キモオタク地方公務員(県庁職員)のブログ

地方公務員の人生満足度アップを目指しています。地方公務員志望者向けの記事は、カテゴリ「公務員になるまで」にまとめています。

タグ:資格

2019年5月26日(日)、ファイナンシャルプランナー2級技能士試験(以下「FP2級」)を受けてきました。
本当は1月に受けるつもりだったのに、休日出勤が入ってしまい後ろ倒しすることに……
参考:ファイナンシャルプランナー2級試験に挑戦します

結果は無事合格。
学科は56/60、実技は89/100と、余裕をもって合格できました。

試験の仕組み

試験は学科試験と実技試験の二部構成です。
学科はマークシート、実技は記述式(論述ではなく短答)です。

学科試験

学科試験は6科目に分かれており、それぞれ10題ずつ、全60題です。
合格ボーダーは6割、36点です。


ライフプランニングと資金計画
年金と社会保険がメインです。
福祉系部署の公務員なら余裕でしょう。

試験対策の観点では、一番厄介な科目です。
複雑で理解しにくいうえ、細かい数字が大量に出てきます。
テキストに書かれていないことも度々出題されますし、得点源にはしにくいと思います。
 
リスク管理
生命保険や損害保険など、民間保険がメインです。
公務員実務とは無縁の科目で、しっかり勉強が必要です。
実生活で一番役立つ科目でしょう。

金融資産運用
債権や株式の運用がメインです。
こちらも公務員実務とは無縁の内容ですが、株を触っている人間であれば余裕でしょう。

タックスプランニング
所得税の計算方法がメインです。
税関係部署の公務員なら余裕でしょう。
細かい数字がたくさん出てきますが、覚えてしまえば得点源にできる科目です。 

不動産
不動産の権利関係、税制、関係規制法令が問われます。
権利関係は、公務員試験の民法を簡単にしたような内容です。
宅建士試験を浅くしたような内容です。
出題範囲の幅が狭く、問題演習を繰り返せば得点源にできます。 

相続・事業承継
贈与と相続について問われます。
公務員試験の民法に、実務的な数値問題が加わったような内容です。
科目名に「事業承継」と入っているものの、贈与の方がよく出題されます。

実技試験

全部で5種類ある中から、出願時に1種類選びます。
僕は「資産設計」を選びました。合格率が一番高かったので。
こちらも合格ラインは6割です。

資産設計
学科試験の知識を使い、資料読解や正誤判断、計算問題に答えます。
問題形式は毎回だいたい一緒なので、解き方のパターンを覚えればなんとかなります。


使用教材

きんざいが発行しているテキストと問題集を使いました。
ただ、日本語の表現がわかりづらい箇所があり、何度読んでも頭に入らないことがありました(老齢厚生年金のあたりとか)。 

試験会場にいた他の受験生を見ると、「みんなが欲しかった!」シリーズが圧倒的多数でした。
 


勉強方法

まずは、テキストを一読してから学科問題集を解きました。
一周したら、間違えた問題に再度チャレンジ。
たくさん間違えた分野は「苦手分野」に認定し、テキストを見ながらまとめノートを作成して頭に叩き込みます。
並行して、細かい数字を暗記していきます。

まとめノート作成が一巡したら、学科問題集を頭から解き直します。

出題範囲がとても広いので、まとめノート作成のような丁寧な勉強方法は、苦手分野だけに絞った方がいいと思います。
絶対に時間が足りません。

1ヶ月前くらいから実技問題集にも取り掛かります。
問題の解き方に慣れるのが目的です。
同時に、FP協会のホームページに載っている過去問にも挑戦します。
無料で使えるので、使わない手はありません。

総勉強時間は約70時間でした。
僕の場合、日頃から株を触っているおかげで「金融資産運用」は勉強無しで余裕、「不動産」は宅建のおかげで軽く勉強するだけで十分だったので、他の受験生よりも2科目分有利でした。
予備知識なしで勉強スタートする場合は、もっと時間がかかるかもしれません。

試験本番・結果

初めて見る単語や統計がちらほら出てきて焦りました。
一方で既視感のある定番問題も多く、こちらさえしっかり得点できれば、初見問題は直感で答えても大丈夫だったと思います。

問題文中に「利回り30%の株式」が登場して吹き出しそうになりました。

試験雑感

満点取るのはものすごく難しいけど、合格自体はさほど大変ではないと感じました。

出題範囲自体は広くて深いものの、合格点が6割と低い試験です。
引っ掛け選択肢は少なく、ストレートに知識を問うてきます。
試験慣れしている方なら、あっさり合格できると思います。

公務員なら、社会保障や税、不動産関係(民法)あたりの知識が元から身についているので、普通の受験生よりも有利でしょう。
保険や資産運用はしっかり勉強しなければいけませんが、人生を考えるうえで絶対に役立つ知識なので、勉強しておいて損はありません。

ぜひとも受験をおすすめしたい資格なのですが、唯一のネックは受験制限があること。
公務員の場合、先にFP3級に合格しないと、2級には挑戦できません。
(通信講座でも受験資格を取得できるようですが、コスパが悪い) 

3級は単語を覚えればなんとかなるレベルでお手軽簡単なのですが、あまり実用性を感じませんでした。
お金に興味のある公務員は、ぜひ2級取得まで見据えてほしいなと思います

後日談

FP2級加工

地銀勤務の友人に「FP2級受かったぜ」と報告したところ、嘲笑されました

「民間感覚だと『肺呼吸できるようになりました!』と同レベルの報告」と。

「FP2級合格で喜んでるあたり、公務員の民間感覚の無さ、金融リテラシーの無さを体現している」と。

保険のおばちゃんお姉さんは、全員がFP2級の上位資格にあたるAFPくらいは当たり前。
地銀銀行員なら20代でさらに上位の1級取得も普通とのこと(できる人は中小企業診断士まで取るらしい) 

「FP2級」を公言すると前掲の画像みたいな扱いを受けてしまうらしいので、リアルでは黙っておきます……

資格関係の記事はどれも安定してPV数が稼げるので需要があるものと思っています。
だから記事に困ったら、ついつい資格ネタを書いちゃうんですよね。
 
ただ、地方公務員が資格取得に励むのは、良し悪しあると思っています。

メリット1:不足しがちな知識を効率よく補える

役所と民間企業では、必要とされる知識が全く異なります。
そのため公務員は、普通の社会人なら知っている知識(会計とか)に疎くなりがちです。

こういう知識を補うための手段として、資格取得は有効です。
資格試験のテキストには標準的な知識がパッケージ化されており、効率よく学習できます。

メリット2:資格勉強という手段に優位性あり

資格取得は、知識を得る方法の一つです。
実験したり、フィールドワークしたり、調べ物したり……他にもいろいろな方法があります。

数ある知識入手方法の中でも、資格取得は地方公務員に向いています。
公務員試験を突破したという事実が、その証拠です。

公務員試験は、そこそこ難易度の高い資格勉強です。
資格試験が得意な人でないと、公務員試験を突破できません。

つまり、公務員と資格勉強は相性が良く、資格試験というフィールドでは一般的社会人よりも優位に立てるのです。

デメリット1:本業(地方公務員稼業)に寄与しない

資格を取ったところで、本業には役立つとは限りません。

地方公務員には定期人事異動があります。
業務に役立てようと資格を取ったとしても、異動した途端に活かせなくなります。

防災部局にいた頃、2年かけて気象予報士に合格した先輩がいました。
本人は防災分野に興味があり、気象予報士の資格取得も仕事に役立てるためだったのですが、合格から1年経たずに異動して、それからずっと税関係の仕事をしています。

気象予報士が活きたのは半年未満の短い期間だけでした。

頑張って難関資格を取得しても、こういうケースが多発します。
職員の個人スキルより、シークレットルールによる人事ローテーションのほうが優先なのです。

デメリット2:スーパー公務員にはなれない

「公務員は資格試験が得意」というメリットは、デメリットでもあります。
それなりの資格を取るだけなら、公務員なら誰でもできます。
資格を取るだけでは、ユニークな公務員、俗にいう「スーパー公務員」になれないのです。

僕の場合、FP2級(合格発表待ちだけど多分受かってる)と宅地建物取引士を保有しています。
これくらいなら全然珍しくなく、宴会のネタにすらなりません。

中小企業診断士や気象予報士、通訳案内士のような比較的難しい資格のホルダーも結構います。
TOEIC950点超えもゴロゴロいます。

公務員が自己ブランディングするには、とにかくニッチな要素を付加して唯一無二の存在と化す必要ありなんだろうなと日々思っています。
そのため、保有資格名でブランディングするのは、なかなか難しいでしょう。

資格で独自性を出すなら、税理士や公認会計士のようなガチ難関資格に挑むしかありません。
公務員試験に通過している時点で相当ペーパーテストが得意だと立証されているわけなので、難関資格でも諦めず努力すれば合格できるんじゃないかと思います。応援しています。 

次の祝日が恋しくてたまりません。

大型連休

人生逆張り仲間達と「10日間1万円以内で過ごす」という誓いを立ててしまったので、 大型連休の間はずっと引きこもっていました。

ブログの方は毎日更新してみました。
どの記事も夕方までに40PVはついていたので、少なくとも40人は本ブログを定期購読しているのかと推測しています。

連休中の記事で一番人気なのがこちら。
キモオタク地方公務員が観光部門から戦力外通告を食らった理由とは?
検索エンジンに好かれそうなキーワードが入っている訳でもないのに、なぜかPVを安定して稼いでいます。

10連休中ずっと低調だったPV数は、終盤の5日になって急に伸びました。
みなさん行楽疲れでネットに戻ってきたのでしょうか?

月別アクセス数の推移

このブログ、2019年3月は過去最高の28,000PVを記録したものの、4月・5月は18,000PV前後に戻ってしまいました。
4月から公務員として働き始める方のアクセスが集中したのでしょうか?

公務員試験受験生の方は試験月間が始まってブログ見ているどころではないでしょうし、多分8月頃まではPVが落ち込むのかなと思っています。

そんな中、OB訪問関係の記事だけはPVが伸びています。季節感がありますね。

参考:地方公務員にOB/OG訪問した際に絶対聞くべき必須質問とは?内部事情を掘り下げて聞いてほしい

参考:地方公務員にインタビュー(OB訪問)する際の注意点とは?


FP2級試験の結果

5月26日(日)、ファイナンシャルプランナー2級試験を受験してきました。
自己採点では合格ラインを超えています。 やったぜ。

本当に合格していたら、勉強法や試験体験記を記事にしたいと思っています。
最近資格ネタが不足していたのでちょうど良いです。

FP2級チャレンジを通して、働けない人への保護がいかに手厚いかを理解しました。
今の僕くらいの生活水準だったら、働かなくとも障害厚生年金だけで賄えるのではと思えるくらい。

来年1月のファイナンシャルプランナー2級試験を受けることにしました。
3級以来、5年ぶりの受験です。

受験しようと思った理由

ライフプランの見直し

今年からつみたてNISAを開始して、月々のキャッシュフローが様変わりしました。
そこでお金の配分を再考していたところ、保険分野について自分があまりに無知であることに気がつきました。

今後もし結婚したり新居を構えたり子供が生まれたとしたら、生命保険を見直したり、火災保険に入ったり、教育資金を考えたり……いろいろと新たに保険商品を調べることになるでしょう。

そのときに変なものを契約させられないよう、今のうちに基礎知識を身につけておこうと思い立ちました。
今のところ全く予定は無いので、杞憂に終わるかもしれませんが……

両親の定年退職を控えて

両親の定年退職まで5年を切った頃から、退職金運用関係のダイレクトメールが急増しています。
「とりあえず個人向け国債はどう?」というライトなものから、年率10%を約束する怪しいファンドのご案内まで、幅広く届いています。
ネットワークビジネスとしか思えないセミナーのご案内も時々届きます。

退職金の使い道はもちろん両親の自由なので、僕が口を挟むつもりはありません。
ただ、明らかに悪意のあるお誘いが多すぎて、どうしても不安になってしまいます。
実際、金融機関の言うがままにした結果、溶けてしまった事例を度々聞いていますし。

参考:【実話】地方公務員の退職金は狙われている?銀行に言われるまま運用した結果の悲劇……

とにかく、金融機関の方に勧められるまま即決するのだけは止めてほしいと思っています。
資格を取っておけば、両親も少しは僕を信用してくれて、即決せずに一旦家に持ち帰り、僕に見せてくれるのではないかと期待しています。

公務員なのに税金のことを全く知らない

最後は実益というよりも見栄の問題です。

僕は税金のことを全く知りません

公務員とはいえ、これまで税金に関係する部署とは一切無縁だったので、世間一般よりも無知です。

このままでは流石にまずい気がするので、ファイナンシャルプランナーの勉強を通して、補強してみます。


勉強のスケジュール


試験まで丸々3ヶ月あるので、網羅性に定評のあるきんざいのテキストでじっくり勉強しようと思います。
軽く通読してボリュームを確認してから、問題演習中心で勉強していく予定です。
 
'18~'19年版 最短合格 2級FP技能士
きんざいファイナンシャル・プランナーズ・センター
きんざい
2018-06-04


'18~'19年版 2級FP技能士(学科)精選問題解説集
きんざいファイナンシャル・プランナーズ・センター
きんざい
2018-07-09



さらっと見たところ、「金融資産運用」「不動産」はなんとかなりそうです。
ただやはり、タックスプランニングは全然わかりません。

試験まで期間があるようで、予算業務と丸かぶりなので、勉強時間が確保できるかどうかは怪しいです。
こつこつ勉強していこうと思います。 

そろそろ現在の業務にも慣れてきて、自己啓発欲が湧いてくる頃合いかと思います。
秋になると予算要求が始まって慌ただしくなるので、自己啓発に励むのであれば夏場が一番だと思います。

自己啓発の最たるものが、資格試験です。
資格試験全般については、過去記事もご覧ください。

今回は、ちょうど今年度の試験申込がスタートするということで、僕一押しの宅建(宅地建物取引士)について、経験談ベースで書いていきたいと思います。

地方公務員に宅建を勧める理由

宅建をオススメする理由は2つ。
受かりやすく、実務にも役立つからです。


地方公務員にとって宅建は取りやすい

宅建試験の問題は、大きく以下4つに分かれます。
①民法
②宅建業法
③その他関連法令
④税制

このうち、何らかの規制法令を所管し、日頃から許認可業務をやっている方であれば、②宅建業法と③その他関連法令は、ものすごく馴染みやすいです。

宅建の参考書によると、まずは②③を固めるのがセオリーとのこと。
地方公務員の場合、セオリーの前半部分がすでに出来上がっているも同然。
強くてニューゲーム状態とまでは言えないものの、かなり有利です。

宅建は実務に役立つ

資格自体は意味ありませんが、宅建試験を通して得られる都市計画法や建築基準法の知識は、幅広い部署で役立ちます。

加えて、宅建業法の仕組みを知っておくと、制度をメイキングするときに役立つと思います。

宅建業法は、宅地の取引という国民生活に大きく影響する重要な事柄が秩序をもって行われるよう、規制をかける法律です。
宅建業法の主な規定
・宅地の取引を行うためには、県又は国の許可を貰う必要があります。
・許可を貰うには、有資格者を責任者として配置する必要あり
・業務のうち、有資格者しかやってはいけない仕事がある
・破ったら罰則

規制法令によくあるパターンです。宅地建物取引界隈は、業者数が多いためか、ほかの規制法令と比べても詳細までルール化されています。
もし、自治体独自の許認可制度を作るとしたら、宅建業法を参考にすれば、そこそこのものが簡単に出来上がるでしょう。


受験記録

ここからは僕の受験記録です。

使用教材

 




宅建試験は受験層が幅広いようで、「初学者向け」を謳う解説書は、完全な法令初学者向けのものです。
地方公務員だと丁寧すぎて冗長に感じると思われるので、最初から硬めの参考書を使えばよいでしょう。


勉強法


参考書を読んで、問題演習。これを繰り返します。
基本書に載っていないことがあったら、付箋にメモして基本テキストに貼り付けます。
宅建業法と法令上の制限は、これだけでほぼ満点を取れるはずです。

宅建業法も「法令上の制限」の中で問われる各法令も、「行政法」の個別法にジャンル分けされる分野です。
民法と異なり、これら法令には「学説」がほとんどありません。
そのため、問題の幅に限界があり、過去問と似た問題が出題されがちで、問題集の周回が効きます。
 

一方、民法は難しいです。
細かい例外規定も問われるので、まともに得点源にしようとすると、宅建向けの教材では不足するでしょう。
宅建勉強法サイトを見ると、「民法は司法書士試験用の問題集を使って周りの受験生と差をつけよう!」みたいな指南もあるほどです。

民法の勉強に労力を割けるならば是非みっちり勉強すればよいと思いますが、宅建に合格するだけならコストパフォーマンスは悪く、まずは宅建業法と法令上の制限に重きを置くほうが無難だと思います。
 

受験結果

勉強期間2ヶ月半(総勉強時間:約100時間)で、39点で合格できました。
自己採点によると、民法は半分しか正解できていませんでしたが、「宅建業法」と「法令上の制限」でしっかり得点できていたおかげで、合格ラインに届いてくれました。


実際、役立ってる?

合格から数年経っていますが、今の所資格が活きた場面はありません。
ただ、宅建試験対策の中で勉強した都市計画法と建築基準法の知識は、ものすごく役立っています。

細かい数字はもうすっかり忘れてしまいましたが、「用途地域」や「建ぺい率」といった概念をぼんやり覚えているだけでも十分役立ちます。
細かい部分は、必要な時に調べ直せばいいだけです。

興味を持たれた方は、まずは書店で参考書を立ち読みしてみてください。
「いけるかな?」と思えたら、実際いけます。

このページのトップヘ