」とみなされて、繁忙部署に放り込まれるかもしれません。

持病や親の介護など、自分の裁量ではどうしようもない事情で時間的制約を負っている人がたくさんいます。
こういう事情と比べれば、試験勉強は趣味に近いものです。人事課が配慮するとは思えません。

試験勉強を確保できる部署への配属を勝ち得たとしても、突発的に深夜残業や休日出勤を余儀なくされるケースは多々あります。
役所という立場上、住民や議員、マスコミを無視できません。正当な要請があれば、職員のプライベートは関係なく仕事をしなければいけません。
そのため、ダブルスクールに遅刻したり欠席したりは日常茶飯事でしょうし、模試すら受けられないこともあるでしょう。

つまるところ、「公務員だから試験勉強に有利」とは言えないと思います。
他の仕事と変わりありません。


勤務経験:あくまでも周辺知識

士業と役所の関わりは結構深く、どんな部署でもそれなりにお付き合いがあります。
日常的な書類のやり取りのみならず、役所主催の講演会の講師として登壇したり、外部専門家として意見を求められたり、仕事を外注されたり。
役所と敵対する仕事も多数あります。

いずれにしても、意思決定プロセスや現状認識、予算執行の考え方のような役所の内部事情を知っていれば、実務に役立つでしょう。

ただし、役所関係の知識は、本業の実務とは関係がありません。
役所絡みの仕事をするときにだけ役立つのであり、役所が関係しないときは活きません。
あくまでもプラスアルファの知識です。

「諦めたときの保証」という強みかつ弱み

働きながら士業独立を目指すのであれば、役所よりも、資格補助がしっかり出るホワイト民間企業で働くほうが無難です。
それか、都会限定ではありますが、大手士業事務所の正社員事務員になるのも良いでしょう。
役所で働くよりも、独立後の実務に直結する経験を得られると思います。 

公務員ならではの強みは、独立を諦めたとしても、それなりの待遇が保証されているところです。
民間企業であれば、自分が資格勉強をしている間に、他の社員は別の方法で着々とスキルアップしていきます。
もし資格取得に失敗したら、試験勉強に費やした時間分だけ周囲と差が開いてしまいます。
この差に応じて、業務上の評価にも差が出て、ひいては待遇が悪化する危険があります。

役所であれば、民間企業とは異なり、干されたところで待遇に大差ありません。
それなりの給与が保証されています。
資格取得に失敗することがリスクにならないのです
しかし逆に言えば、「失敗しても人生なんとかなる」という甘えの原因にもなり得ます。



資格補助が出るようなホワイト企業って、多分役所以上に居心地が良いと思います。
そんな環境を捨ててまで士業独立するなんて、自分からすれば勿体無いです。
「士業独立を断念する」誘引が、役所以上に強いともいえるでしょう。

挑戦に対するスタンスは人それぞれです。
ある程度の余裕がないと頑張れない(プレッシャーで潰れる)人もいれば、追い詰められていないと頑張れない(現状に甘えてしまう)人もいるでしょう。
前者であれば、ホワイト民間企業や役所で安定収入を得ながら試験勉強するほうが合っているでしょう。
後者なら、あえて正社員にならず、勉強に専念したほうがいいのかもしれません。


この秋わけあってマンション管理士試験管理業務主任者試験を受けてきました。


試験対策は万全、自信満々で挑んできたのですが……結果は非常に厳しいものでした。

自己採点によると、ボーダーラインに乗るかどうかの瀬戸際に立たされている様子。

正式な合否発表まで心がハラハラさせられます。


約半年かけて、テキストと問題集を4周回し、過去問に至っては10年分の回答を暗記するレベルでやり込みました。

ここまでがっつり勉強したのは公務員試験以来です。


今更ながらですが、勉強の仕方がまずかったと後悔しています。

独学での試験勉強は慣れているつもりだったのですが、この自意識がかえって驕りになってしまいました。


孤独な独学はだれる

公務員試験のときは、独学とはいえ仲間がいました。

同じく公務員を志す同級生たちです。

勉強自体は一人でやっていたとはいえ、定期的に進捗を報告し合ったり悩みを打ち明け合ったりと、刺激が絶えませんでした。


一方、今回の試験勉強は完全に孤独でした。

受験者総数がそもそも少ないマイナー試験なので、ネット上でも同胞を見つけられず、一人で黙々と勉強するしかありませんでした。

結果、勉強終盤は気が緩んで、甘えが発生していました。


まあしっかり勉強してきたしなんとかなるだろう、という根拠の無い楽観。

だれているという自覚すら阻害する甘え。

最大の敗因はこれです。


戦いは己を急成長させる

独学とはいえ、せめて模試は受けるべきでした。

数数の名作バトル漫画で描かれているとおり、死闘は人を圧倒的に成長させます。

試験勉強も同じです。一番成長できるのは試験本番だと思っています。


試験本番の緊迫した状況下で、細かい知識を思い出そうとしたり、過不足なく理路整然とした文章を編み出したり……という頭脳的死闘を繰り広げることで、受験生は急激に成長します。


僕はこのことを久しく忘れていました。


マンション管理士試験の翌日、管理業務主任者試験の詰めにとりかかかって、ようやく思い出しました。

前日までとは明らかに知識の定着具合が異なります。

マンション管理士試験本番の間に一皮剥けたのです。

模試を受けていれば本番前に脱皮できていたかもしれないと思うと、後悔しかありません。


独学のマンネリ対策にも、模試が効きます。

  • 「模試でいい点取ってやるぞ」という意気込み
  • 模試会場にいる他の受験生への感想
  • 模試中の焦りと緊張
  • 模試結果への後悔

こういった感情のゆらぎ全てが、独学のマンネリを打破し、気合を入れ直してくれます。


受験生の中の相対順位がわかるという副産物もあります。

独学だとどうしても、自分の成長にしか目が向きません。

日々進歩している自分に満足してしまい、他の受験生も同じく成長しつつあることを忘れがちです。

このような視野狭窄が驕りを招き、破滅に導きます。


ただ資格試験の場合、模試を受けない謎のマジョリティが大量に潜んでいるので、模試結果がそのまま相対順位になるかどうかは微妙なところです。


届け僕の後悔

独学派も模試を受けましょう。


模試は自分の相対順位を測るだけでなく、知識定着の方法としても有効です。


僕の後悔が誰かの役に立つことを祈ります。

そろそろ上司から「食品衛生責任者の講習に行ってこい」と指示される職員もいるのでは?
ほぼ一日潰れて、しかも自腹で8,000円払わされるのは無駄だと思う方も多いでしょう。
僕としては、いい勉強になるので自腹でも行っておいたほうがいいと思っています。

食べ物を取り扱うために絶対必要な資格

食品や料理を提供するには、食品衛生法に基づく営業許可が必要です。
営業許可を得るための条件の一つに、この「食品衛生責任者」資格保有者を確保することがあります。
つまり、食品や料理を提供するために、絶対必要な資格です。
詳細はこちら。

講習を1日受講すればだれでも取得できます。試験はありません。
ただ、講習会は定員を設けていることが多く、満席で受講できないケースがよくあります。
特に年度初めは要注意です。就職や異動で資格が必要になった人が押し寄せます。
 
野外フェスの出店のような一時的な販売でも必要で、小売・飲食業に携わる方なら免許証レベルに必須の資格です。
(調理しているお兄さんお姉さんの誰かが本資格を保有しているはず。)

特に東京が厳しい

最近、東京都の食品関係衛生指導がものすごく厳しくなっています。
これまではグレーゾーンだった部分が細かくルール化されてチェックが厳しくなっただけでなく、ルールとして明文化されていなくとも、指導担当職員の裁量で色々な制限を課されるようになりました。
補足資料提出くらいなら面倒なだけで済みますが、自主検査のような費用の嵩むオーダーもあるとのこと。

自治体職員でも、首都圏の屋外イベントに出店したことのある方なら、痛い目を見た経験があるかもしれません。
例年通りの準備をして臨んだら、あれこれと注文をつけられ、既決予算では賄いきれず参加中止……とか。
昨年度よく聞いた話です。

食品衛生責任者についてもオーダーが厳しくなっています。
最近は「食品衛生責任者の売場常駐」を求めるイベントが増えてきています。

これまではイベント開始前に食品衛生責任者が現地チェックすれば常駐までは不要なパターンがほとんどでした。
常駐を求められると、食品衛生責任者の拘束時間が長くなり、人件費が嵩みます。
長時間のイベントだと、休憩回しのためにもう一名追加で必要になります。
人件費は事後的に手当てできますが、食品衛生責任者の頭数を増やすのは、急には対応できません。


東京都の規制強化路線は、オリンピック・パラリンピックを見据えての判断なのでしょう。
ということは、オリンピック会場になりうる関東圏全域には、少なくとも広がっていくと思われます。

食品衛生の知識が身を助く?

自治体職員が食品衛生責任者資格を取得するメリットは、大きく2つあります。

一つは頭数の確保。
とにかく人数が必要とされる資格になってしまったので、とりあえず取っておくだけでも安心感があります。

もう一つは、食品衛生の知識が今重要だから。
東京と田舎とでは、食品衛生への意識が全く異なります。雲泥の差です。
例えばHACCP。都内では既に、取得していないと正規ルートの流通に乗れないようですが、田舎ではまだまだ全然対応できていません。

今後は東京基準(厳しい)がスタンダードになっていくでしょう。
早く東京基準に対応していかないと、首都圏の販路を失います。いち早く対応した業者に取引先を奪われます。
 
役所としても、生産者の食品衛生リテラシーの向上が喫緊の課題です。
既に取り組んでいる自治体もたくさんありますし、この記事を読んで「2年遅い」とせせら笑っている職員も多いでしょう。
ただ、対応できていない自治体も多いと聞きます。

まずは職員が食品衛生について勉強しなければいけません。
そのための端緒として、食品衛生責任者の講習会が役立ちます。

どこの自治体でも定期的に講習会を開催しているので、調べてみてはどうでしょうか?

2019年5月26日(日)、ファイナンシャルプランナー2級技能士試験(以下「FP2級」)を受けてきました。
本当は1月に受けるつもりだったのに、休日出勤が入ってしまい後ろ倒しすることに……
参考:ファイナンシャルプランナー2級試験に挑戦します

結果は無事合格。
学科は56/60、実技は89/100と、余裕をもって合格できました。

試験の仕組み

試験は学科試験と実技試験の二部構成です。
学科はマークシート、実技は記述式(論述ではなく短答)です。

学科試験

学科試験は6科目に分かれており、それぞれ10題ずつ、全60題です。
合格ボーダーは6割、36点です。


ライフプランニングと資金計画
年金と社会保険がメインです。
福祉系部署の公務員なら余裕でしょう。

試験対策の観点では、一番厄介な科目です。
複雑で理解しにくいうえ、細かい数字が大量に出てきます。
テキストに書かれていないことも度々出題されますし、得点源にはしにくいと思います。
 
リスク管理
生命保険や損害保険など、民間保険がメインです。
公務員実務とは無縁の科目で、しっかり勉強が必要です。
実生活で一番役立つ科目でしょう。

金融資産運用
債権や株式の運用がメインです。
こちらも公務員実務とは無縁の内容ですが、株を触っている人間であれば余裕でしょう。

タックスプランニング
所得税の計算方法がメインです。
税関係部署の公務員なら余裕でしょう。
細かい数字がたくさん出てきますが、覚えてしまえば得点源にできる科目です。 

不動産
不動産の権利関係、税制、関係規制法令が問われます。
権利関係は、公務員試験の民法を簡単にしたような内容です。
宅建士試験を浅くしたような内容です。
出題範囲の幅が狭く、問題演習を繰り返せば得点源にできます。 

相続・事業承継
贈与と相続について問われます。
公務員試験の民法に、実務的な数値問題が加わったような内容です。
科目名に「事業承継」と入っているものの、贈与の方がよく出題されます。

実技試験

全部で5種類ある中から、出願時に1種類選びます。
僕は「資産設計」を選びました。合格率が一番高かったので。
こちらも合格ラインは6割です。

資産設計
学科試験の知識を使い、資料読解や正誤判断、計算問題に答えます。
問題形式は毎回だいたい一緒なので、解き方のパターンを覚えればなんとかなります。


使用教材

きんざいが発行しているテキストと問題集を使いました。
ただ、日本語の表現がわかりづらい箇所があり、何度読んでも頭に入らないことがありました(老齢厚生年金のあたりとか)。 

試験会場にいた他の受験生を見ると、「みんなが欲しかった!」シリーズが圧倒的多数でした。
 


勉強方法

まずは、テキストを一読してから学科問題集を解きました。
一周したら、間違えた問題に再度チャレンジ。
たくさん間違えた分野は「苦手分野」に認定し、テキストを見ながらまとめノートを作成して頭に叩き込みます。
並行して、細かい数字を暗記していきます。

まとめノート作成が一巡したら、学科問題集を頭から解き直します。

出題範囲がとても広いので、まとめノート作成のような丁寧な勉強方法は、苦手分野だけに絞った方がいいと思います。
絶対に時間が足りません。

1ヶ月前くらいから実技問題集にも取り掛かります。
問題の解き方に慣れるのが目的です。
同時に、FP協会のホームページに載っている過去問にも挑戦します。
無料で使えるので、使わない手はありません。

総勉強時間は約70時間でした。
僕の場合、日頃から株を触っているおかげで「金融資産運用」は勉強無しで余裕、「不動産」は宅建のおかげで軽く勉強するだけで十分だったので、他の受験生よりも2科目分有利でした。
予備知識なしで勉強スタートする場合は、もっと時間がかかるかもしれません。

試験本番・結果

初めて見る単語や統計がちらほら出てきて焦りました。
一方で既視感のある定番問題も多く、こちらさえしっかり得点できれば、初見問題は直感で答えても大丈夫だったと思います。

問題文中に「利回り30%の株式」が登場して吹き出しそうになりました。

試験雑感

満点取るのはものすごく難しいけど、合格自体はさほど大変ではないと感じました。

出題範囲自体は広くて深いものの、合格点が6割と低い試験です。
引っ掛け選択肢は少なく、ストレートに知識を問うてきます。
試験慣れしている方なら、あっさり合格できると思います。

公務員なら、社会保障や税、不動産関係(民法)あたりの知識が元から身についているので、普通の受験生よりも有利でしょう。
保険や資産運用はしっかり勉強しなければいけませんが、人生を考えるうえで絶対に役立つ知識なので、勉強しておいて損はありません。

ぜひとも受験をおすすめしたい資格なのですが、唯一のネックは受験制限があること。
公務員の場合、先にFP3級に合格しないと、2級には挑戦できません。
(通信講座でも受験資格を取得できるようですが、コスパが悪い) 

3級は単語を覚えればなんとかなるレベルでお手軽簡単なのですが、あまり実用性を感じませんでした。
お金に興味のある公務員は、ぜひ2級取得まで見据えてほしいなと思います

後日談

FP2級加工

地銀勤務の友人に「FP2級受かったぜ」と報告したところ、嘲笑されました

「民間感覚だと『肺呼吸できるようになりました!』と同レベルの報告」と。

「FP2級合格で喜んでるあたり、公務員の民間感覚の無さ、金融リテラシーの無さを体現している」と。

保険のおばちゃんお姉さんは、全員がFP2級の上位資格にあたるAFPくらいは当たり前。
地銀銀行員なら20代でさらに上位の1級取得も普通とのこと(できる人は中小企業診断士まで取るらしい) 

「FP2級」を公言すると前掲の画像みたいな扱いを受けてしまうらしいので、リアルでは黙っておきます……

このページのトップヘ